とある日の小学生稽古→姿勢を良くする。

演劇寺子屋ESL Theatre Projectの代表で講師で演出家の杵屋勝之玲です。

和劇の稽古では、姿勢や礼儀作法を大切にしています。
ただいま絶賛稽古中です。

最近の子供たち、姿勢が悪いのが目立ちます。

学校の勉強でず〜っと座り、昔と違ってカラダを動かす機会も少なくなった今、それは姿勢悪くなるのは当たり前なのですが、それでは将来損をしてしまいます。

そして。

お家や学校にて
「姿勢を良くしなさい」
といわれても、なかなか難しいのが現状。

更に。

「どーして姿勢を良くしなきゃいけないの???」
「何でなんで?」
との質問に答えられない大人も沢山いるのではないでしょうか。

こんな風に、子どもたち視点からすれば、姿勢を良くする意味が良くわかっていない場合もあります。

そんな時に役に立つのが。

演技の稽古。

例えば分かりやすい例で言えば。

貴族やかっこいい武将、お殿様みたいに歩いて、
というとみんな姿勢をピシッとして歩きます。

次に、夜中、忍び寄る泥棒や大悪党になって歩いて、
というとみんな姿勢を丸めて歩き出します。

基本的なイメージは、ヒーローは姿勢良く、悪は姿勢が悪い。
これは、人間社会でも同じですね。

姿勢を得しただけで、自信ありそうで、楽しそうで、生き生きして素敵な人に見えますよね。

逆に。

姿勢が悪いだけで、本人はそうは思っていなくても、なんか暗そう。。元気がなさそうに見えますよね。

そんなイメージを使って、芝居の稽古をしながら、
素敵な姿勢を訓練しています。

人生、姿勢が良い方が豊かで幸せになれるのですから!!!

写真は、お殿様に西洋より参りし菓子を献上するシーン。

お殿様の前だったら。
何か特別なものを献上する場合だったら。
自分が貴族の子供だったら。

と、演技を入れることにより、自然に姿勢はぐっと良くなります。

また、衣装で着ている浴衣効果も抜群です。
帯があるので、姿勢を良くする感覚がわかりやすい。

姿勢が悪いと
集中力が低下したり。
カラダに負担がかかったり。
良いことはありません。

子供たちは健康に為、と言われてもピンとこないものですが、
演技を入れた練習で、美しい姿勢へと導いてあげられたら!

と。

話劇の稽古に取り組んでいます!

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project 

<小学生クラス>
毎週水曜日 18:00-19:30 
(金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋)

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。

詳しくはホームページにて

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

平成最後の稽古❣️

      ESL Theatre Projectメンバーより。ありがとう平成❣️ 和劇「茨木童子」は令和2年1月25日 18:00より相模原南市民ホールにて上演。 観に来てね❣️新しいキャストメンバーも募集してまーす! ❤️平成最後の稽古にて ?動画バージョンはこちらキャストメンバー募集中❣️ 演劇寺子屋 ESL Theatre Projectでは。令和2年(2020年)の15周年記念舞台公演に向けて8月までキャストメンバー募集しています。 ✨和文化や礼儀作法を楽しく芝居で学びたい ✨着物?好き、着たい ✨芝居やダンス好き❣️舞台に立ちたい 初心者大歓迎。ご連絡、お待ちしてまーす。 小学生から大人まで、募集してます(幼稚園生は要相談)

新時代が始まる「令和」

 

 

 

 

 

皆さま、新元号、決まりましたね。

令和

私、勝之玲 (貞苅玲)のれいの字が入っていて、それはそれは驚きました。

「人々が美しく、心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味」と安倍首相

さらに、万葉集からの出展。

さらに、さらに。

悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく

厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい

と、続きました。

まさに。ESL Theatre Projectが目指す価値観と同じ。感動しました。

令和の時代。

点数だけの競争ではなく、芝居に関かわる全ての人が想像力を寄せ集め互いに協力し。良い和劇の作品を作る。

平安時代の酒呑童子ものの話をベースにした和劇 芝居稽古を通し、美しき日本文化を知る、感じる、身につける。

舞台経験を通して自己肯定感を上げ、夢に繋げる。

ESL Theatre Projectを通してやりたい事を後押ししているみたいで、嬉しい会見でした。

敗戦の傷跡を昭和や平成にしまい込み、ようやく日本が自国文化に誇りを持てる時代の到来。

令和の時代。

安倍総理もおっしゃっていましたが、日本には素晴らしい伝統や文化歴史、美しさがあります。

若い世代にはその美しき日本の美意識や哲学を、もっともっと学んでもらいたい。

と。

、代表の勝之玲 (貞苅玲) 元号発表後に伊勢神宮参拝し、決意のほどを話してきました。

長唄に着付け、更なる伝統芸能への探求、頑張ります。

伊勢神宮 内宮の鳥居。

3月より、令和2年(2020年)の芝居「茨木童子」に向けて稽古スタートしています。

来年は難しいコメディにも挑戦しようと、狂言や長唄歌舞伎題材のネタを使い稽古。

笑いが絶えません。

安倍晴明や渡辺綱、姫役ダンサーも募集していますので、是非みなさま、ご連絡下さいませ。

令和の時代に。

和劇で楽しく、日本文化や伝統を学びましょう。

令和2(2020) 舞台キャスト募集

 

面接オーディション対策・基礎講座始めます!

面接オーディション対策・「基礎」講座

春が近づいてまいりました、代表の杵屋勝之玲(貞苅玲)です。春といえば新生活のスタート!

新しい学校や職場での新生活を始められる方も多いと思いますが、それを勝ち取るために通過するのが「面接」

創立当初よりリクエストが多く、ESL Theatre Projectではお馴染みの面接講座。これからどんどん面接重視の社会へと突入していく時代。

そんな時代に、皆さまのお役に立てればと面接対策の公開講座を定期的に開催することにしました。

過去には。

有名大学に入学したのにもかかわらず、コンビニバイトの面接すら受からない。。。なぜ?

や。

受験間際になってAO入試に転向。さて、勉強は得意だが、面接は苦手。思うように話せない。どうする?

など。

ESL Theatre Projectでは多種多様な学生さんの面接指導をしてきました。

私自身も、小学生時代の児童劇団のオーディションや対策の為の稽古に始まり、アメリカでの舞台やハリウッド映画のオーディション、帰国後の仕事面接やオーディション。

小さい頃からオーディションや面接は、日常の一部になるくらい頻繁に出くわすイベントでした。

若い頃はオーディション対策セミナーも散々受講。舞台用、映画用、コマーシャル用など、仕事内容によって違うテクニックも身につけてきました。

更に。

変わった話ではありますが。俳優としてのスキルを買われて、企業の面接官育成講座の受験者役というお仕事をしたこともあります。

詳しいことは言えませんが、受験者にありそうな状況を演じて、面接官の採用スキルを高める、というお仕事。日に何役もの設定で受験者を演じました。

演出を担当するようになってからは、自分がオーディションをする側に立ち、面接やオーディションの謎も色々解明できました。

芸能関係のオーディションであれ就活であれ、面接は怖いものではありません。

話を冒頭部分に戻しますが。コンビニバイトにすら受からない有名大学の学生さんは、「前髪を切っただけ」で面白いようにバイト面接に次々に合格。

面接苦手でも、自分を作らず、大学入学への思いを心から語ったAO面接は、見事合格。

面接官も人間です。ありのままの自分を出し、お互いの条件がマッチしたら合格です。

しかし。。。

日に何十人、時には何百人も面接する面接官。正直疲れますよね。受験する側もテクニックを知っていないと、ちゃんと見てくれない場合も。

そんな時のために、講座では、面接の基礎テクニックを教えます。

ありのままの自分って何だろう?実際に他人からはどう見られている?癖は?(自分では気づかないが、下を向く癖があったり)スマイルは出来ている?

