芝居で学ぶ日本文化 vol.6〜礼儀作法

本日より、芝居で学ぶ、日本文化シリーズを書いてゆきます!

子ども向けの伝統芸能公演やワークショップも増えていますが、
「やっぱり。。。敷居が高い。。。」

と諦めている方に、オススメです。

今日の話題は。
「礼儀作法について」

みなさん。
礼儀作法って、何のためにあるか、ご存知ですか?

よく、ちゃんとしなさい、とか、
姿勢を正しくとか、
お箸はちゃんと持って、こぼさないで、、、
とかお子さんのしつけの時に言いますよね。

それは、何のためですか?
将来、人に馬鹿にされないため?
格式高い場所で、必要だから?
???

答えは。
とっても簡単。

礼儀作法とは。
「相手を思いやる気持ち」

ヨーロッパのテーブルマナーも、
エスコートのお作法も、
日本の礼儀作法も、

全ては、

みんなが気持ちよく快適に過ごせるための
相手を思いやる気持ちです。

相手のことを最優先に考えて行動していれば、
さほど難しいことでもありません。

うるさくしたら、迷惑がかかるだろうなあ。
姿勢が悪くこぼしながら食べたら、汚くなって、不快だろうな。

など。
思いやりの心がちゃんとあれば、自然とそうなるものなのです。

でも。
子どもにとっては、なかなか、これが難しい。
だからこそ、型から学ぶのが、日本の礼儀作法。

例えば、座礼。
稽古の最初と最後には、
綺麗に正座して、お辞儀をする。

お辞儀の型があるので、
気持ちがついてこなくても、
何となく礼儀正しく見えます。

そして、稽古を繰り返しているうちに、
自然と美しい座礼が身につき、

それができるようになると、
自然とココロが伴ってくるのです。

更に、お芝居を通して、たくさんの型を学んでゆきます。
例えば。
「正座をして、プレゼントを渡す。」

この型をなんども繰り返していると、
自然とスマイルで、相手に喜んでもらえるような演技ができるようになり、
それが、実生活でもできるようになります。

礼儀作法は、人を思いやる気持ち。
芝居を通して学べる、日本の伝統文化です。


演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 
是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.10〜まとめ

教育演劇は凄い!シリーズ。
〜まとめ〜

幼少期に、劇団いろはや玉川学園の演劇教育で学んだ事を、
演劇寺子屋に生かしている杵家勝之玲です。

正直、学校や塾で学んだいわゆる「お勉強」は、
あまり記憶にありません。

大人になって、社会に出て、
本当に役に立ったことは、

芝居の稽古や、子役としてのお仕事の現場にて、
学んだことでした。

本当に簡単なことなのですよ。
・自分を信じる。
・誰にでも優しくする(いつもスマイル!)
・協力する。
などなど。

壁にぶち当たった時にふと考えるのは。
人生の基本的な事が、本当に大切。

でも、この基本的な事が、
えらく難しいのです。。。

最近。

知識だけはたくさんあるのに、
頭ではわかっているのに、
どうしたらよいかわからない、

そんな子どもたち(大人たち)が沢山。

相談する場所もなくて孤独だったり、
楽しい事をしちゃいけない、
そんな風潮もまだ残っていたりと。

ネットやAIで知識はいくらでもあるのに、
困っている方が沢山いるこの社会。

だからこそ。
芝居を通して楽しく笑いながら、

自分の得意を活かしてあげられる居場所を作って、

なおかつ社会に出てから役立つ基本を、
一緒に学んで行ける寺子屋を目指しています。

基本の習得には時間がかかります。
アタマでわかっていても、
カラダとココロに浸透するまでに
時間がかかります。

稽古を通して、
日々精進!

教育演劇の力は凄い! 

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表 
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.9~みんな天才→自己肯定感を学ぶ

みんな、天才!自己肯定感を学ぶ
教育演劇で学べること。

芝居の世界には、
競争がありません!!!

主役が偉いとか、
誰が一番とか、
そんなものは、存在しません。

役者さんや、裏方さん、
舞台監督さんや、美術さん、
プロデューサーさんや広報さん。

それぞれのプロが集まって、
自分の得意技を生かして、
みんなが一つの芝居成功の為に、

尽力します。

まさに、ラグビーのポジションに似ています。
そして、ワンチーム!!!

演劇寺子屋では。
ダンスが得意な子はダンスをメインに。
セリフが得意な子はセリフをメインに。

人前に出るのはあまり得意ではないけど、
クリエイティブな意見を出したり、
裏方手伝ったりが好き!

