英語劇ミュージカル・ESL Theatre Project

School


スクール理念

2005年の創立以来。目指して来たのはただ一つ。

舞台経験を通して得る、豊かなに生きる力

それは。

1:鋭い感性は、感動する力を生み、そして感謝の気持ちへとつながる
→社会貢献ができる人材の育成


2:豊かな想像力を持つことで、人生の問題解決ができる
→困難を乗り越える力をつける


3:わくわく感を持つことで、大きな夢が見つかる
→生きる目的・志


また、英語劇を通し、グローバルに羽ばたける人材の育成を行っています。

厳しく真剣に、本気で取り組むからこそ得られる、華やかでキラキラなステージ体験。
一緒にスポットライトを浴びて、最高の人生を歩みましょう!

演劇レッスン
~ロボット時代に必要な、芸術性を高める
ロボットAI時代、人間に問われるのは芸術的感性。逆に言えば、単純作業や機械的業務はロボットに奪われます。

暗記して、答えに正解したら「よくできました!」の世界は終わり。鋭い感性で自ら問題を発見し、豊かな想像力で答えを紐解く、芸術性が必要になります。

芸術性が高い、こども時代から始める演技レッスンは、これからのAI時代にぴったりな学習方法です。

舞台経験
~本氣で今を生き抜く力
Show MUST Go on…
一度舞台の幕が上がれば、セリフを忘れようが、問題が起ころうが、続けなければならないのが舞台。舞台経験では、最後までやり抜く力が培われます。

更に、舞台稽古は正直厳しいですが、仲間と一緒に本氣で励み、舞台の幕が下りれば、普段の生活では味わえない、喜びと満足感が得られます。

舞台での成功体験は、自己肯定感に繋がり、それはやがて困難に直面した時、壁を超えるための大きな力となります。

日本を伝える英語劇
~世界で使えるコミュニケーション力
オリンピック、そして外国人の増加に伴い、英語はもはや話せて当たり前。この先求められる力は、英語で日本を表現できる人材。

2018年よりESL Theatre Projectでは、能・狂言・歌舞伎などの芸術エレメンツとコンテンツを利用し、日本文化や歴史や伝統芸能を英語劇で学びます。

日本人としての誇りを持ち、それを日本語・英語両方で表現することで、世界で活躍できるグローバルな人材育成を行っています。

レッスン内容はこちらへ。