などなど。

毎月講座を開催して、面接に困っている方々のお力になれたらと思います。

面接やオーディションは、自分のやりたい事や夢を聞いてくれる楽しい場所。

高校受験、大学入試、就活や再就職の面接、オーディションなど。面接の苦手意識を取り除いて、新しい道を開く為のお手伝いができたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

とある日の稽古風景~寺子屋編

ESL Theatre Projectでは、毎週水曜日の稽古以外に、金曜日夜に「寺子屋時間」を設けています。

芝居稽古を通して、人生を豊かに生きる為の基盤を作って欲しい。この願いを叶えるにも、稽古生さんと向き合っての、個人的なトークは必要不可欠。そんな思いから生まれたのが、寺子屋時間です。

寺子屋時間では。

✨小学生の場合

稽古のサプリメントとして、足りない解らないしっくり来ない部分を補う。

礼儀や姿勢、挨拶やしつけなど、生きるベースを教える時間。

沢山の幼稚園生や小学生見ていますが、学校機関以外での挨拶が出来ない子どもは多い。

勉強の前に、まずはきちんとした挨拶から。ちなみに稽古では、座礼をしています。

また。

「どうして姿勢が良くなきゃいけないの?」「大きな声での“はい”は何で大切なの?」など、生活の基本は教える事が難しい。子育ての基盤作りのお手伝い。

簡単な生活の基盤こそ、子どもたちの未来につながります。

また、保護者の方の相談も大歓迎です。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうの大切さを教える、ありがとうアート。次は、何回ありがとうと言われるか、競争。

✨中高生の場合

学校や親には言えない悩みも沢山な中高生には、ひたすら話を聞いてあげます。そして、スッキリした時点で、質問をたくさん投げかけます。

将来どうなりたいか。何がしたいのか。悩む理由は?

人間、大抵の答えは自分の中に既にあります。聞いてもらい確信したいのです。

昔は話を聞いてくれた人が沢山いました。近所のおばちゃんなんて最高。いつのまにやら、代表である私、杵屋勝之玲がおばちゃん役に。笑。

 

 

 

 

 

 

 

相談ついでに、着付けのお手伝いしながら自分も。初回でまだまだぐちゃぐちゃですが、着付け稽古しながら、世間話も沢山話せて。

そんな、たわいもない話が、将来生きてくるのです。

✨大人の場合

夢に向かっての実験時間として自由にスタジオを使っています。

スタジオで気兼ねなく大声出しながら演技稽古したり。

ダンス練習したり。ダンスをhaz先生から習ったり。

haz先生は、ACVOG というオリジナルダンスを踊るダンサー。更に、ESL Theatre Project創立から15年通う古株。私のアシスタントであり、若手講師でもあります。

その他、オーディション対策として。メイク講座や宣材写真の取られ方講座、擬似オーディション体験も。

 

 

 

 

 

 

 

この日は保護者の方への着付け教室。稽古生は衣装の着物の着付けはマストです。

 

 

 

 

 

 

 

更に。ファッションショーのウォーキング練習もしていました。何事も、行動する、まずはやってみるから始めると。

世界が開けてきます。

稽古の復習の場として。興味がある分野を自分で学ぶ場として。話も聞いてくれる安心な場として。そんな居場所作りとして、金曜日に寺子屋時間を設けています。

2019年3月6日 | カテゴリー : 稽古日誌 | 投稿者 : Lei

とある日の稽古風景〜大人編

演劇寺子屋 ESL Theatre Projectでは、

・プロの俳優やパフォーマーを目指す方へ

・舞台の経験を積みたい方へ

・今からでも遅くない、舞台で輝きたい大人やシニアの方へ

演技指導と舞台経験、オーディション対策、そして成功に必要なメンタルトレーニングを行っています。

ちなみに。写真は沖縄のてだこホール。舞台からの眺めが煌びやかで素敵で、私、杵屋勝之玲(貞苅玲)のお気に入りの劇場です。

稽古内容は、年に一度の舞台公演の稽古を軸に、アメリカ大学演劇学科の一般的な演技クラスのカリキュラムをベースに、発声練習や演技の基礎、即興劇や演技テクニックを指導しています。

夢を叶える為には演劇の訓練も大切ですが、本当に大切な事は。

考え方です。

俳優やパフォーマー、それ以外でも成功する人には秘密があります。

努力や外見、才能はもちろん必要ですが、それを超越した一番大切な事は。

「覚悟を決めて。人を喜ばせる為に。とことん楽しむ事ができる事。」

ざっくり言えばそれが成功の秘訣。俳優以外の職業でも全く同じことが言えますね。

いくら容姿端麗で才能が豊富でも、何かのきっかけで仕事もなくなり辞めてしまう人もたくさんいます。本当に勿体無い俳優さんやパフォーマーの方々を、たくさん見てきました。

逆に。才能も容姿もそれほどないのに、なぜか驚くような大活躍をしている方々もたくさん見てきました。

違いは、上記の通り。メンタルや考え方の違いです。欲しいものを手に入れる事ができる人と、できない人。成功する人としない人。二通りいますが、考え方一つで欲しいものを手にいれる事は簡単です。

もちろん努力は必要ですが、日頃の思考や行動パターンを変えるだけで、ぐっと夢に近づく事ができます。

稽古では、演技に加えてメンタルトレーニングも指導しています。

私が在籍していたピッツバーグ大学の演劇学科では、1990年代からこのメンタルトレーニングを俳優訓練の一環として学生たちに教えていました。

2019年の今では、引き寄せの法則やポジティブ思考などといって、すっかりお馴染みですね。

この20年で演技やダンスを学ぶ事ができるスクールや大学、専門学校は、日本にもたくさん増えましたが。なかなかこの「肝」になるメンタル指導までしてくれる場所は少ないかと思い、稽古の一環として導入しています。

脳科学でも心理学でも成功するための色々な方法がありますが、ESL Theatre Projectでは芝居や舞台経験の力を借ります。

「違う誰か」という役になりきって演技をする事で、自分を客観的に見る事が出来るようになる。そうすると、自分のことがよりよく理解できる、成長できる。という流れ。

その為、演技を使ったメンタルトレーニングは成功したいビジネスマンの間でも流行っているそうです。

また、個人の思考パターンや行動力により教授法も変わってくるので、個人稽古をしています。一人一人じっくりと向き合って、自分は自分とじっくり向き合って。そうする事で、夢に一歩一歩近づけてゆきます。

こちらの写真は、毎年舞台公演を行っている相模原南市民ホール。 舞台に立ちたいと強く願う俳優志望の方は、こんな舞台からの眺めを見ているだけで、一歩夢に近づく事ができます。

