金曜日の寺子屋で〜面接オーディション対策

演劇寺子屋ESL Theatre Project の代表で講師で演出家の杵屋勝之玲です。

毎週水曜日の稽古の補助、個人指導時間として。

金曜日(第3週除く)に寺子屋時間を設けています。

そうです。

昔ながらの寺子屋スタイルです。

みんなで一緒に何かを学ぶのではなく、テーマに沿った内容で、自分の学びたいことを学ぶ。

寺子屋です。

この寺子屋、一般の方にも公開していますので、記事を読んで是非参加したいな!と思ったら、ご連絡くださいね!


今回は。

毎月第4金曜日に開催されている、面接オーディション対策の寺子屋時間を、覗いて見ましょう。

面接。

オーディション。

聞いただけで「怖〜い」感じがする人も多いかと思いますが。

実は。面接やオーディションは、見方を変えたら。こんなにも楽しい時間です!

見ず知らずの知らない人が。

・自分の事を真剣に見てくれる、聞いてくれる時間
・新しい自分を発見できる時間
・最高に気の合う場所を見つけられるかもしれない時間

そう考えたら。

わくわくしませんか?


私、杵屋勝之玲、子役の時代から現在に至るまで、オーディションは散々受験してきました。

オーディション対策講座も沢山受講し、対策講座も沢山教えてきました。

最近は、自分で受験することはなくなりましたが、

私にとってオーディションは、自分を120%見て聞いてもらえる場所なので、受かっても落ちても大好きな時間です。

そんな風に考えて練習をしていると、みんなすごく素敵な顔になるのです。

落ちたらどうしよう、
受からなかったら。。。

ではなく、

自分を自由に表現できる、
特別な場所。

そう考えたら、

面接やオーディションは、本当に楽しい時間へと変化します。


寺子屋時間では。

面接やオーディションの基礎
→メンタル、話し方や声、姿勢、見た目、自己PR方法
などを、
個人的に指導しています。

また、受験する側が試験監督役をやってみると、非常に効果が上がります。

試験監督の方も緊張しているんだな〜
とか。

あ〜こんなちょっとした手の動きや姿勢がが気になるのだな〜
とか。


また。

面接やオーディションは日頃の生活が丸見えになってしまうので、日頃からの訓練が効果的です。

実際、何年も何年も稽古に通っている生徒さんは、面接やオーディション、得意分野です。

受験でも面接が重要視されてきた今日この頃。
面接やオーディション苦手な方の為に、寺子屋の公開講座開催しています!

⭐️寺子屋 面接オーディション講座🌟
6月28日
7月26日




⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project 

<小学生クラス>
毎週水曜日 18:00-19:30 

<中高生&大人クラス>
毎週水曜日 19:00-21:00
✨金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋時間

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。

詳しくはホームページにて

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

面接オーディション対策・基礎講座始めます!

面接オーディション対策・「基礎」講座

春が近づいてまいりました、代表の杵屋勝之玲(貞苅玲)です。春といえば新生活のスタート!

新しい学校や職場での新生活を始められる方も多いと思いますが、それを勝ち取るために通過するのが「面接」

創立当初よりリクエストが多く、ESL Theatre Projectではお馴染みの面接講座。これからどんどん面接重視の社会へと突入していく時代。

そんな時代に、皆さまのお役に立てればと面接対策の公開講座を定期的に開催することにしました。

過去には。

有名大学に入学したのにもかかわらず、コンビニバイトの面接すら受からない。。。なぜ?

や。

受験間際になってAO入試に転向。さて、勉強は得意だが、面接は苦手。思うように話せない。どうする?

