とある日の小学生稽古 「外郎売」大きな声の力

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表で、講師で、演出家の杵屋勝之玲です。 

今日は、大きな声の力、について。 

子どもたちに身につけて欲しいスキルのNo1は、ズバリ、大きな声。 

成績がどんなに良かろうが。
資格を沢山持っていようが。 
どんなに素晴らしい意見を持っていようが。 

声が小さければ、 

なかなか聞いてくれない、 
興味を持ってくれない、 

そして何より。 

自信がなさそうに見えますよね〜。 

逆に。 

大きな声で。 「はいっ!」と言えるだけで、 

おっ、元気がありそう! 
勉強も仕事もできそう! 
頼れそう! 

と思いますよね〜。 

そこで最近の問題。。。 

「子どもだから当然大きな声は出るでしょう!」
 と思われがちですが。 

昔みたいに外で遊ぶこともなく、 
学校や塾では黙々と静かに勉強し、 
会話すら少なくなってきている最近は。 

大きな声も練習しないと出せない子たちは沢山います。 

せっかく勉強して知識を積んでも、 
大きな声が出せなくて面接や就活で不合格になったり、

社会人になって仕事ができない人と思われたり、
そんな損をするのは嫌ですよね〜。 


「大きな声」の習得も舞台や芝居の稽古の得意分野! 

子どもたちは、楽しく芝居の稽古をしていると、 
自然と大きな声が出せるようになります。 

ウォームアップでは、歌舞伎の「外郎売」を練習しています。 

俳優訓練やアナウンサーの滑舌訓練にも使われる、 
鉄板の訓練方法ですね。 

これが、小学生や幼稚園生に大人気!!! 

スラスラと覚えて、スピード勝負などして楽しんでいます。 

また、 覚えたら面接時などに、早口言葉の一発芸にも使える優れもの! 

芝居の稽古を通して大きな声!!!習得して、 
自信持って社会に出て夢を叶えて欲しいです!!! 


ちなみに。私、杵屋勝之玲、 声の大きさだけは誰にも負けません。 

おかげさまで。 
話は聞いてもらいやすく、 
元気をもらった!
と よく褒められます!!!(笑) 

大きな声、万歳!!!

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project  

<小学生クラス> 
毎週水曜日 18:00-19:30 
*未就学児は要相談 

<中高生&大人クラス> 
毎週水曜日 19:30-21:00

 (金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋) 

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。 
詳しくはホームページにて 

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
 




 




 




 

とある日のリハーサル風景〜色々な年齢層から互いに学ぶ芝居

演劇寺子屋ESL Theatre Project 代表で講師で演出家の杵屋勝之玲です。

写真は。とある日のリハーサル風景。

令和2年1月25日の相模原南市民ホールでの舞台に向けて、稽古を重ねています。

 

ESL Theatre Projectの特徴は。

ズバリ。

3歳から大人まで、いろいろな年齢層が在籍している事!

 

そもそも社会には、赤ちゃんからおじいちゃままで、いろんな年齢層の人々が暮らしています。

が。

しか〜し!

学校教育を受ける12年ほどは、なかなか縦割りの授業も無く、地域コミュニティーの交流もなく。

同年代の学生さんだけとともに過ごすことが多くなりがち。

一昔前でしたら、

本当に10年くらい前までは、

六年生が小さい子を束ねて外で鬼ごっこしている姿も見られましたが。

今では遊んでいる子すら見かけません。

 

いろいろな年齢層の人々と交流することで、子どもも大人も多くを学びます。

幼い子の面倒を見ることで、弱いものを守ってあげようとか。

子どもたちの方が、断然声が大きい!

どうしたらそんな大きな声が出るの?と思う大人とか。

中高生のお姉さんやお兄さんから学ぶ人生勉強は、リアルで為になる。

とか。

普段は見えない重要な考え方や生き方に、気づくことが沢山あるのですね〜。

 

3歳から大人まで同じ芝居を作ってゆく過程では、チームワークも学び、お互いを支え合い、褒めあって良い環境が生まれています。

しかも。

サッカーやダンスとは違って、レベルも年齢も関係なく一緒に一つの作品を作ることができるのが醍醐味。

子どもは子どもの役。

大人は大人の役。

自分ができる範囲内で共有できるので、年齢がバラバラでも、みんな思う存分演じることができます。

 

演劇は、人生力を養う素晴らしいツール。

と、代表の杵屋勝之玲の母校、玉川学園の創立者、小原國芳先生もおっしゃっています。

また、欧米ではコミュニティーシアターというものが盛んで、地域のいろいろな年齢層の人々が芝居を作って楽しんでいます。

もっと気楽に楽しく、年齢関係なしに芝居ができる環境を作り、豊かな人生の糧になったらと。

稽古をしています!

