英語劇ミュージカル・ESL Theatre Project

Project


演じてみた・シアタープロジェクト」の概要

舞台・演劇・芝居・歌ダンス、特にその他いろいろに興味がある高校生だけで、15分程度の短い芝居を作って舞台で「演じてみよう」プロジェクト。舞台を一緒に作り上げる「劇団員・演劇部活みたいな」プロジェクトメンバーを、プロジェクト毎に募集しています。経験不問。やる気と情熱チャレンジ精神大歓迎。

・高校に演劇部がない。あるけどなんか入りづらい。

・舞台に立ちたい。舞台裏方としてサポートしたい、舞台が好き。やってみたい!

・好きな事、得意分野にチャレンジしたい試したい!

舞台づくりは、役者だけじゃないっ!
誰もが主役になれる舞台に出演・参加したい、高校生募集中。

 こんな人材募集中

・芝居・ダンス・歌が好き→舞台出演
・なんでも写真や動画に撮影する、編集や加工が好き→映像担当
・音楽ずっと聞いている・remixとかもする、作曲も興味あるかも→音響担当
・授業中はずっと絵を描いている→デザイン担当
・自分で洋服リメイクしたり、色々作るの好き→衣装・小道具担当
・メイクやヘアアレンジには自信がある→ヘアメイク担当
・とにかくSNSネット投稿大好きでやめられない→メディア担当
・国語力には自信があります、文章書くの得意→戯曲・広報PR担当
・お金の計算、スケジュール管理・とにかく何か管理するのが好き→会計・マネージメント担当
・仕切るの好き!→演出や舞台監督
・アイディアたくさん思い付く、妄想好き→演出担当
など。出演する以外にもたくさんのやりがいがあります。

プロジェクトの進め方

ユースシアター演出家の貞苅玲が作った設計図をベースに。プロジェクト毎に選ばれたリーダーを中心に、裏方含むメンバー全員が得意分野を生かし、アイディアを出し合いデザインして、舞台という名前の建築物を高校生だけで自由に作りあげるプロジェクト。

・結果よりも、とにかく楽しむこと
・自分の好きな分野と得意分野を生かして、チャレンジすること試すこと
・役者&裏方関係なく、チームで協力して、苦手分野は補う事

基本的には、毎年8月~翌年1月の期間で1芝居→舞台公演。毎年2月から7月の期間で1芝居→スタジオ公演。合計年に2本の芝居を作るスケジュールです。

本格的なリハーサル期間は、3か月から5か月。その他の期間は、メンバーで内容の検討、アイディア出し、舞台イメージの構築、ダンスや芝居の基礎練習などをおこないます。


プロジェクトNo.1の舞台・詳細

*最終目標→2018年1月28日(日)午後13時開演。相模原南市民ホール(400席)
での舞台公演(”Let’s Go on with the SHOW! vol.12”一環としての公演になります)

*題材モチーフNightシリーズ(ひとしずく×やま△)
演目に含まれるもの→芝居・ダンス・歌・ムーブメント
*稽古日時→9月より基本的に金曜日の18:00~1時間程度
芝居の進行状況により、リハーサル日程は変動。自分たちで決めます。
スタジオ利用限度は週に1~2時間→それ以上は要相談
*裏方参加→月1のミーティングのみ参加も可能。ただし、ネットにて交流・活動。
*プロジェクト維持費として→毎月1,000円/ひとり
*場所→サガミハウス・スタジオ(相模大野・オダサガエリア)
*参加条件→1月の舞台まで、降板しない方。前日リハ1月27日(土)17:00に参加できる方
*舞台参加費→一人10,000円・チケットノルマなし。
既存のESL Theatre projectメンバーで当日ESL舞台出演する方は参加費無料。
卒業生は5,000円(ただし、舞台当日&前日、英語劇での舞台&客席手伝いをすること)
*保護者の承諾が得られる方

追記:プロジェクトNo.1の幕が降り次第、一度解散。改めて、No.2のプロジェクトメンバーを集め、次の芝居へと向かいます。まずは、メールでご連絡ください。

主催:英語劇ミュージカルESL Theatre Project 代表・貞苅玲
連絡先:info@esltheatreproject.com