など。

ESL Theatre Projectでは多種多様な学生さんの面接指導をしてきました。

私自身も、小学生時代の児童劇団のオーディションや対策の為の稽古に始まり、アメリカでの舞台やハリウッド映画のオーディション、帰国後の仕事面接やオーディション。

小さい頃からオーディションや面接は、日常の一部になるくらい頻繁に出くわすイベントでした。

若い頃はオーディション対策セミナーも散々受講。舞台用、映画用、コマーシャル用など、仕事内容によって違うテクニックも身につけてきました。

更に。

変わった話ではありますが。俳優としてのスキルを買われて、企業の面接官育成講座の受験者役というお仕事をしたこともあります。

詳しいことは言えませんが、受験者にありそうな状況を演じて、面接官の採用スキルを高める、というお仕事。日に何役もの設定で受験者を演じました。

演出を担当するようになってからは、自分がオーディションをする側に立ち、面接やオーディションの謎も色々解明できました。

芸能関係のオーディションであれ就活であれ、面接は怖いものではありません。

話を冒頭部分に戻しますが。コンビニバイトにすら受からない有名大学の学生さんは、「前髪を切っただけ」で面白いようにバイト面接に次々に合格。

面接苦手でも、自分を作らず、大学入学への思いを心から語ったAO面接は、見事合格。

面接官も人間です。ありのままの自分を出し、お互いの条件がマッチしたら合格です。

しかし。。。

日に何十人、時には何百人も面接する面接官。正直疲れますよね。受験する側もテクニックを知っていないと、ちゃんと見てくれない場合も。

そんな時のために、講座では、面接の基礎テクニックを教えます。

ありのままの自分って何だろう?実際に他人からはどう見られている?癖は?(自分では気づかないが、下を向く癖があったり)スマイルは出来ている?

などなど。

毎月講座を開催して、面接に困っている方々のお力になれたらと思います。

面接やオーディションは、自分のやりたい事や夢を聞いてくれる楽しい場所。

高校受験、大学入試、就活や再就職の面接、オーディションなど。面接の苦手意識を取り除いて、新しい道を開く為のお手伝いができたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

とある日の稽古風景〜大人編

演劇寺子屋 ESL Theatre Projectでは、

・プロの俳優やパフォーマーを目指す方へ

・舞台の経験を積みたい方へ

・今からでも遅くない、舞台で輝きたい大人やシニアの方へ

演技指導と舞台経験、オーディション対策、そして成功に必要なメンタルトレーニングを行っています。

ちなみに。写真は沖縄のてだこホール。舞台からの眺めが煌びやかで素敵で、私、杵屋勝之玲(貞苅玲)のお気に入りの劇場です。

稽古内容は、年に一度の舞台公演の稽古を軸に、アメリカ大学演劇学科の一般的な演技クラスのカリキュラムをベースに、発声練習や演技の基礎、即興劇や演技テクニックを指導しています。

夢を叶える為には演劇の訓練も大切ですが、本当に大切な事は。

考え方です。

俳優やパフォーマー、それ以外でも成功する人には秘密があります。

努力や外見、才能はもちろん必要ですが、それを超越した一番大切な事は。

「覚悟を決めて。人を喜ばせる為に。とことん楽しむ事ができる事。」

ざっくり言えばそれが成功の秘訣。俳優以外の職業でも全く同じことが言えますね。

いくら容姿端麗で才能が豊富でも、何かのきっかけで仕事もなくなり辞めてしまう人もたくさんいます。本当に勿体無い俳優さんやパフォーマーの方々を、たくさん見てきました。

逆に。才能も容姿もそれほどないのに、なぜか驚くような大活躍をしている方々もたくさん見てきました。

違いは、上記の通り。メンタルや考え方の違いです。欲しいものを手に入れる事ができる人と、できない人。成功する人としない人。二通りいますが、考え方一つで欲しいものを手にいれる事は簡単です。

もちろん努力は必要ですが、日頃の思考や行動パターンを変えるだけで、ぐっと夢に近づく事ができます。

稽古では、演技に加えてメンタルトレーニングも指導しています。

私が在籍していたピッツバーグ大学の演劇学科では、1990年代からこのメンタルトレーニングを俳優訓練の一環として学生たちに教えていました。

2019年の今では、引き寄せの法則やポジティブ思考などといって、すっかりお馴染みですね。

この20年で演技やダンスを学ぶ事ができるスクールや大学、専門学校は、日本にもたくさん増えましたが。なかなかこの「肝」になるメンタル指導までしてくれる場所は少ないかと思い、稽古の一環として導入しています。