という子も、ちゃんと役割があって、活躍しています。

人はみんな、天才。
絶対に何か、得意なことがあります。

そんな、天才を生かせるのが、教育演劇や芝居の世界。

自分の好きを任されるから、
自分が得意な分野で活躍できるから、
自己肯定感がUPします。

自己肯定感がUPすると、
自分に自信がついてきます。

そして、学校でも社会でも、前進してゆけます。

勉強ができても、自己肯定感が低ければ、
「ふ〜む、私には無理。。。」
「出来ない。。。」
「怒られたらどうしよう。。。」

なんて感情に押しつぶされて、
生きづらくなりますよね。

誰でも天才を生かせる、それが教育演劇!

教育演劇の力は凄い! 

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表 
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.5〜自分から逃げない精神を作る

自分から逃げられない〜それが舞台〜教育演劇で学べること

最近、「や〜めた」と鬼ごっこの鬼を辞めてしまう子がいます。
鬼ごっこなら良いのですが、
自分の人生からは、

死ぬまで逃げられません。

自分の人生から逃げていると。
一瞬は楽になりますが、
結局いつも逃げて、逃げて、逃げて、
最終的に成功はつかめません。

そんな時に役に立つのが、舞台の経験。
キャスト全員がそれぞれの役柄を分担して、
協力して作る舞台。
ひとりが欠けたら代わりはいません。
ひとりが休んでも、芝居が成り立ちません。

要するに。
1年間の舞台稽古の間は、
自分の役からは逃げられないのです。

そんな「逃げられない」経験を繰り返していると。

周りに迷惑をかけないようにお休みもしなくなり、
自分にしか出来ない役に誇りを持って、
逃げない自分を作ることができます。

教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.4〜コミュ力UP

芝居の力で、コミュ力Up!教育演劇で学べること

コミュニケーション力の低下が話題になる昨今。
コミュ力がないと、就活面接も受からない、
社会に出て仕事もできず苦労する。。。

じゃあ、どうしたら良いの?

そもそも、ネットや社会環境の変化で、
子供時代にコミュニケーションを取る機会が減っています。

核家族化でお節介な親戚も少なくなり、
地域イベントも減少し、
近所のおばちゃんも消滅状態、
SNSで会話したら寂しくもないし、
学校では黙っていてもテストの点だけ良ければ、まあOK

要するに、
コミュニケーションを経験する場所がないのです。
 
そんな時に役に立つのが、芝居や演技の稽古。

芝居は一人では出来ません。
現実ではない虚構の世界にて、
セリフのキャッチボールを繰り返すと、
傷つくこともなく、
失敗することもなく、
安全に、コミュニケーションの訓練ができます。

そんな芝居稽古を繰り返していれば、
日常生活のコミュニケーションに自信が持てるようになります。

教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.3〜なんとかなるを学べる

大丈夫、なんとかなるを学べる、教育演劇

「なんとかなる!」
は世界一すごい魔法の言葉、
と、
納税日本一で有名な斎藤ひとりさんのお弟子さん、
宮本真由美さんが世界に広めています。

まさに。
人生、壁につまづいても、なんとかなるものです。
ならなかったら、とっくに世界は滅びています。

でも、いつも心配。。。
なんとかならなかったら。。。どうしよう。

そんな事ばかり考えている時に役に立つのが、
舞台経験。

一度舞台に上がってしまえば、
セリフを忘れようが、どんな奇怪な事件が起ころうが、
なんとかしなくちゃいけない。

だから、トラブルはつきものの舞台では、
舞台に関わるチーム一丸となって、
なんとか切り抜けようとします。

そして。いつでもなんとかなります。
舞台の緊張感と集中力があれば、
いつでも大丈夫、切り抜けられるのです。

すると、日常生活でも、
大丈夫、なんとかなる!が普通になります。

ベテラン稽古生はいつも言ってます。
まあ、大丈夫でしょ、なんとかなるでしょ。
 
教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.2〜大きな声

大きな声で、成功をつかむ! 
教育演劇で学べること

成功している人は、声が大きい!
らしいです。

稽古生の小学生に「なんでだろう?」と聞くと。
「大きな声には説得力がある」
「信頼できる、自信がありそう」
「リーダーは大きな声じゃなきゃ、ダメでしょ」

などなど。
ごもっともな答え。

そうです。
大きな声が出せるだけで、
イジメられにくくなったり、
信頼度が増したり、
友達も増えるかも!
 
そんな時に役に立つのが、 発声練習と芝居の稽古。

大きな声は稽古を重ねれば、誰でも出来ます。
何故なら、赤ちゃんの時に私たちは、
既に巨大な鳴き声でママを困らせていたからです!(笑)

更に。最近あまり見かけませんが、
公園で楽しそうに遊んでいる子供達の声は、
凄まじく大きいです!!!

なかなか大声を出す場所はないかもしれませんが。

基礎稽古では、
みんなで一緒に楽しく発声練習しています。

有名な「あえいうえおあお」だけじゃ、ないですよお。

また、客席のお客さんに聞こえるように、
と目標もあれば、
自然に大きな声になります。
教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!