面接オーディション対策・基礎講座始めます!

面接オーディション対策・「基礎」講座

春が近づいてまいりました、代表の杵屋勝之玲(貞苅玲)です。春といえば新生活のスタート!

新しい学校や職場での新生活を始められる方も多いと思いますが、それを勝ち取るために通過するのが「面接」

創立当初よりリクエストが多く、ESL Theatre Projectではお馴染みの面接講座。これからどんどん面接重視の社会へと突入していく時代。

そんな時代に、皆さまのお役に立てればと面接対策の公開講座を定期的に開催することにしました。

過去には。

有名大学に入学したのにもかかわらず、コンビニバイトの面接すら受からない。。。なぜ?

や。

受験間際になってAO入試に転向。さて、勉強は得意だが、面接は苦手。思うように話せない。どうする?

など。

ESL Theatre Projectでは多種多様な学生さんの面接指導をしてきました。

私自身も、小学生時代の児童劇団のオーディションや対策の為の稽古に始まり、アメリカでの舞台やハリウッド映画のオーディション、帰国後の仕事面接やオーディション。

小さい頃からオーディションや面接は、日常の一部になるくらい頻繁に出くわすイベントでした。

若い頃はオーディション対策セミナーも散々受講。舞台用、映画用、コマーシャル用など、仕事内容によって違うテクニックも身につけてきました。

更に。

変わった話ではありますが。俳優としてのスキルを買われて、企業の面接官育成講座の受験者役というお仕事をしたこともあります。

詳しいことは言えませんが、受験者にありそうな状況を演じて、面接官の採用スキルを高める、というお仕事。日に何役もの設定で受験者を演じました。

演出を担当するようになってからは、自分がオーディションをする側に立ち、面接やオーディションの謎も色々解明できました。

芸能関係のオーディションであれ就活であれ、面接は怖いものではありません。

話を冒頭部分に戻しますが。コンビニバイトにすら受からない有名大学の学生さんは、「前髪を切っただけ」で面白いようにバイト面接に次々に合格。

面接苦手でも、自分を作らず、大学入学への思いを心から語ったAO面接は、見事合格。

面接官も人間です。ありのままの自分を出し、お互いの条件がマッチしたら合格です。

しかし。。。

日に何十人、時には何百人も面接する面接官。正直疲れますよね。受験する側もテクニックを知っていないと、ちゃんと見てくれない場合も。

そんな時のために、講座では、面接の基礎テクニックを教えます。

ありのままの自分って何だろう?実際に他人からはどう見られている?癖は?(自分では気づかないが、下を向く癖があったり)スマイルは出来ている?

などなど。

毎月講座を開催して、面接に困っている方々のお力になれたらと思います。

面接やオーディションは、自分のやりたい事や夢を聞いてくれる楽しい場所。

高校受験、大学入試、就活や再就職の面接、オーディションなど。面接の苦手意識を取り除いて、新しい道を開く為のお手伝いができたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

かんたん英語劇で表現コミュニケーション講座「桃太郎」

夏休みの3日間(計3時間)「かんたん英語劇で表現コミュニケーション講座〜桃太郎」を開催いたしました。

2020年から始まる受験改革に伴い、面接の導入、英語ではスピーキングが重要視されるなど、ガラッと変わる受験。紙の上での勉強にプラスして、コミュニケーション力と表現力が必要とされます。

ESL Theatre Projectでは、普段から舞台や芝居の稽古を通して、コミュニケーション力を養うレッスンは行なっていますが。今回は、これからの受験に特化したレッスンを行いました。

1:シアターゲームでウォームアップ(見る・聞く・動く・感じる)

・空間把握能力の向上と感情表現→

ゲームやスマホが遊びの主流となった今、広い場所で大人数で遊ぶ機会も少なくなりました。すると視野も狭くなり、人間同士のコミュニケーションも浅くなり、3次元で物を捉える事もしなくなるため、

・なかなか周りを広く見ることができない。
・ぶつかる、車や自転車に気づかない。距離感がわからない
・感情が浅い、感動しない

などの問題が生じてきます。

舞台(スタジオ)スペースを広く使った、ViewPointと呼ばれるアクティビティーやシアターゲームを通し、空間把握能力と、感情表現力(演技)を高める練習をしました。

2:即興劇とディスカッション〜予測不可能な何かに遭遇する

困難があれば、ゲームやスマホではリセットで終わりですが。昔の子供達は、ごっこ遊びをする事で「予測不可能な何か」に遭遇し、問題解決力コミュニケーション力を高めていました。

即興劇(ごっこ遊び)やディスカッションは、相手の言う事をよく聞く。そして考えて動く。問題があればみんなで解決する。と言う、大人からしてみれば当たり前のことですが、勉強やゲームなどソロ活動ばかりしている新世代の子供達にとって、大事な勉強の一つです。

また、話す・聞くを楽しく遊び感覚で行える為、コミュニケーション教育には最適のツール。高学年はリーダーシップも練習しました。

即興劇の例:
・出会った動物たち、実は「きびだんご」があまり好きではなかった。さあ、どうしたら「きびだんご」を貰ってくれるか。どんな「きびだんご」だったら、貰ってくれるか。

・出会った動物たち。鬼退治には行きたくないと言う。さあ、そうやって説得するか。など。

ディスカッションの例:(例題も子供達が決めました)
・日本のスゴイところ。
・桃太郎はどうして桃の中に入っていたのか?
・桃太郎は、何歳まで生きることができたのか?など。

3:英語劇の練習と芝居を作る〜話す力と表現力

シアターゲームでのウォームアップ、即興劇やディスカッションを行い、最後は英語劇。まずは、英語劇のセリフを暗記して、練習。

その後、桃太郎がどうやって鬼を退治したのか。一緒に連れて行く動物たち(人間)も自分たちで決めて、芝居の後半部分の演出を考えて全員で披露しました。

なんでもありな舞台空間は、子供達の想像力を惜しみなく開花できる魔法の場所。答えの決まった問題ばかり解いていても、これからの社会ではやっていけません。

自分たちでゼロから作り上げる想像力、そしてそれを表現する表現力の練習をしました。

桃太郎はどうなったのか。

英語劇・桃太郎 を見て、確認してくださいね!

まとめ。

勉強だけではなく、より人間らしく豊かな人生を送るために、演劇やドラマ教育は子供たちの救世主になると信じてレッスンを行なっています。

今後も、このような講座を定期的に行う予定です。学校の成績は良いし、テストでも点数は取れるけれども。友達付き合いが苦手。クラスでの発言も苦手。そんなお子さんをお持ちの皆様。

練習すればコミュニケーション力はつくものです。演劇教室としてレッスン行いますので、是非、楽しみにしていてくださいね!

ESL Theatre Project代表〜貞苅玲