脳科学でも心理学でも成功するための色々な方法がありますが、ESL Theatre Projectでは芝居や舞台経験の力を借ります。

「違う誰か」という役になりきって演技をする事で、自分を客観的に見る事が出来るようになる。そうすると、自分のことがよりよく理解できる、成長できる。という流れ。

その為、演技を使ったメンタルトレーニングは成功したいビジネスマンの間でも流行っているそうです。

また、個人の思考パターンや行動力により教授法も変わってくるので、個人稽古をしています。一人一人じっくりと向き合って、自分は自分とじっくり向き合って。そうする事で、夢に一歩一歩近づけてゆきます。

こちらの写真は、毎年舞台公演を行っている相模原南市民ホール。 舞台に立ちたいと強く願う俳優志望の方は、こんな舞台からの眺めを見ているだけで、一歩夢に近づく事ができます。

ピッツバーグ大学の演技クラスの課題で「舞台に立っている自分を想像する」というものがありました。

毎日大学の劇場に行き舞台に立ち、観客でいっぱいになった座席を想像し、最高の演技をしている自分を想像する。というもの。

当時、大学の劇場は勝手に入れたので、毎日劇場で瞑想しました。

おかげさまで私も沢山の舞台に立ち、今でもそれを続ける事ができています。

さらに。俳優目指す方のセルフ・プロモーションの方法や、オーディション対策なども行っています。

詳しくは、面接対策講座をご覧ください。 
http://esltheatreproject.com/archives/news/auditionseminar

一度事務所に入ってしまえば、売り出し方も会社が勝手に決めてくれます。しかし、事務所に入る前には、どう自分を売り込むかは自分で決めなくてはいけません。

また、事務所は選択肢になく、youtuberやフリーランスなど個人で活動したい方はセルフ・プロモーションが必要になります。

要するに、自分の見せ方ですね。

就職活動の面接などにも利用できます。自分をどう魅力的に見せるか。

写真は。違う自分に出会うメイクと撮影講座より。 普段はしないようなメイクやファッションを実験的に試し、潜在能力を引き出すことで、新しい自分を発見。そんな講座も随時行っています。

最後に。

 どんな職業であれ、成功するには努力やスキルやある程度の才能は必要。

でも、成功の秘訣はそれだけではありません。

覚悟を決めて考え方をポジティブに、人のため世のため、自分がとことん楽しんで生きる事。それが大切。

試しに。
「私の人生は最高だあ!!!」と毎朝起きてから3回叫んでください。 それだけで、その日一日、楽しい事が舞い降りてきますよ。

私なんて〜と背中を曲げてしょんぼりしていても何も変わりません。胸を張って上を向いて、夢に向かってポジティブに行動する事で、夢は着実にかなってきます。

どんな夢でも。

芝居や舞台の稽古を通して、一人一人じっくり指導していますので、夢を諦めずに。一緒に夢を叶えてゆきましょうね!

お待ちしています。

面接対策にも。英語劇

受験シーズンも終わりつつありますが、この時期は特に。面接が苦手、人前で話すの嫌。という話を良く耳にします。

特に、面接重視傾向にある受験面接。引っ込み思案なうちの子、心配。という方のために。面接対策について。

ESL Theatre Projectでは。毎年1月の舞台終了後の2ヶ月は。徹底的に基礎練習をします。

基礎練の動画はこちら。

発声練習、滑舌、緊張をほぐすためのムーブメント、表現。など。

私自身アメリカの大学で学び、また教えて来た簡単な演技の基礎練習ですが。

これが、驚くほど受験面接に役に立ちます。

テストと同じく、人前で上手に話すには練習と経験が必要です。

また、子どもによっては、習得に時間がかかる場合もあります。

大人でも、会合で話すのが苦手。人前で話すのは緊張する。そんな方は多いですよね。

でも!ご安心ください。筋トレと同じく、誰でも訓練すれば出来るようになります!