ピッツバーグ大学の演技クラスの課題で「舞台に立っている自分を想像する」というものがありました。

毎日大学の劇場に行き舞台に立ち、観客でいっぱいになった座席を想像し、最高の演技をしている自分を想像する。というもの。

当時、大学の劇場は勝手に入れたので、毎日劇場で瞑想しました。

おかげさまで私も沢山の舞台に立ち、今でもそれを続ける事ができています。

さらに。俳優目指す方のセルフ・プロモーションの方法や、オーディション対策なども行っています。

詳しくは、面接対策講座をご覧ください。 
http://esltheatreproject.com/archives/news/auditionseminar

一度事務所に入ってしまえば、売り出し方も会社が勝手に決めてくれます。しかし、事務所に入る前には、どう自分を売り込むかは自分で決めなくてはいけません。

また、事務所は選択肢になく、youtuberやフリーランスなど個人で活動したい方はセルフ・プロモーションが必要になります。

要するに、自分の見せ方ですね。

就職活動の面接などにも利用できます。自分をどう魅力的に見せるか。

写真は。違う自分に出会うメイクと撮影講座より。 普段はしないようなメイクやファッションを実験的に試し、潜在能力を引き出すことで、新しい自分を発見。そんな講座も随時行っています。

最後に。

 どんな職業であれ、成功するには努力やスキルやある程度の才能は必要。

でも、成功の秘訣はそれだけではありません。

覚悟を決めて考え方をポジティブに、人のため世のため、自分がとことん楽しんで生きる事。それが大切。

試しに。
「私の人生は最高だあ!!!」と毎朝起きてから3回叫んでください。 それだけで、その日一日、楽しい事が舞い降りてきますよ。

私なんて〜と背中を曲げてしょんぼりしていても何も変わりません。胸を張って上を向いて、夢に向かってポジティブに行動する事で、夢は着実にかなってきます。

どんな夢でも。

芝居や舞台の稽古を通して、一人一人じっくり指導していますので、夢を諦めずに。一緒に夢を叶えてゆきましょうね!

お待ちしています。

とある日の稽古風景〜小中高生編

2020年舞台に向けて稽古スタート!
演目は「茨木童子」→新キャストも募集開始いたしました。
詳しくはニュースをご覧ください。

<とある1日の稽古風景>

2〜3月は舞台に向けての基礎体力作り。衣装の着物を着る前に、美しい所作を行うための筋肉、大きな声を出すためのインナーマッスル、そして本番で100%の実力が出せるように、演技練習を通してメンタルも鍛えてゆきます。

1:最初は和エクササイズでウォームアップ

和の所作に必要なカラダを鍛えてゆきます。舞台公演は体育会系。特に衣装の着物を着ての演技やダンスには体力も必要。

ということで。

和の所作に必要なエクササイズを通して、姿勢や発声に必要なインナーマッスルを育ててゆきます。

正しい姿勢は人生の基盤。

簡単なことですが、現代を生きる若者に一番必要なスキル。姿勢の悪さは学力低下や病気にも繋がります。何はともあれ、まずは姿勢!

しゃんと背筋を伸ばして、カッコ良く美しく動けるように10個のエクササイズを毎回こなしてゆきます。

稽古生には良く話すのですが、メディアで見かける成功者は皆さん姿勢が良い!人生成功したければ、まずは姿勢。逆に、姿勢が悪い人の代名詞といえば?泥棒さんです。いわゆる悪役。笑。

子どもたちには、この説明はわかりやすいです。姿勢が良くなれば、メンタルも前向きに上向きに、よし、頑張ろうと常に自信を持って向上して行けるようになっています。

姿勢が悪いと。あ〜だめだ〜私なんて、無理〜〜〜と下へ下へ向いてしまうと。。。状況によってはいじめの対象になったりします。人は弱いものを攻撃してしまう悪い癖がありますからね。逆に、姿勢が良く上向きの人を攻撃しようとするのは、本当に難しい。

姿勢は大切です。

追記〜和の所作は偉大なり!
たった30秒の正座で全身の血行がよくなるそうです。
姿勢も良くなり、一石二鳥。

姿勢良く!って言ってもなかなか難しいのが現実。だから、和エクササイズを利用して、ゲーム感覚で楽しく姿勢矯正を行っています。

2:発声練習と呼吸法

成功している人は、みんな声が大きい!俳優を目指していなくても、大きな声が出ると社会で得する部分も大きいです。

また、副交感神経を刺激する腹式呼吸を発声練習を通して学べば、呼吸でリラックスも可能。試験の時、試合の前、オーディションなど大切なイベントの際にも、実力発揮ができるようになります。

発声練習で使っているのは「外郎売」歌舞伎の演目ですが、早口言葉にもなり、楽しく国語のお勉強もできてしまう鉄板の教材。

更に。一発芸をやってください!なんて無茶振りされても外郎売を少しだけサラサラと言えるだけで、おお〜と驚かれます。留学を希望している方にもオススメです。

姿勢と同様。大きな声は自信にもつながる力。大きな声で「はいっ!」と言える人は、頼まれごともどんどん増えて、社会でも向上してゆけます。

逆に声が小さいと。。。なんか頼りないですよね。。。声もとても大切なスキルの一つです。

3:演技の基礎練習

即興や台本を使って、実際に演技をしてゆきます。

写真は、源頼光さまにギフトを渡すこども貴族。演技を通して美しい所作も身に付きます。更に自分が貴族ではなくても、ごっこ遊びの延長の演技を通して、あたかも自分が貴族になった気分がします。

こうなればもう、怖いものはありません。自分は何にでもなれるという潜在意識が植え込まれると、実際の生活の中でも生きる強さが出て来ます。

本当は自信がなくても、自分のキャラと違う役を演じることで、「私は貴族だから、強く美しく高貴に振る舞うことが出来る」と振る舞っていれば、それが本当になって来ます。

姿勢の箇所でもお伝えしましたが、胸を張って姿勢良く上むきの姿勢を作ったら、ポジティブで明るく前向きな性格やココロも自分の中で作るもの。初めは演技でも、自信が付いてくると本当に自分の心を変えることが出来るのも、演技の特徴です。

逆もあります。いつもは自信たっぷりな人でも、ちょっと弱いキャラを演じることで人の痛みが理解できるように。

演技は人の気持ちを理解する力を教えてくれます。

即興劇パートでは、どんな状況でもすぐに判断して動けるように脳トレ。自分の力で考える力も身につきます。

更に。舞台はチームワーク。集団の中で自分の個性を発揮しながら、他を思いやるココロも身について来ます。

オーディションでも就職試験でも、人のために楽しく働くことができる人材を探しています。演技訓練を通して、人生の基盤になるスキルを指導しています。

最後に。座学。
平安時代のお芝居を通して、歴史や文学のお勉強もしています。まさに、最近流行っているアクティブラーニングです。3次元的な学習方法です。

本から学ぶよりも実際に経験した方が、学びは大きいですよね。例えば。平安京について学ぶ時。実際に京都へ観光しに行き、碁盤の目状の町を歩けば「なるほどココに帝が住んでいたのか」など体感する事ができます。

演技も同じ。実際に自分たちが平安京に住んでいる人々に成り切ってみれば、平安時代の貴族が何を食べていたのか、どんな言葉を話していたのか、毎日の生活は?など興味が持てます。