 

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project 

<小学生クラス>
毎週水曜日 18:00-19:30 

<中高生&大人クラス>
毎週水曜日 19:30-21:00
(金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋)

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。

詳しくはホームページにて

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

 

とある日の稽古風景〜大人編

演劇寺子屋 ESL Theatre Projectでは、

・プロの俳優やパフォーマーを目指す方へ

・舞台の経験を積みたい方へ

・今からでも遅くない、舞台で輝きたい大人やシニアの方へ

演技指導と舞台経験、オーディション対策、そして成功に必要なメンタルトレーニングを行っています。

ちなみに。写真は沖縄のてだこホール。舞台からの眺めが煌びやかで素敵で、私、杵屋勝之玲(貞苅玲)のお気に入りの劇場です。

稽古内容は、年に一度の舞台公演の稽古を軸に、アメリカ大学演劇学科の一般的な演技クラスのカリキュラムをベースに、発声練習や演技の基礎、即興劇や演技テクニックを指導しています。

夢を叶える為には演劇の訓練も大切ですが、本当に大切な事は。

考え方です。

俳優やパフォーマー、それ以外でも成功する人には秘密があります。

努力や外見、才能はもちろん必要ですが、それを超越した一番大切な事は。

「覚悟を決めて。人を喜ばせる為に。とことん楽しむ事ができる事。」

ざっくり言えばそれが成功の秘訣。俳優以外の職業でも全く同じことが言えますね。

いくら容姿端麗で才能が豊富でも、何かのきっかけで仕事もなくなり辞めてしまう人もたくさんいます。本当に勿体無い俳優さんやパフォーマーの方々を、たくさん見てきました。

逆に。才能も容姿もそれほどないのに、なぜか驚くような大活躍をしている方々もたくさん見てきました。

違いは、上記の通り。メンタルや考え方の違いです。欲しいものを手に入れる事ができる人と、できない人。成功する人としない人。二通りいますが、考え方一つで欲しいものを手にいれる事は簡単です。

もちろん努力は必要ですが、日頃の思考や行動パターンを変えるだけで、ぐっと夢に近づく事ができます。

稽古では、演技に加えてメンタルトレーニングも指導しています。

私が在籍していたピッツバーグ大学の演劇学科では、1990年代からこのメンタルトレーニングを俳優訓練の一環として学生たちに教えていました。

2019年の今では、引き寄せの法則やポジティブ思考などといって、すっかりお馴染みですね。

この20年で演技やダンスを学ぶ事ができるスクールや大学、専門学校は、日本にもたくさん増えましたが。なかなかこの「肝」になるメンタル指導までしてくれる場所は少ないかと思い、稽古の一環として導入しています。

脳科学でも心理学でも成功するための色々な方法がありますが、ESL Theatre Projectでは芝居や舞台経験の力を借ります。

「違う誰か」という役になりきって演技をする事で、自分を客観的に見る事が出来るようになる。そうすると、自分のことがよりよく理解できる、成長できる。という流れ。

その為、演技を使ったメンタルトレーニングは成功したいビジネスマンの間でも流行っているそうです。

また、個人の思考パターンや行動力により教授法も変わってくるので、個人稽古をしています。一人一人じっくりと向き合って、自分は自分とじっくり向き合って。そうする事で、夢に一歩一歩近づけてゆきます。

こちらの写真は、毎年舞台公演を行っている相模原南市民ホール。 舞台に立ちたいと強く願う俳優志望の方は、こんな舞台からの眺めを見ているだけで、一歩夢に近づく事ができます。

ピッツバーグ大学の演技クラスの課題で「舞台に立っている自分を想像する」というものがありました。

毎日大学の劇場に行き舞台に立ち、観客でいっぱいになった座席を想像し、最高の演技をしている自分を想像する。というもの。

当時、大学の劇場は勝手に入れたので、毎日劇場で瞑想しました。

おかげさまで私も沢山の舞台に立ち、今でもそれを続ける事ができています。

さらに。俳優目指す方のセルフ・プロモーションの方法や、オーディション対策なども行っています。

詳しくは、面接対策講座をご覧ください。 
http://esltheatreproject.com/archives/news/auditionseminar

一度事務所に入ってしまえば、売り出し方も会社が勝手に決めてくれます。しかし、事務所に入る前には、どう自分を売り込むかは自分で決めなくてはいけません。

また、事務所は選択肢になく、youtuberやフリーランスなど個人で活動したい方はセルフ・プロモーションが必要になります。

要するに、自分の見せ方ですね。

就職活動の面接などにも利用できます。自分をどう魅力的に見せるか。

写真は。違う自分に出会うメイクと撮影講座より。 普段はしないようなメイクやファッションを実験的に試し、潜在能力を引き出すことで、新しい自分を発見。そんな講座も随時行っています。