レッスンはじめて間もない頃は、声も小さく、なかなか動けませんが。基礎練を繰り返して発表や発言に慣れ、舞台経験を通して自信をつければ。

人前で話す事が怖くなくなり。先生役もやりたがるほどに成長します→トップ写真。先生役務める一年生。

何事も、練習です。が。時間もかかるので、ここでは。

今スグ誰でも出来る、簡単面接対策をご紹介します。

引っ込み思案の子や、人前苦手な大人の方は、まずは話す事よりも、

緊張を解く方法を学ぶ事が大切。

リラックス出来れば、案外落ち着いて話す事が出来ます。

おススメリラックス法は。自由に思いっきりジャンプ10回(フリースタイル)

ちなみにこれは。この20年間、舞台に上がる前の私のルーチン。

舞台袖で激しくジャンプする貞苅玲を見かけたら、めっちゃ緊張してるって思ってください(笑)

ジャンプすることで、まず、カラダの緊張がほぐれます。カラダの緊張がほぐれると、脳の緊張も解けます。

息もはーはーするので、呼吸も深くなり、副交感神経が働き、さらにリラックス。

あとは。アホみたいにジャンプすると、何だか楽しくなり自然なスマイルに。

これだけで、準備万端。

このジャンプは、面接だけではなくテストや試験前、プレゼン前、会合前、オーディション前など。子どもから大人まで、大好評の簡単テクニック。

•試験前めっちゃ飛んだら、リラックス出来て集中できた

•ジャンプすればリラックス出来るの知ってるから、緊張は怖くない

•緊張で吐きそうだったけど、ジャンプしたら色々忘れた

など。今年聞いた、生徒さんの言葉。

受験シーズンは特に大活躍のおススメのリラックス法でした。是非、利用してみてくださいね。

ESL Theatre Project 代表 貞苅玲

<新規生徒さん募集>

英語劇ESL Theatre Project では。

・受験の面接が心配

・人前やクラスでの発言が苦手

・発音・スピーキング力伸ばしたい!

3歳から高校生向けアンサンブルクラス開講。

❤︎是非、体験レッスンへ

詳しくはこちら。

舞台稽古で、模擬グループ面接

2019年の舞台に向けて。

ESL Theatre Project稽古開始。

今年の英語劇 芝居は。

Who is the Hero?

源頼光と鬼たちの物語

初回の今日は。受験のグループ面接を意識した稽古。試験官は、最年長の高校2年生。

✨読み合わせ✨

難しい古語表現や漢字を確認しながら、台本を読む。まずは、日本語から。国語の勉強。

改めて。台本読みは、国語力が試されるなと感じる。試験するまでもなく、実力が一発でわかる。

今後、面接が試験のメインになれば、「じゃ、読んでみて」は、来るだろうなぁ。

✨キャスティング✨

次に。生徒たちに、キャスティングを任せる。慣れたメンバーなので、自然にリーダー役が産まれ、周りの様子を伺いながら主張も妥協もし、サクサク進行。

配役決めは、大人でもなかなか決まらない事が多い。性格が一発でわかる。

こういうワークの時、昔は駄々捏ねてたメンバーも、今では一緒に仕事しやすい人材へと成長。

✨演出✨

キャストが決まった後は、高校2年の、今日さきら(演出助手)が、簡単な演出をつける。

そこへ、グループのみんなが自由に演技を色付けしてゆく。想像力と表現力が試される時間。

何年もの稽古を経て、言われた内容ではなく、ようやく自分で考えた表現が出せるようになってきた!