興味を持ったら勉強は簡単。子供達は勝手に学んで行きます。歴史がどんどん楽しくなります。

こんな感じで。プロを目指す子もそうでない子も、演技稽古を通して人生の基盤となる必要なスキルを学んでいます。

ESL Theatre Projectのとある日の稽古風景でした。

4月と9月の年に2回、稽古生募集しています。一緒に学びたい方、是非ご連絡くださいませ。

杵屋勝之玲(貞苅玲)


芝居で学ぶ日本文化 No.5 伝統芸能・日舞と長唄

能楽や歌舞伎ベースの芝居稽古を通して、日本文化や歴史、一生使える教養が身につくESL Theatre Project和劇の紹介シリーズ。

前回の能楽と歌舞伎に引き続き、今回は日舞と長唄。

はじめに。ESL Theatre Project代表の貞苅玲(杵屋勝之玲)の紹介を少し。

ミュージカル俳優を目指してアメリカ大学に演劇留学をした若かりし頃。日本伝統芸能も知らずにミュージカルの勉強なんて100年早いと、周りの俳優目指す学生さん方に言われたことをきっかけに。

アメリカの大学と大学院にて、日本伝統芸能を学んだ私。ミュージカルより凄いと、そのまま、ハマりにハマってしまい。

大学院授業の為、日本から来日された伝統芸能師のお師匠さん方に能楽や狂言、歌舞伎に日舞を学び、舞台経験を経て、現在に至ります。

更に。

大学院卒業直前の2004年、長唄の杵屋勝之弥師匠とアメリカでの舞踊公演で出会い。稽古を開始。2018年には杵屋勝之玲という名前も頂きました。

↑師匠と一緒に。

杵屋勝之弥師匠は、国立劇場や大阪文楽劇場などで開催される舞踊会にて唄われる傍。歌舞伎座や京都南座など、数々の歌舞伎舞台にも出演されています。

片岡仁左衛門さん、中村鴈治郎さん、中村扇雀さん、松本幸四郎さん、勘九郎さんや七之助さんなと。錚々たる歌舞伎役者さん方の踊りの唄を歌っておられます。

師匠の長年の稽古のおかげで、昨年は国立劇場にて松本幸四郎さまの舞踊「供奴」の長唄合奏に出演されて頂きました。(左から2番目)

名取にもなり、最近では長唄でも沢山の舞台やイベントに出演させて頂いております。

そこで。本題。

今回の舞台「茨木童子 酒呑童子」では、劇中にて長唄「越後獅子」が登場します。

踊りは坂東喜之智 師匠、唄は私、杵屋勝之玲がつとめます→冒頭の写真の3人が出演します。

日舞や長唄、と言っても、なんだかピンと来ない皆さまへ。

ざっくり言うと。江戸時代のAKB48や、EXILEみたい、って言えばわかりやすいでしょうか。

はい。そうです。歴史が流れて難しそうに思えますが、今で言うダンスが日舞。J-popの昔の姿が、長唄。

着物のCMソングだったり、アニメのキャラソン、ドラマの主題歌にのせて踊る。日舞長唄のイメージはそんな感じ。

今回、舞台で披露する越後獅子も、超大流行した曲!

アップテンポでノリノリで、踊りもタップダンスみたいにリズムを刻んだり小道具がひらひら舞ったり。

ESL Theatre Project 舞台稽古で聞いたり観たりする事で、その楽しさを子どもたちに知ってもらおうと言う、魂胆です。笑。

Hip Hopもカッコいいけど、日舞や長唄も、同じくらいクールジャパンです。

しかも、日本人体型にはぴったり、日本人のリズム感にしっくりくる日舞や長唄。西洋のリズム感が苦手でも、日舞長唄は日本人なら誰でもピンとくる代物。

何事も知らねば興味も湧きません。まずは知ること、触れる事。

そして、知識や教養として身につけば、多数開催されているワークショップなどに参加したり、本格的に稽古するきっかけにもなります。

また、海外や国際的なフィールドでの就職を視野に入れてお勉強されている子どもたちには、是非日舞長唄は知っておいて欲しい。

海外の方とお仕事をすると、決まって日本の伝統芸能をやってみて、と言われます。

能楽や歌舞伎は難しくても、日舞長唄なら、ちょろっと知っているだけでも披露する事が出来ますから。

更に。私のように日本伝統芸能を知らずに海外で馬鹿にされる経験はして欲しくないですからね。

ちなみに。中国、韓国、東南アジア、中東など出身の学生さん方は、自国伝統芸能を子供の頃から学校で学ぶらしく、やってと言われたら皆さま踊りや歌を披露する事が出来ます。

残念ながら。折り紙を披露するのが精一杯の日本人は、かなり痛い。昨今の海外折り紙ブームで、外国人より下手くそな折り紙は、もっと痛い。

そんな事にならないように。

日本人として、日本の伝統芸能や文化。大切にして行きたいものです。

芝居稽古を通して、日本伝統芸能や文化に触れたい、学びたい方。是非、2019年1月の舞台を観に来てください。

✨ESL Theatre Project 第14回公演✨

鬼と武将の平安絵巻 第1巻

「Who is the Hero? 茨城童子・酒呑童子」

平成31年1月26日(土)

相模原南市民ホール 18時開演(17:30開場)

*20時終演予定 入場無料

2020年舞台キャストは、2019年1月から2月の間に募集します。

芝居で学ぶ日本文化 No.4 伝統芸能・能楽と歌舞伎

劇団四季のライオンキングを筆頭に、ミュージカルは子どもたちや若者にも大人気のエンタメ。

でも。

日本には、世界でも名高い伝統芸能の歴史があります。

能狂言や歌舞伎、舞踊に長唄。海外ミュージカルやブロードウェイより更に更に歴史が深く、楽しい伝統芸能です。

かと言って。

能狂言?歌舞伎?難しそう、となかなか生で観る機会が無いのが残念。

そこで、今日は日本の伝統芸能を紹介します。

ESL Theatre Project 第14回目公演、「茨木童子 酒呑童子」は、能楽の「大江山」歌舞伎の「大江山酒呑童子」などの伝統芸能をベースに創作した芝居です。

舞台に参加し、実際に演じてみる事で、キャストメンバーは知らず知らずに伝統芸能の要素に触れて行きます。

さて。

✨能楽とは?

なんと、能楽は650年もの間、その伝統を継承されている、世界最古の舞台芸術なんです。まさに、日本が世界に誇る歴史的エンタメ。

歌ありダンスありの、まさに和のミュージカル。最近の能楽堂には、海外からのお客様の姿も。

写真は、ゲーム刀剣乱舞の小狐丸を題材にした「小鍛冶」と言う能楽のポスター。もはや難しそうな雰囲気は無いですね。笑。

でも。

能楽は、眠くなる。

というイメージが強いかもしれませんが、それもそのはず。音の響きが脳みそに心地よく、完全リラックス状態を引き出してくれるからです。

また、シンプルな作りの舞台構成は、全部見える最新テクノロジー舞台とは違い、感性を刺激して、想像力を高めてくれると。案外、子どもや10代20代の若い世代の間で話題。