最後に。

 どんな職業であれ、成功するには努力やスキルやある程度の才能は必要。

でも、成功の秘訣はそれだけではありません。

覚悟を決めて考え方をポジティブに、人のため世のため、自分がとことん楽しんで生きる事。それが大切。

試しに。
「私の人生は最高だあ!!!」と毎朝起きてから3回叫んでください。 それだけで、その日一日、楽しい事が舞い降りてきますよ。

私なんて〜と背中を曲げてしょんぼりしていても何も変わりません。胸を張って上を向いて、夢に向かってポジティブに行動する事で、夢は着実にかなってきます。

どんな夢でも。

芝居や舞台の稽古を通して、一人一人じっくり指導していますので、夢を諦めずに。一緒に夢を叶えてゆきましょうね!

お待ちしています。

日本の文化伝統を英語劇で。

2019年の舞台公演に向けてスタートした企画。

日本の文化伝統を英語劇で学び、舞台で発表!

今まではミュージカルなどを題材にした英語劇を稽古・発表してきましたが、今年からは、いよいよ、私が本当にやりたかった、和もの舞台に挑みます。

その理由は。 日本人が日本を知らなくて、どうする! 今、海外からの観光客の皆様に人気なのが、日本文化の体験。

茶道や着付け、三味線やサムライ体験など。日本文化に興味がある観光客の皆様は、旅行中に日本文化を体験して母国へ帰ります。

そんなジャパンラブな海外の方々がいる中。日本人は、あまりにも日本の事を知らなさすぎる。もう、「日本文化?知らない、、、」じゃ済まされない時代です。

かっこ悪いですよね。

そこで。話を過去に戻します。

20代の頃、ミュージカルが大好きで演劇留学した私を待ち受けていたのは。「歌舞伎のセリフやってみて、クロサワ映画について語ろう、能楽の面って何種類くらいあるの?」などなど。(実際に聞かれた質問です)

当時、日本伝統芸能のことを知らなかった私は。知りません。わかりません。ごめんなさい。を繰り返し、精神はガタ落ち。

さらに。そもそも、自国文化の芸能を知らずに、アメリカで演劇学んでどうするの?日本に帰って、まずは日本の事を勉強するべき。と、バカにされました。

まあ、今考えると当たり前の話です。 が。当時の日本は、まだまだ欧米かぶれ。

ですが、偶然、通っていたピッツバーグ大学には、日本演劇専攻の著名な教授が教鞭を執っていた為、徹底的に日本の伝統芸能を学びました。

その後、ハワイ大学のアジア演劇学科・日本演劇専攻へと進み、本格的に勉強し直しました。日本の伝統芸能を学べば学ぶほど、どうして、今まで日本文化をないがしろにしてきたのだろうと。心から思いました。

そして、同時に、日本人で良かった、日本って凄い国だとも再確認、自分にも自信がつきました。

ここで、話を戻します。

英語が話せる=海外の方々とコミュニケーションが取れる

まず、聞かれるのは、日本について。

私が留学していた当時と違って、今の子供たちは、日本にいながらにして、外国人の方々と接する機会も多く、会社も多国籍の社員さんがいる状況になるでしょう。

そんな時に、「日本の事?よくわからないや」はカッコ悪いですよね。自信も無くしてしまいます。

さらに、日本にいながらにして英語を話す機会がある時、コミュニケーションのきっかけは、日本の話題に集中する事でしょう。

その為の予備知識として、日本の歴史・文化・芸能を盛り込んだ芝居を練習し、さらに英語劇を通して英語のセリフを練習する事で。自然に、英語で日本文化を語れる人材を育成したいのです。

子供達がいきなり能楽堂に行って能を見ても、本を読んでも、なかなか理解は難しいですが、伝統芸能の要素を盛り込んだ芝居を通して、実際に動きながらの練習は、楽しく身になります。