でも。まだまだ、表現の出し惜しみをするので、練習が必要。

出来るのに、出さなければ。結果、出来ないのと同じ。

✨気づき✨

今回の芝居を使った模擬グループ面接で面白かったのは。得意分野によって、リーダーがコロコロ変わった事。

さらに、その時々のリーダーに、みんなが従っていた事。

確かに。1人の絶対的リーダーが存在しない事で、進行は少し鈍ってはいたが。

みんながみんな、その都度、得意分野のリーダーになる事で、自由に動けていた。面白い発想も産まれた。

若者たちの協力の仕方、面白い。これからは、そんな時代かも。

信頼出来る仲間だから、上手く立ち回れる。

その経験を踏まえて、知らない誰かとの協力の仕方やまとめ方、たくさん学び、将来に備えたい。

と。

案外協力できないのは、頭の固い大人だったり。気をつけましょうね、大人の私たち。

そうそう。試験官役は、というと。

グループが芝居を作る様子を見ながら、演出のやり方、立ち回り方。指導の仕方。自分で考えて、学んだ様子。

舞台稽古は、学びの宝箱。

この、平安時代劇芝居が、どう英語劇になるか、楽しみ。

かんたん英語劇で表現コミュニケーション講座「桃太郎」

夏休みの3日間(計3時間)「かんたん英語劇で表現コミュニケーション講座〜桃太郎」を開催いたしました。

2020年から始まる受験改革に伴い、面接の導入、英語ではスピーキングが重要視されるなど、ガラッと変わる受験。紙の上での勉強にプラスして、コミュニケーション力と表現力が必要とされます。

ESL Theatre Projectでは、普段から舞台や芝居の稽古を通して、コミュニケーション力を養うレッスンは行なっていますが。今回は、これからの受験に特化したレッスンを行いました。

1:シアターゲームでウォームアップ(見る・聞く・動く・感じる)

・空間把握能力の向上と感情表現→

ゲームやスマホが遊びの主流となった今、広い場所で大人数で遊ぶ機会も少なくなりました。すると視野も狭くなり、人間同士のコミュニケーションも浅くなり、3次元で物を捉える事もしなくなるため、

・なかなか周りを広く見ることができない。
・ぶつかる、車や自転車に気づかない。距離感がわからない
・感情が浅い、感動しない

などの問題が生じてきます。

舞台(スタジオ)スペースを広く使った、ViewPointと呼ばれるアクティビティーやシアターゲームを通し、空間把握能力と、感情表現力(演技)を高める練習をしました。

2:即興劇とディスカッション〜予測不可能な何かに遭遇する

困難があれば、ゲームやスマホではリセットで終わりですが。昔の子供達は、ごっこ遊びをする事で「予測不可能な何か」に遭遇し、問題解決力コミュニケーション力を高めていました。

即興劇(ごっこ遊び)やディスカッションは、相手の言う事をよく聞く。そして考えて動く。問題があればみんなで解決する。と言う、大人からしてみれば当たり前のことですが、勉強やゲームなどソロ活動ばかりしている新世代の子供達にとって、大事な勉強の一つです。

また、話す・聞くを楽しく遊び感覚で行える為、コミュニケーション教育には最適のツール。高学年はリーダーシップも練習しました。

即興劇の例:
・出会った動物たち、実は「きびだんご」があまり好きではなかった。さあ、どうしたら「きびだんご」を貰ってくれるか。どんな「きびだんご」だったら、貰ってくれるか。

・出会った動物たち。鬼退治には行きたくないと言う。さあ、そうやって説得するか。など。

ディスカッションの例:(例題も子供達が決めました)
・日本のスゴイところ。
・桃太郎はどうして桃の中に入っていたのか?
・桃太郎は、何歳まで生きることができたのか?など。

3:英語劇の練習と芝居を作る〜話す力と表現力

シアターゲームでのウォームアップ、即興劇やディスカッションを行い、最後は英語劇。まずは、英語劇のセリフを暗記して、練習。

その後、桃太郎がどうやって鬼を退治したのか。一緒に連れて行く動物たち(人間)も自分たちで決めて、芝居の後半部分の演出を考えて全員で披露しました。

なんでもありな舞台空間は、子供達の想像力を惜しみなく開花できる魔法の場所。答えの決まった問題ばかり解いていても、これからの社会ではやっていけません。

自分たちでゼロから作り上げる想像力、そしてそれを表現する表現力の練習をしました。

桃太郎はどうなったのか。

英語劇・桃太郎 を見て、確認してくださいね!