特に、ワークショップなどを開催すると、歴史伝統にアレルギーがない感性豊かな幼い子どもたちは、驚くほどその世界観を楽しみます。

VRバーチャルな世界に慣れている若い世代には、あえて見えない演出が最高に面白いのだとか。

夢見心地で楽しめる舞台に、能楽堂の不思議な世界。日本でしか味わえない最高級のエンタメです。

是非、幼いうちに体験してもらいたい。

✨歌舞伎

武士階級の方々に支持されてていた能楽は、江戸時代になると一般庶民用に作り替えられられ、エンタメ性が一気に爆発。それが、歌舞伎。

能楽がオペラに近いとしたら、歌舞伎はザ•ミュージカルです。

能楽に比べると衣装も派手で、次から次へと展開する舞台の内容やセリフも分かりやすく、伝統芸能初心者にはオススメです。

最近はワンピース歌舞伎やNARUTO歌舞伎、ミク歌舞伎など、アニメベースの芝居も多々上演されており、子どもから大人まで大フィーバーです。

写真は、中村獅童さんと、バーチャルな初音ミクが登場するミク歌舞伎。桜吹雪が舞ったり、サイリウム振り振り盛り上がったり。最高なイベントです。

最近の歌舞伎は、そのテクノロジーを駆使したキラキラ演出に驚き、日本人だからこそわかるネタの数々に爆笑し。ブロードウェイより凄い!と思える程。

と、ざっくりですが。能楽や歌舞伎の紹介でした。

ミュージカルも良いですが、日本が世界に誇るエンタメ、能楽や歌舞伎舞台、是非興味を持って観に行けば。

楽しみの幅がぐんと増えますよ。

更に。

日本の伝統芸能に触れ、歴史にも興味が湧き、日本凄い!というアイデンティティも生まれ。グローバル化の世の中を生きる子どもたちの教育にはぴったり。

そんな日本の伝統芸能。能楽や歌舞伎ベースの芝居稽古を通して、習い事として伝統芸能に触れる機会を設けているのが、ESL Theatre Projectの和劇。

興味がある方は、是非2019年の舞台を観に来てくださいね。

✨ESL Theatre Project 第14回公演✨

鬼と武将の平安絵巻 第1巻

「Who is the Hero? 茨城童子・酒呑童子」

平成31年1月26日(土)

相模原南市民ホール 18時開演(17:30開場)

*20時終演予定 入場無料

2020年舞台参加キャストは、2019年2月から3月の間に募集します。

芝居で学ぶ日本文化 No.3 着物

芝居で学ぶ日本文化 No.3は着物

写真は、着物を着て芝居の稽古をする風景。小学生、中学生、大学生の女子トリオ。

最近、若い子たちの間では着物ブーム。京都や鎌倉、浅草では、レンタル着物で観光する女子やカップルで賑わっています。

更に、外国人観光客にも着物で観光は大人気❣️

都内の若者向けデパートでは、お値段の安い洋服感覚な着物ショップも増えています。

でも、着付けって難しくない?

ESL Theatre Projectでは、芝居稽古の一部として着付け授業もしています。

幼稚園から小学生はまずは浴衣から。中高生は本格的な着物や袴を自分で着れる稽古をしています。

単発で開催される着付け教室では、あまり着る機会もなくなかなか習得に時間がかかりますが。

毎週の稽古時に必ず着る習慣が身につけば、さほど難しいものでもありません。

日本人として、着物は自分で着れた方が楽しいですよね。

更に❣️

着物効果は実は凄いのです。

まずは姿勢が自然と良くなる。毎日何時間も机に向かう学生さんたち。背骨が曲がっていたり、小学校でも肩こり腰痛持ちは多い昨今。これでは勉強にも力が入りません。

また、姿勢を良くしなさい、と注意しても、実際にどう伝えたら良いかわからない親御さんも多いと思います。

そこで、着物の力を借りましょう。

帯や腰紐の力で骨盤が固定される為、自然と背骨が真っ直ぐに。さらに骨盤のズレも解消される為、まっすぐに立つ事が出来ます。

特に思春期女子は、骨盤のズレからくる生理痛なども解消できます。

次に。

姿勢がよくなると、自然に深い呼吸も出来る用になり、疲れづらく、集中力も高まり、リラックスした状態を保つ事が出来る為、勉強の効果も上がります。

更に。

筋肉を鍛える事も出来るのが着物の醍醐味。正座により血行が良くなり、正座から立ち上がる行為の繰り返しにより、知らず知らずに筋肉がつきます。

要するに、健康促進!

良い事ばかりの着物生活。子どものうちに身につけておけば、着物を着る機会にも動揺せず、更に健康体になります。

着物を着て日本文化を体感しながら学ぶ芝居。着付けも学び、さらに人に着付けてあげられるスキルが身につくESL Theatre Project.

希望者には、英語の台詞で稽古しますので、日本文化を英語で伝える術も身につきます。

興味がある方は、是非2019年の舞台を観にきてください。

2020年キャストメンバーは、2019年2月から募集致します。

✨ESL Theatre Project 第14回公演✨

鬼と武将の平安絵巻 第1巻

「Who is the Hero? 茨城童子・酒呑童子」

平成31年1月26日(土)

相模原南市民ホール 18時開演(17:30開場)

*20時終演予定 入場無料

芝居で学ぶ日本文化 No.2 酒呑童子

芝居で学ぶ日本文化No.2は、酒呑童子。

芝居で学ぶ日本文化は、体験型学習。だから身につく覚える興味が湧く!学校の歴史の授業も楽しくなります。

さて。

酒呑童子とは?

酒呑童子は平安時代に存在した?と言われている鬼?です。写真は、歌川国芳の浮世絵の酒呑童子。

丹波国の大江山に住み、鬼の頭領として沢山の鬼たちをまとめ、夜な夜な京の都に出没しては、貴族の家を襲い、金銀財宝を盗み、女子どもをかどわかしていたと言われています。

その悪業に怒りをなした時の帝は、藤原道長に酒呑童子討伐を命じます。

道長は当時最強と謳われた鬼神バスター、源頼光とその四天王に酒呑童子討伐を命じます。

結末は。神便鬼毒酒(じんべんきどくしゅ)とい名の、鬼が妖力を失う酒を飲ませて戦った結果。

源頼光と四天王の勝利❣️酒呑童子は首と四肢を斬られ、成敗されます。

というのがストーリー。

能楽、歌舞伎や長唄、舞踊の演目でも有名な酒呑童子。今回は能楽の「大江山」の謡曲の一部がセリフになっています。

能楽や歌舞伎って難しいそう。と思われるかもしれませんが、実際に自分が演じてみると、そのリズミカルな言い回しはラップみたいで、非常に楽しい。

芝居を通して、難しそうな能楽にも興味が湧き、さらに古典文学アレルギーも発症しない脳みそに!