実際、私も英語歌舞伎や英語能・狂言を学び、こんなに面白いんだ!と、留学時代に経験しました。

能・狂言・歌舞伎は、歴史と文学の宝庫。古からのエンタメですから、そもそも楽しいもの。一度、面白いと思えば、子供達は勝手に学びます。

そして、学校の歴史や国語の授業も、また一段と楽しくなるはずです。

さらに、プロの能楽師や歌舞伎俳優から学ぶ、キッズ能楽や歌舞伎講座に参加するのも良いでしょう。最近は、沢山の子供向け講座があります。

という事で。 日本文化と歴史を知る、きっかけとして、和もの英語劇にチャレンジ。伝統芸能のコンテンツとエレメンツを盛り込んだ作品を作ります。

さらに、日本文化を、英語で発信できる人材を育ててゆく! ESL Theatre Project2018年の、挑戦です!

*新規生徒さん募集していますので、 HPをご覧くださいませ!詳細は、こちら。 ↓ 新規生徒さん募集


			

サマーリハ3日目〜「ゲーム感覚で目標達成→大きな成功体験につなげる」

夏休み恒例サマーリハでは、4歳から16歳までが一丸となって、
3日間(計6時間)で7ページの英語劇台本をクリア!
目標達成!

今日のお題は。
「ゲーム感覚で目標達成→大きな成功体験につなげる」
〜3日間のリハーサル・レポート〜

・ESL Theatre Projectの禁句は「無理・出来ない」

人間、「無理」と言った瞬間からチャンスは流れ出します。
逆に、「よし!やるぞ!」と決めて無理にチャレンジしたら、もしそれが成功しなかったとしてもチャンスは広がります。

稽古や舞台を通してそれを知っている子供達は、今回の7ページの台本、しかもほぼ英語という無理難題に対してもやる気満々。誰一人「無理」とは言わずに、黙々と英語のセリフと格闘する3日間。

・ゲーム感覚でクリアしていく目標チャレンジ

人間、どんな些細なことでも目標があったほうが、やる気も出ます。

そこで。何かに取り組む前に必ず目標を決めます。終わった後に「何ができるようになるか」決める。そして、できるようになった自分を想像する。そうする事で、目標達成が楽になります。

例えば。本を読む前に。「この本からはこんな内容の何々を吸収しよう」と予め目標を設定してから読むと、内容が脳にがっつり入ってくる。という心理作戦。講座やセミナー、リハーサルも同じです。

リハでは、まず個人の英語セリフ暗記。そして、個人の演出の動線暗記がファーストステップ。自分との戦いです。

・舞台や芝居は一人では出来ない。

舞台や芝居はチームプレー。いくら自分だけセリフや動線を覚えても完結しません。次の課題は「協力・チームワーク」

また、スポーツと違い「できる事」が年齢に関係ないのが芸術性を必要とされる舞台。ベテランの中学生が苦戦する中、4歳のチビちゃんがしれっとこなしたり。そんな逆転現象が通常営業。

年齢関係なく、全員の呼吸が一つになった時に、良い作品が生まれることを知っているキッズ達は。年齢が上だからと慢心することなく、お互いのできない部分を補いながら、協力してリハーサルに励みました。

・まとめ
最終日は台本を手放し、シーンごとに撮影。

誰かがセリフや動線を覚えていなければNG。やり直し。ただし、他のキャストがカバーした場合はOK!

今回は終わるまで延長戦に持ち込み、全員が「帰れない」という設定もした為、全員真剣。

また、みんなが自然と仲間を思いやり、出来ない箇所を見てあげたり、「集中!」「頑張るよ!」などの声かけをして、部活の青春映画みたいでした。

全部のシーンを撮影し終わった時は、みんな歓喜。

初日の読み合わせの時には、紙の上にだけ存在したセリフの言葉。その言葉が自分や仲間の体を通して、3次元の世界に新しく生まれ出る感覚は。舞台ならではの楽しさ。

学校や塾の勉強ではなかなか味わえない、クリエイティブな作る喜びが得られます。

実際、誰も口にはしませんでしたが、初日に「無理」と思ったキッズも多かったと思います。それでもチャレンジすることでまた一歩、成功へと近づきました。

小さな成功体験はチャンスを広げ、より大きな目標につながる原動力となります。まずは、チャレンジすることが大切。失敗するのも勉強。それを重ねて、成長してもらいたいです。

リハーサルの様子・動画はこちら。

舞台経験やレッスンを通して、
キッズの将来必要な人間力スキルを学ぶ。

相模大野・オダサガエリア
英語劇ミュージカル・スクール

ESL Theatre Project