まとめ。

勉強だけではなく、より人間らしく豊かな人生を送るために、演劇やドラマ教育は子供たちの救世主になると信じてレッスンを行なっています。

今後も、このような講座を定期的に行う予定です。学校の成績は良いし、テストでも点数は取れるけれども。友達付き合いが苦手。クラスでの発言も苦手。そんなお子さんをお持ちの皆様。

練習すればコミュニケーション力はつくものです。演劇教室としてレッスン行いますので、是非、楽しみにしていてくださいね!

ESL Theatre Project代表〜貞苅玲

年収も上がる?英語劇で鍛えるスマイル力

みなさん。笑顔を作る事で、年収が上がると聞いたら。

今日から笑顔。

作りますか?

ESL Theatre Project代表、演出家・講師の貞苅玲です。

みなさん、知ってました?スマイル笑顔力があるかないかで。人生ガラッと変わるそう。。。もちろん年収も。。。

たかが笑顔。されど笑顔!!!
笑顔は大切な生きる力!

今日は、英語劇レッスンで学べるスキルの一つ。笑顔のお話をしたいと思います。

詳しく説明しますと。

ハーバードビジネススクールの研究によると。コミュ力の差で、年収が2倍も上がったり下がったりするそうです。コミュ力のなさで、年収が下がるなんて、嫌ですよね。でも、人間はみんなで助け合いながら生きていく種族。どんな個人業務でも、他との関わり合いあいは、生きていく上で大事なスキル。

また、女性や外国人が社会に進出するようになったから、AIの発展、とも言われていますが、一昔前と違って。現代人の能力で評価されるのは、単縦な暗記知識ではなく。コミュニケーション能力!

そして、そのコミュ力に一番必要なのは。
・見た目  55%
・声の質大きさ 38%
・言葉 7%
(心理学のアルバート・メラビアン博士)

見た目(仕草、身だしなみ、表情)が占める割合が半分以上。
ということは。

実は、スマイル笑顔力があるかないか。お仕事をする上でも、とっても大事な問題だったのです!

普通に考えて、ムスッとしている店員さんよりも、スマイルの店員さんから買いたいですよね。また、最近では、最近は市役所や免許の更新でお世話になる警察署でも、職員の皆さんはみんな笑顔ですね。

・顔の作りは整形しないと変えられないけど、スマイルは誰でもできる、今から無料でできるコミュ力アップ法。

・そして。次に大切な声。これは、ある程度訓練が必要ですが、子供の頃から舞台に向けての稽古をしていたら、よく通る、大きな声が身につきます。

・最後に。言葉が占める割合は。
たったの7%なんですね〜驚き。

私、貞苅玲、高校生や大学生の生徒さん向けに、単発の個人面接トレーニングも行っています。一流大学に在籍しているのに、バイトに落ちまくる大学生。面接の質問に対する答えは論理的で賢く鋭いのに、顔がこわばる高校生など。ほとんどの生徒さんに足りていなかったのは、「面接で話す内容」ではなく、スマイルの欠如。ということで、面接対策は、いつでも笑顔トレーニングが主な課題になっています。

ちなみに。シアターゲームなどで少し練習すると、みなさん笑顔が作れるようになり、面接にも合格しています。

同じように、中学や高校の受験面接を控えたお子さんでしたら、スマイルは合格のカギになりますね。どんなに成績が良くても、グループ面接時に「ぶすうう〜」っとした顔をしていたら。結果は。。。言わなくてもわかりますね。

 

「笑顔作るのは、意外と難しい」

 

スマホやゲームがお友達、外でもあまり遊ばなくなった子供たち。

実際にスマイルしなくても、絵文字やスマイルスタンプで感情の交換ができる今。笑顔がなくても、テストの成績が良ければ評価される今。子供の成長も早く、幼少期から大人のように笑わなくなった、笑えなくなった子供たち。