古典は楽しい、歴史は楽しいと自然に思えてきます。

ちなみに。

酒呑童子はゲームやアニメでもひっぱりだこ。

こんなのやら。

2018年、京都の伊勢丹では、ハロウィン?キャラとして登場していた酒呑童子。

色々なゲームを筆頭に、アニメやキャラとして大人気の酒呑童子。

最近は子どもたちの方が、大人よりも歴史や古典に対する苦手意識がないように思われます。

歴史や古典を楽しく学びたい方は、是非2019年の「酒呑童子 茨木童子」舞台を観にきてください→詳細は下。

2019年2月より、2020年度キャスト募集をスタートします。2020年も、酒呑童子、茨木童子、源頼光とその四天王のシリーズ舞台を敢行します。

✨ESL Theatre Project 第14回公演✨

鬼と武将の平安絵巻 第1巻

「Who is the Hero? 茨城童子・酒呑童子」

平成31年1月26日(土)

相模原南市民ホール 18時開演(17:30開場)

*20時終演予定 入場無料

芝居で学ぶ日本文化 No.1 歌川国芳

芝居で学ぶ日本文化。初回は浮世絵師の歌川国芳。

芝居や舞台経験を通して学ぶ日本文化は、教科書から学ぶ座学と違い、体験型学習。

だからこそ単純な暗記に留まらず、子どもたちの興味をそそり、自然に自ら楽しく学ぶ事が出来る用になります。

ネット検索で何でも調べられる時代ですが、知らない、興味が無いでは検索も出来ません。ネット検索が出来ない、宝の持ち腐れな大人がいっぱいいるのも事実。

逆に。一度興味を持てば、もっと知りたいと思うのが人間の学習意欲の素晴らしき所。知識欲が高まり、教養を高める第一歩に繋がります。

試験での高得点は得意でも、教養力が低い日本人。教養はコミュニケーション同様、社会に出てからの生きる基盤。

芝居を通して一生使える教養も身につけて行きましょう。

✨今年の舞台ポスターは、歌川国芳の浮世絵。

こちらがオリジナル。

国芳は最近海外の方々にも人気な、骸骨で有名な江戸末期の浮世絵師。

下の浮世絵はまるでアニメの原型。

左側には平将門の娘、滝夜叉姫がいます。滝夜叉姫も、アニメやゲームのキャラなどに良く登場しています。

同じく。

ポスターで使用している浮世絵には、舞台に登場するキャラクターが勢ぞろい。

若きキャストメンバー演じる酒呑童子に、源頼光と四天王が描かれています。

まず最初に。

漠然としていた古の人物を自分で演じる事で、その人物に対して興味が湧きます。稽古では役柄名で毎回呼ばれる為、自分と役柄もシンクロしてゆきます。

例えば。舞台に登場する、源頼光さんの浮世絵。芝居では中学生の剣道部女子が演じます。

更に。

自分たちが演じている役柄が、二次元で登場している浮世絵をみる事で、役柄に対する愛着も生まれます。

こちらは渡辺綱。

知識を身につけて、愛着が湧き、興味が出てくると。

自然とその歴史上の人物をネットや本で調べるなど、自発的学習が出来る用になります。

更に。更に。

浮世絵にも興味をもち、江戸時代や平安時代学習にも興味が湧いてきます。

教科書や学校の勉強にも親近感が湧き、受験勉強やテストも楽しんで取り組めます。

こちらは、坂田金時と平井保昌の浮世絵。

今回は、歌川国芳の酒呑童子 浮世絵を取り上げましたが、調べると様々な浮世絵に描かれるキャラたちに出会えます。

是非、ネット検索自由研究をしてみてください。

そして、興味があれば、美術館や展示会などに実際足を運んでみると更に視野が広がります。

「僕ね、酒呑童子の舞台に出演した事があるんだよ。ほら、これが歌川国芳の描いた酒呑童子。日本の浮世絵はアニメみたいで楽しいでしょ。」

と。日本文化を自分の言葉で話せる教養へと繋がってゆきます。

実際、数年前から日本ものの和劇を学んでいる沖縄分校の生徒さん方は。

酒呑童子の浮世絵、ネットで沢山見つけたよ、動画も見たよ、ゲームにも出てきた!など、毎月の稽古時にお知らせしてくれます。

✨芝居を通して、一生使える日本文化の知識を楽しんで学べるESL Theatre Projectの和劇。

更に。希望者(英語に興味がある生徒さん)には、台詞は英語で。

外国人との会話で使える「英語で伝える日本文化」も学べます。

2018年以降、能楽や歌舞伎をベースにした歴史 和劇の舞台に取り組みます。

興味がある方は是非、まずは舞台を観に来てください。

2019年2月より、2020年度舞台キャストを募集開始致します。

因みに、2020年度舞台は平安絵巻。酒呑童子と茨木童子、源頼光と四天王シリーズの第2弾を行います。

✨ESL Theatre Project 第14回公演

鬼と武将の平安絵巻 第1巻

「Who is the Hero? 茨城童子・酒呑童子」

平成31年1月26日(土)

相模原南市民ホール 18時開演(17:30開場)

*20時終演予定 入場無料

芝居で意識→日本人の姿勢

いよいよ4月。英語劇・和・ミュージカルESL Theatre Projectとして、心機一転稽古スタート。

和もの芝居「茨木童子」「酒呑童子」に挑んでおります。

4月。

和の演目上演に際し、セリフ演技以外の目標は。

姿勢。

一口に姿勢と言っても、カラダの使い方を理解して、更に筋肉が必要。習得には、何十年もの歳月がかかると、言われています。

姿勢を意識して、立つ。正座する。簡単なようでいて、なかなか難しい。どんなダンスレッスンや、伝統芸の稽古、ヨガでも、やっぱり1番難しいのは、

基本の姿勢。

毎日の生活で意識して、少しずつ丁寧に指導するとして。

面白かったのは。平安時代の貴族・サムライ というキーワードで、みんなの姿勢がしゃんとする❣️日本語って面白い。

子どもの頃「正しい姿勢」って家庭でも学校でも習い事でも厳しく指導されましたが。当時は意味も分からず。

でも、芝居を通して、源頼光などの武将や、平安貴族になりきったら、楽しく姿勢、意識出来る!

美しい姿勢は。

脳にもココロにもカラダにも。大切。体幹トレでひーひーしながら、セリフ練でインナーマッスルがっつり鍛えて、芝居しながら。姿勢トレ。

✨パフォーマンスクラスは、来年2月まで募集ありませんが。基礎クラスは年間通して入学できます。

英語劇 “和”ミュージカル 「茨木童子」

2019年舞台は。英語劇”和”ミュージカル

幼稚園と小学校グループは「茨木童子」稽古中。

能や歌舞伎の「茨木」でも有名な、茨木童子の誕生秘話ストーリー。

平安時代のお話。時代背景を理解したキッズたちは、

時の武将を目指して、立ち姿や、座り方ポーズも意識するようになり、美しさも追求。

カッコよくポーズキメる、K君5歳。

そのおかげか、稽古最初の座礼も、とても綺麗に出来るように。

セリフは古言葉に英語と、2つの言語で稽古中。

「古語のリズムは、心地よい」と楽しんでます。

これを機に。日本の歴史や文化に興味を持ち、古の知恵も習得してもらいたいですねー。

4月から本格的に、和テイストの歌とダンスも練習しますよ。

→今日さきら振り付けダンスパート、完成してます。

✨新規生徒さん募集✨

http://esltheatreproject.com/lesson

2018年3月16日 | カテゴリー : 舞台公演 | 投稿者 : Lei

ESL Theatre Project卒業生のT先輩、医療工学大学合

昨日は。

卒業生のT先輩。念願の医療工学大学に合格、

稽古場に遊びに来てくれました。

子どもの頃から新体操、チアを学び、ESL Theatre Projectでも常にリーダーとして、演技にダンスに大活躍していたT先輩。

長いこと描いていた、医療系に進む夢。大学入学が決まり、より具体化です。

T先輩、稽古では。

•リーダーシップのお手本披露

擬似グループ面接にて、リーダーシップのお手本を見せてくれました。

流石。大学入試面接を経ての、現場の生のスキル。

上には上がいる現実を垣間見たキャストメンバーは、非常に勉強になりました。

•小中学生に、先輩方からアドバイス。

○じてみたプロジェクトにて、戯曲担当の大学生の八道杏助も見学に来ていまして。

小中学生に、先輩方から直々のアドバイスを頂きました。

•英語(文法) はちゃんと勉強する事

•履歴に書ける活動をしておく事

•コミュニケーション能力を高める事

ESL Theatre Projectでは。

英語→今後の試験は、スピーキングも増えるそうですので、英語劇で実力つけてください。

活動→祭りステージを筆頭に、履歴書に書ける、舞台活動やスクール外のイベントもご用意していますので。活用してください。

舞台→コミュ力育成の宝箱です。

シュークリームとエクレアの差し入れも頂き、キャストメンバーで頂きました。

T先輩、ありがとうございました!

