とある日の小学生稽古→姿勢を良くする。

演劇寺子屋ESL Theatre Projectの代表で講師で演出家の杵屋勝之玲です。

和劇の稽古では、姿勢や礼儀作法を大切にしています。
ただいま絶賛稽古中です。

最近の子供たち、姿勢が悪いのが目立ちます。

学校の勉強でず〜っと座り、昔と違ってカラダを動かす機会も少なくなった今、それは姿勢悪くなるのは当たり前なのですが、それでは将来損をしてしまいます。

そして。

お家や学校にて
「姿勢を良くしなさい」
といわれても、なかなか難しいのが現状。

更に。

「どーして姿勢を良くしなきゃいけないの???」
「何でなんで?」
との質問に答えられない大人も沢山いるのではないでしょうか。

こんな風に、子どもたち視点からすれば、姿勢を良くする意味が良くわかっていない場合もあります。

そんな時に役に立つのが。

演技の稽古。

例えば分かりやすい例で言えば。

貴族やかっこいい武将、お殿様みたいに歩いて、
というとみんな姿勢をピシッとして歩きます。

次に、夜中、忍び寄る泥棒や大悪党になって歩いて、
というとみんな姿勢を丸めて歩き出します。

基本的なイメージは、ヒーローは姿勢良く、悪は姿勢が悪い。
これは、人間社会でも同じですね。

姿勢を得しただけで、自信ありそうで、楽しそうで、生き生きして素敵な人に見えますよね。

逆に。

姿勢が悪いだけで、本人はそうは思っていなくても、なんか暗そう。。元気がなさそうに見えますよね。

そんなイメージを使って、芝居の稽古をしながら、
素敵な姿勢を訓練しています。

人生、姿勢が良い方が豊かで幸せになれるのですから!!!

写真は、お殿様に西洋より参りし菓子を献上するシーン。

お殿様の前だったら。
何か特別なものを献上する場合だったら。
自分が貴族の子供だったら。

と、演技を入れることにより、自然に姿勢はぐっと良くなります。

また、衣装で着ている浴衣効果も抜群です。
帯があるので、姿勢を良くする感覚がわかりやすい。

姿勢が悪いと
集中力が低下したり。
カラダに負担がかかったり。
良いことはありません。

子供たちは健康に為、と言われてもピンとこないものですが、
演技を入れた練習で、美しい姿勢へと導いてあげられたら!

と。

話劇の稽古に取り組んでいます!

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project 

<小学生クラス>
毎週水曜日 18:00-19:30 
(金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋)

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。

詳しくはホームページにて

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