そんな感情を表に出さなくても生きていける現代の環境で、子供達にとって、笑顔を作るのは、そしてキープするのは、意外と難しい課題。

そこで。英語劇レッスンが、彼らの救世主になります。

*顔の筋肉を鍛える→英語発音にも効果的。
英語劇ミュージカルのレッスンでは、まず、顔の筋肉を鍛えます。口を閉じていてもある程度発声できる日本語と違い、英語は顔全体を使って発音する為、普段は使わない、頬のあたりの筋肉が必要。英語の発声練習をしていると、自然に筋肉が付いてきます。それは、スマイルするときにも役立つ筋肉です。

英語の発音がうまくいかない、と言うお子さんは、ぜひ、頬の筋肉を鍛えてみてください。(最後に、顔筋トレの方法を書いていますので、そちらを参照してください)

*舞台稽古を通して、心から何かを楽しむ事を体験する
次に、スマイルをキープした状態で、歌って踊ってセリフを徹底的に練習。舞台稽古に熱心に取り組んでいると、辛いことや悔しいことはありますが、それを乗り越えた先には、普段の生活では得られない、ココロとカラダが一体化した、「最高の楽しさ」を体験することができます。そんな風に、心から楽しめるようになったら、もうこっちのもの。舞台では、偽りのない本当の笑顔を披露できるようになります。

*演技スマイルで、いつでも笑顔が作れるようになれば、悲しみも吹き飛ばす
また、演技も同時に学ぶので、とっさに笑顔を作ることもできるようになります。よくレッスンで言っているのは、「辛い時こそ笑顔を作れば、辛さもどこかへ飛んでゆく!」偽りのスマイルでも、笑いでも、演技で笑っているうちに、悲しさもバカらしくなってくるのが、人間のよさ。

現代人や現代に生きる子供達にとって。笑顔も、練習や訓練で得るもの、なのかもしれません。ESL Theatre Projectでは、日頃のレッスンでの英語・演技訓練を通して、スマイルの練習も行い。将来、素敵にスマイルができる大人への練習をします。

豊かな人生のために、大人も子供も。今日から、スマイルを心がけて、素敵な毎日を送ってくださいね!

最後に。自宅でできる、笑顔トレーニング。

笑顔筋トレ!!!
「ウイウイウイウイ」できるだけ長く、繰り返します。
英語の発音矯正にもオススメです。

*舞台経験やレッスンを通して、
キッズの将来必要な人間力スキル「スマイル」も学ぶ。

相模大野・オダサガエリア
英語劇ミュージカル・スクール
ESL Theatre Project

2017年の目標。

新年ということで。

2017年。
今年の英語劇ミュージカル・ESL Theatre Projectの目標!

1:舞台稽古で人生力の基礎づくり

・体力づくり
歌って踊るミュージカル公演、
2018年も息切れ激しいナンバーが繰り広げられる予定。

お家でできる体力づくりを日課に。
体、鍛えていきましょう!

・コミュ力UP(特に)笑顔

ミュージカル舞台に必要な笑顔!
歌って踊りながらだと、意外と難しい。

コミュニケーション能力で一番必要な、笑顔!
受験面接にも、社会に出ても使える笑顔!

普通の状態でも、笑顔作りは結構難しい。

今から練習!

・美的感覚と感性力のUP

美しさを知ることは、豊かな人生への第一歩!
舞台芸術を通して、美的感覚、そして感性を学ぼう!

今年は、みんなでミュージカル観劇など企画中!

2:情熱パッションを持つ!

夢中になれることが見つかれば、
それが夢につながり、
世界が広がる!

でも。どうやって見つけよう?

簡単。
それは、
レッスンや稽古に情熱を持って取り組むこと!!!

舞台や芸能関係のお仕事につかなくとも、
舞台稽古は、この先の人生に役立つスキルが詰まった宝箱。

面接で。就活で。お仕事で。家庭で。
豊かな人生の基盤となる宝スキル。
2017年、たくさんの宝をミュージカルレッスンの中で見つけてね!

*舞台経験やレッスンを通して、勉強だけでは学べない
キッズの将来必要な、人間力スキルを学ぶ。

相模大野・オダサガエリアの
英語劇ミュージカル・スクール
ESL Theatre Project