ESL Theatre Projectには、色々な分野で夢叶えている先輩方が沢山います。

是非、彼らからパワーもらってくださいね❣️そして、自分たちの夢も叶えよう!

ESL Theatre Project 代表 貞苅玲

✨新規生徒さん募集✨

“英語劇とシアターゲームで楽しく学ぶ、面接対策とコミュニケーション基礎”

http://esltheatreproject.com/lesson

ESL Theatre 流 夢の叶え方

ESL Theatre Projectの、今日さきら(高2) & mako (卒業生)の2人が。

バックダンサーデビューする事になりました!

数年前から本格的に、ダンサー目指して活動開始した2人。

ESL Theatreメンバーとしても、舞台やイベントステージに参加しつつ。ダンス振り付けや指導も担当してくれています。

そして、着々と夢を叶えつつあります。

彼らの口ぐせは。

夢は叶うに決まってる。笑

私が10代の頃、ほとんどの大人たちは「夢は叶わない」って言ってました。

時は経ち。

夢を叶えてきた者が増えた時代。「夢は叶う」という希望に変わり。

現代の若者は。「えっ?夢は普通に叶うでしょう、当たり前!」

と。変化を遂げています。素晴らしい事ですね。

私も沢山の夢叶えて、まだまだ叶えたい夢が沢山あります。そんな時、彼らの若いパワーは支えになります。

実際、最高に辛い事も不安も沢山ありますが。みんなでお互いをサポートしながら夢を叶えるのが、ESL Theatre Project流の、夢の叶え方。

海賊みたい、と。よく例えています。

決して仲良しグループではないんですよ。

が。舞台成功という共通の目標に向けて、子どもの頃から、舞台でお互いの背中を預けているから。

いざという時は、心底信頼出来る。協力する。

そんな、海賊のような仲間たちの存在は、この時代、本当に強いです。

ESL Theatre Projectでは。「夢は叶う」が当たり前のデフォルト設定。

大人の皆さまも、是非若者に見習って、夢叶えてくださいね。

そして皆さま、是非、彼らの夢、応援してあげてくださいませ!

ESL Theatre Project 代表 貞苅玲

【イベント詳細】

=湘南系 DANCE MEETING SPECIAL=

《Calvo道場 15th Anniversary NITE》

@茅ヶ崎コミュニティーホール

2018.3.25(SUN)

13:00 OPEN 13:30 START (予定)

前売り¥3,000(1D) 当日¥3,500(1D)

※チケットは小学生以上が必要となります。

Blue Moon Booのバックで出演します。Emmaちゃんに感謝。

2019演目 英語劇和ミュージカル「酒呑童子•茨木童子」

2019舞台に向けて。和ミュージカル“Who is the HERO?”源頼光と酒呑童子鬼たちの物語。2月から本格始動。

2月中の3回稽古で、流れが仕上がりました。

第一章「茨木童子」幼稚園から小学校

サムライみたいに、の演出で。カッコよく決める幼稚園と小学一年生。

茨木童子と母をいじめる村人たち。「昔の人でも、こういうのは、良くないね」とキッズ。芝居の疑似体験で学ぶ道徳。

第二章「酒呑童子」小学生から高校生

台本持ちながら立ち稽古。

前回の舞台が終わったばかりですが、来年は更にクオリティを上げると、キャスト全員本氣の覚悟。

稽古場の空気感と、みんなの目つきが、変わった2月。

今年から挑戦の「和」もの。現在、日本語、古文、英語の3種類のセリフで稽古中。

英語より何より、古文の、るる、らるる、に苦戦しつつ、2月の目標、セリフと動線も完了。

限界超えて、全力で取り組んだ先にある世界を、みんなで見に行こうと、張り切っています。

毎年、無茶振りな挑戦を仕掛けて、さらにそれに答えてくれ、壁乗り越えて成長してゆく生徒たちとの稽古は。楽しい。

社会に出た時に、

全身全霊で取り組む、

足りないところは仲間で補う、

自分を信じる

という、芝居で体験した宝が、生きてきますように。頑張ります。

ESL Theatre Project 代表 貞苅玲

✨新規生徒さん募集✨

英語劇ESL Theatre Project では。

・受験の面接が心配

・人前やクラスでの発言が苦手

・発音・スピーキング力伸ばしたい!

3歳から高校生向けアンサンブルクラス開講。

❤︎是非、無料の体験レッスンへ

2018年3月1日 | カテゴリー : 舞台公演 | 投稿者 : Lei

日本の文化伝統を英語劇で。

2019年の舞台公演に向けてスタートした企画。

日本の文化伝統を英語劇で学び、舞台で発表!

今まではミュージカルなどを題材にした英語劇を稽古・発表してきましたが、今年からは、いよいよ、私が本当にやりたかった、和もの舞台に挑みます。

その理由は。 日本人が日本を知らなくて、どうする! 今、海外からの観光客の皆様に人気なのが、日本文化の体験。

茶道や着付け、三味線やサムライ体験など。日本文化に興味がある観光客の皆様は、旅行中に日本文化を体験して母国へ帰ります。

そんなジャパンラブな海外の方々がいる中。日本人は、あまりにも日本の事を知らなさすぎる。もう、「日本文化?知らない、、、」じゃ済まされない時代です。

かっこ悪いですよね。

そこで。話を過去に戻します。

20代の頃、ミュージカルが大好きで演劇留学した私を待ち受けていたのは。「歌舞伎のセリフやってみて、クロサワ映画について語ろう、能楽の面って何種類くらいあるの?」などなど。(実際に聞かれた質問です)

当時、日本伝統芸能のことを知らなかった私は。知りません。わかりません。ごめんなさい。を繰り返し、精神はガタ落ち。

さらに。そもそも、自国文化の芸能を知らずに、アメリカで演劇学んでどうするの?日本に帰って、まずは日本の事を勉強するべき。と、バカにされました。

まあ、今考えると当たり前の話です。 が。当時の日本は、まだまだ欧米かぶれ。

ですが、偶然、通っていたピッツバーグ大学には、日本演劇専攻の著名な教授が教鞭を執っていた為、徹底的に日本の伝統芸能を学びました。

その後、ハワイ大学のアジア演劇学科・日本演劇専攻へと進み、本格的に勉強し直しました。日本の伝統芸能を学べば学ぶほど、どうして、今まで日本文化をないがしろにしてきたのだろうと。心から思いました。

