英語劇ミュージカル・ESL Theatre Project

夏祭り

ステージ経験は、成功体験への人生勉強。

ESL Theatre Projectダンス部並びにレッスン生&卒業生。祭りのステージに参加しました!

そこで、今日のお題は。

 

舞台やステージでの経験は、発表の結果ではなく、その場の体験がとっても重要。成功も失敗も、実力を伸ばすためのチャンス!

 

・緊張する→その緊張とどう付き合うか自分で学ぶ

・怖い・失敗したらどうしよう→とにかくやってみる!勇気をだす

・そして、やり遂げた!→成功体験へ

・失敗した→それでも褒めてあげると次のチャレンジに繋がる

 

まずは失敗の話から。

練習ではできたのに、本番でいつも失敗する。という声をよく聞きます。本番で実力発揮するには、とにかく「成功体験」に到達するまで、ひたすら経験を積むこと。

そして、まずは失敗を恐れないこと。

人生には「やるか」「やらないか」その2択しかありません。やってみなきゃ、そもそも成功に繋がりませんし、やらない選択は、人生のチャンスを狭めます。そもそもリスクフリーな子供時代に失敗をしない事は、学ばないのと同じ。

その為には、失敗した時も保護者の方は褒めてあげてくださいね。

日本の教師や親御さんは、少々厳しい感じがします。私、貞苅玲がアメリカに演劇留学をしていた時、子供がステージや試合などでどんなに失敗しても、親はグッジョブとかなり褒めていて。褒められたことがあまりなかった私は、本当に驚きました。

また、非常に厳しかった演技クラスの先生方も、少しでも良くなった点があれば、厳しさに反比例してとことん褒めてくれました。

当時は、とても不思議でしたが、いまになってその理由がよくわかります。失敗したのは自分が一番よくわかっていて、相当凹んでいるわけで。でも、親や教師が褒めてくれたら、励みになりますし、次も頑張ろうと勇気が湧いてくるのです。

結果はどうであれ、チャレンジしたこと、体験したことに対して褒めてあげることで、「よしっ!次回はもっと頑張らなくちゃ!」と、相当量のやる気が出ます。これは、成功体験に近づくための、近道。

やることを決め、失敗しても経験を重ねていけば、いずれ成功体験につながります。

成功体験は「次もきっとうまくやれるはず!」という力が湧いてきて、一歩踏み出す勇気につながります。そうすれば、恐れることなく、自分のコンフォートゾーンを抜けて、色々なことにチャレンジ出来る。

失敗してもいいじゃん!勉強だから。って気になれたら、「やらない」という選択をしなくなり、目の前に広がるチャンスは無限に広がってゆく。

それが、成功への道。

このような外部イベント参加は、発表の内容というよりも、人生勉強の一つ。

これからも、イベント参加機会をたくさん作るますので、どんどん参加して、豊かな人生を歩むきっかけにしてもらいたいです。

*部活動について。
ESL Theatre Projectでは、スクールレッスンとは別に部活動も推進しています。学校の部活同様、高校生以上のプロダクションクラス在籍メンバーが部長となり、運営、指導。

学校の部活と仕組みは同じですが、小規模のグループにて、リーダーシップや責任感、仲間とのコミュニケーションを学び、社会に出た時に役立てて欲しいと、始めました。

ちなみに。勉強部(通称・寺子屋)もあり、高校生や先輩たちが、わからないところを教えるという、お金のかからない塾がわりに使ってもらっています。

地域のイベント参加は、絶好のコミュニケーション力UPのチャンス!

関東地方は梅雨明け、夏到来!ということで、来週は、ESL Theatre Projectメンバーとダンス部による、地元の夏祭りステージ出演があります。

地域のイベント参加は、絶好のコミュニケーション力UPのチャンス!

今日は、塾や学校では学べない、地域イベント参加で中高生が学べることについて、お話しします。

塾や勉強優先。という流れが定着して、中高生が地域のイベントにお手伝いとして参加することは少なくなってきました。

塾や勉強も大事ですが、そればかりでは頭の硬い、偏った人間になってしまいます。核家族で、さらにネットが普及した今、子供達の人との関わりも減り、会話も少なくなってきています。特に、注意してくれるオバちゃんもいないこの時代、年齢や世代を超えたコミュニケーションは、待っていてもやってこない時代です。

そこでオススメなのが、地域イベント。参加やお手伝いを通して学べる事は沢山。

・面接や就活に役立つ、自己紹介を通した自己表現が身につく。

・お手伝いを通し、社会で生かせる想像力と即興力を身につく。

地域の知らない方々と交流することで、まず最初に必要なことは。自己紹介。学校の成績が良くても、面接の自己アピール、バイトのプロフィールが書けない、という学生さんは少なくありません。

理由を聞いてみると、テストや受験では、「自分についての設問はない」との答え。なるほど納得。

勉強ばかりで人との交流がない学生さんは、まず人と交わることで自己紹介をたくさんすること。自分が誰なのか、何をしているのか、を話す機会が多くなれば、自然と自己アピールもできるようになります。

次に。お手伝い。正解が決まっている設問に向き合っているだけでは、想像力や即興力は働きません。ですが、社会でもっとも必要なのは、この二つ。色々なクライアントさんや上司と、柔軟な対応ができなければ、仕事もできません。

イベントのお手伝いを通して、リスクフリーな環境でプチ社会人体験をすることができます。また、お祭りなどでは、接客や社会人マナーなど、大人の方々に色々と教えてもらうこともできます。

学校や塾では学べない、生きる力がたくさん詰まった地域のイベント。是非、皆様も参加して、将来に備えてくださいね!

*昨年、お祭りステージ&お手伝いに参加した生徒さんの声

・中学生の佐々木くる美
お祭りステージでのMC体験を通して、子供からおじいちゃんまで、どうしたらわかりやすく伝えることができるか、考えることができました。

・高校生の今日さきら(ダンス部部長として)
大学生のよさこいチームと交流することで、大人のリーダーシップを学ぶことができました。また、ブースでの質疑応答では、わからないこともたくさんありましたが、試行錯誤して自分で解決できました。