そして、同時に、日本人で良かった、日本って凄い国だとも再確認、自分にも自信がつきました。

ここで、話を戻します。

英語が話せる=海外の方々とコミュニケーションが取れる

まず、聞かれるのは、日本について。

私が留学していた当時と違って、今の子供たちは、日本にいながらにして、外国人の方々と接する機会も多く、会社も多国籍の社員さんがいる状況になるでしょう。

そんな時に、「日本の事?よくわからないや」はカッコ悪いですよね。自信も無くしてしまいます。

さらに、日本にいながらにして英語を話す機会がある時、コミュニケーションのきっかけは、日本の話題に集中する事でしょう。

その為の予備知識として、日本の歴史・文化・芸能を盛り込んだ芝居を練習し、さらに英語劇を通して英語のセリフを練習する事で。自然に、英語で日本文化を語れる人材を育成したいのです。

子供達がいきなり能楽堂に行って能を見ても、本を読んでも、なかなか理解は難しいですが、伝統芸能の要素を盛り込んだ芝居を通して、実際に動きながらの練習は、楽しく身になります。

実際、私も英語歌舞伎や英語能・狂言を学び、こんなに面白いんだ!と、留学時代に経験しました。

能・狂言・歌舞伎は、歴史と文学の宝庫。古からのエンタメですから、そもそも楽しいもの。一度、面白いと思えば、子供達は勝手に学びます。

そして、学校の歴史や国語の授業も、また一段と楽しくなるはずです。

さらに、プロの能楽師や歌舞伎俳優から学ぶ、キッズ能楽や歌舞伎講座に参加するのも良いでしょう。最近は、沢山の子供向け講座があります。

という事で。 日本文化と歴史を知る、きっかけとして、和もの英語劇にチャレンジ。伝統芸能のコンテンツとエレメンツを盛り込んだ作品を作ります。

さらに、日本文化を、英語で発信できる人材を育ててゆく! ESL Theatre Project2018年の、挑戦です!

*新規生徒さん募集していますので、 HPをご覧くださいませ!詳細は、こちら。 ↓ 新規生徒さん募集


			

舞台稽古で、模擬グループ面接

2019年の舞台に向けて。

ESL Theatre Project稽古開始。

今年の英語劇 芝居は。

Who is the Hero?

源頼光と鬼たちの物語

初回の今日は。受験のグループ面接を意識した稽古。試験官は、最年長の高校2年生。

✨読み合わせ✨

難しい古語表現や漢字を確認しながら、台本を読む。まずは、日本語から。国語の勉強。

改めて。台本読みは、国語力が試されるなと感じる。試験するまでもなく、実力が一発でわかる。

今後、面接が試験のメインになれば、「じゃ、読んでみて」は、来るだろうなぁ。

✨キャスティング✨

次に。生徒たちに、キャスティングを任せる。慣れたメンバーなので、自然にリーダー役が産まれ、周りの様子を伺いながら主張も妥協もし、サクサク進行。

配役決めは、大人でもなかなか決まらない事が多い。性格が一発でわかる。

こういうワークの時、昔は駄々捏ねてたメンバーも、今では一緒に仕事しやすい人材へと成長。

✨演出✨

キャストが決まった後は、高校2年の、今日さきら(演出助手)が、簡単な演出をつける。

そこへ、グループのみんなが自由に演技を色付けしてゆく。想像力と表現力が試される時間。

何年もの稽古を経て、言われた内容ではなく、ようやく自分で考えた表現が出せるようになってきた!

でも。まだまだ、表現の出し惜しみをするので、練習が必要。

出来るのに、出さなければ。結果、出来ないのと同じ。

✨気づき✨

今回の芝居を使った模擬グループ面接で面白かったのは。得意分野によって、リーダーがコロコロ変わった事。

さらに、その時々のリーダーに、みんなが従っていた事。

確かに。1人の絶対的リーダーが存在しない事で、進行は少し鈍ってはいたが。

みんながみんな、その都度、得意分野のリーダーになる事で、自由に動けていた。面白い発想も産まれた。

若者たちの協力の仕方、面白い。これからは、そんな時代かも。

信頼出来る仲間だから、上手く立ち回れる。

その経験を踏まえて、知らない誰かとの協力の仕方やまとめ方、たくさん学び、将来に備えたい。

と。

案外協力できないのは、頭の固い大人だったり。気をつけましょうね、大人の私たち。

そうそう。試験官役は、というと。

グループが芝居を作る様子を見ながら、演出のやり方、立ち回り方。指導の仕方。自分で考えて、学んだ様子。

舞台稽古は、学びの宝箱。

この、平安時代劇芝居が、どう英語劇になるか、楽しみ。

舞台経験で得る、自己肯定感の大切さ。

先日、おきなわedu・一般社団法人ゆうありてぃにて開催した講座。

「〜夢をカタチに〜夢を具体化し、現実化する舞台空間ワークショップー成功疑似体験で自己肯定感アップ」

舞台経験が、未来の力になる。という過程をわかりやすく説明出来るかと思い、レポートさせて頂きます。

まずは。舞台に上がる前の、緊張感を解くエクササイズや、テクニックから始まり。

疑似舞台体験で、成功感覚を徐々に味わいました。

はじめは緊張していた参加者の皆さまでしたが。リハーサルを重ねる毎に、どんどん顔つきがキラキラに。

更に、叶えたい夢も話し出してくださり、最後は、満面の笑み❣️

自信たっぷりに、ミニスピーチをする姿も。

セミナー後半、飛び入り参加キッズ。なにやら恥ずかしそうにしていたのに。トロフィー?授与式では、堂々のカメラ目線ポーズ。

舞台体験が、こんなにも、大きな力を秘めているとは。

✨自信を持ちたい方

✨自己肯定感あげたい方

✨夢叶えたい方

ESL Theatre Projectのレッスンて学べるのは、英語劇だけではありません!

舞台経験を通して、リハーサルを通して、自己肯定感も同時に学んでいるのです。

では。

自己肯定感って?どうして必要なの?

毎月150人以上の、幼稚園から大学生、そして先生の皆さまと交流していますが。

凄く出来るのに、自信が無いから、自分の力を信じる事が出来ないから、実力が出せない。

もちろん、力を出さなければ、認めてもらえないし、成果も出せない。

逆に、全然出来ないのに。やりたい気持ちだけで前進している人は、周りも親身に教えてくれる、そして伸びる、自然に自信がつく!

特に大学生以下の若者や子どもは、出来る、出来ないで、自分を評価しようとしますが。

そんな事、関係ないんですよね。自信持って前に進めるか否か。それが、大切です。

その為にも、子どものうちから、自己肯定感を上げておくのは、非常に大切。

人の自己肯定感を下げる原因は、大人や先生の固定概念だったり、周りからの批判や嫉妬心だったり。大抵、外部要因。

だから。大人の私たちが、気をつけて行かなきゃね。と心から思います。

私は大丈夫→自分を信じる

あなたは大丈夫→誰かを信じてあげる

このような、簡単で些細な事が、将来の豊かさの基盤。

まだ、学校の成績の良し悪しだけで、子どもの将来を判断する大人がいる世界ですが。もう、そんな時代は。終わりです。

さて。今日も。自分を信じて❣️仲間を信じて❣️

リハーサル行ってきます。