芝居で学ぶ日本文化vol.7〜まずは、体験学習から

伝統芸能や日本文化を学ばせたいけど、、、
敷居が高い。。。

と思われている親御さん向けに、
「芝居で学ぶ日本文化」ブログを発信しています。

演劇寺子屋では、
「和劇」の芝居稽古をしています。

和劇とは?

能狂言や、歌舞伎や日本舞踊の演目をベースに、
ところどころ伝統芸能の台詞や演出を織り交ぜながら、

子どもや中高生さんたちにもわかりやすいように、
現代風にアレンジして面白くしたお芝居です。

私、杵屋勝之玲が作った造語なのですが、
伝統芸能に興味を持つきっかけには、ぴったりの演目。

いきなり能楽の舞台に行っても、
知識がないと。。。
多分。。。
つまらない。。。

ワークショップとかも色々あるけど、、、
興味が湧くか心配。。。

そんな方へ。

和劇の稽古を通して、
ストーリーを知っていたり、
自分で有名な役柄を体験してみると、
グッとその面白さに引き込まれるのです。

令和2年1月25日(土)の舞台では、
能楽の「羅生門」
狂言の「靭猿」が登場します。

650年前から続く日本の伝統が、
実際に自分が演じることにより、
とっても身近な存在に。

一度興味を持った子供達は、
ネット検索でどんどん自ら学んでゆきます。

歴史や古典文学が好きになってゆく子も多いです。

演劇寺子屋で学んだあとは、
是非、
子ども向けの本格古典芸能舞台やワークショップに参加してもらいたい!

そこへ繋がるための、
通過地点になれば、と思っています。

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵屋勝之玲でした。


演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.10〜まとめ

教育演劇は凄い!シリーズ。
〜まとめ〜

幼少期に、劇団いろはや玉川学園の演劇教育で学んだ事を、
演劇寺子屋に生かしている杵家勝之玲です。

正直、学校や塾で学んだいわゆる「お勉強」は、
あまり記憶にありません。

大人になって、社会に出て、
本当に役に立ったことは、

芝居の稽古や、子役としてのお仕事の現場にて、
学んだことでした。

本当に簡単なことなのですよ。
・自分を信じる。
・誰にでも優しくする(いつもスマイル!)
・協力する。
などなど。

壁にぶち当たった時にふと考えるのは。
人生の基本的な事が、本当に大切。

でも、この基本的な事が、
えらく難しいのです。。。

最近。

知識だけはたくさんあるのに、
頭ではわかっているのに、
どうしたらよいかわからない、

そんな子どもたち(大人たち)が沢山。

相談する場所もなくて孤独だったり、
楽しい事をしちゃいけない、
そんな風潮もまだ残っていたりと。

ネットやAIで知識はいくらでもあるのに、
困っている方が沢山いるこの社会。

だからこそ。
芝居を通して楽しく笑いながら、

自分の得意を活かしてあげられる居場所を作って、

なおかつ社会に出てから役立つ基本を、
一緒に学んで行ける寺子屋を目指しています。

基本の習得には時間がかかります。
アタマでわかっていても、
カラダとココロに浸透するまでに
時間がかかります。

稽古を通して、
日々精進!

教育演劇の力は凄い! 

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表 
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.9~みんな天才→自己肯定感を学ぶ

みんな、天才!自己肯定感を学ぶ
教育演劇で学べること。

芝居の世界には、
競争がありません!!!

主役が偉いとか、
誰が一番とか、
そんなものは、存在しません。

役者さんや、裏方さん、
舞台監督さんや、美術さん、
プロデューサーさんや広報さん。

それぞれのプロが集まって、
自分の得意技を生かして、
みんなが一つの芝居成功の為に、

尽力します。

まさに、ラグビーのポジションに似ています。
そして、ワンチーム!!!

演劇寺子屋では。
ダンスが得意な子はダンスをメインに。
セリフが得意な子はセリフをメインに。

人前に出るのはあまり得意ではないけど、
クリエイティブな意見を出したり、
裏方手伝ったりが好き!

という子も、ちゃんと役割があって、活躍しています。

人はみんな、天才。
絶対に何か、得意なことがあります。

そんな、天才を生かせるのが、教育演劇や芝居の世界。

自分の好きを任されるから、
自分が得意な分野で活躍できるから、
自己肯定感がUPします。

自己肯定感がUPすると、
自分に自信がついてきます。

そして、学校でも社会でも、前進してゆけます。

勉強ができても、自己肯定感が低ければ、
「ふ〜む、私には無理。。。」
「出来ない。。。」
「怒られたらどうしよう。。。」

なんて感情に押しつぶされて、
生きづらくなりますよね。

誰でも天才を生かせる、それが教育演劇!

教育演劇の力は凄い! 

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表 
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.8〜人と違っていいんだ!

人と違っていいんだ!と思える
教育演劇で学べること

芝居の世界では、
決まって主役は一風変わったおかしな人です。
当たり前ですが、
人と違うおかしな人だから、主役なんです。

ある程度、個性が認められてきた現代日本ですが、
まだまだ人と違う事をしていると、

みんなと違う、
どうして同じじゃないんだ!
と、非難されることが大半です。
そんな事で、悩んでいる子どももたくさんいます。

芝居の世界では、主役の座を狙って、
みんなが「人と違ったおかしな人」になりたがるのにね。

芝居の世界で色々な役柄を演じていると、
人と違う事は、素晴らしい事だと気づきます。

なぜなら、色々なキャラクターの役柄がいて、
人と違う事こそ、その人の個性や強みだと気づくからです。

小説などの本を読んでも同じような感覚にはなりますが、
実際にその役柄を体験すると、
よりリアルに、違うことが素晴らしいと感じることができます。

ちなみに。
成功している人は、人と違っているから成功したのですよ。
みんなと同じ事をしていても、
その他大勢になってしまいますからね。

人間はそれぞれ、違っていいと体感できるのが教育演劇。

教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.7〜自分が好きになる

芝居の稽古を重ねると、自分のことが好きになる、
教育演劇で学べること

小さい頃、自分が嫌いだった杵屋勝之玲は、
ある日、違う誰かになれる芝居に夢中になりました。

芝居の世界では、
金髪の外国人にもなれるし、
強くてみんなから好かれる、
憧れの少女になることもできました。

芝居の稽古を重ねていったら、
嫌な役にも当たりました。

そんな時は、自分の方がマシ、
実は、私って凄い?
と、思い始めました。

そうこうしているうちに。
演じることで強くなれるなら、
本当の自分も強くなれるはず!
と思い始め、だんだん強くなれました。

そして、やがてそんな自分が、
好きになりました。

芝居の稽古で色々な役柄を経験するうちに、
だんだんと自分に自信がつき、自分が好きになります。

自分を好きになれば、
人も好きになれます、
そして、人からも好かれるようになります。

そうしたら、人生、楽に楽しく生きられるようになります。

教育演劇で学べること。
自分を好きになること。

教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.6〜表現力は一生の宝

表現力が豊かなら、色々うまく行く!を学べる教育演劇

想像して見てください。
あなたが誰かにプレゼントをあげたとします。

もらった相手の反応が、
無表情でボソボソっと「ありがとう」

と言われるのと

めちゃくちゃ笑顔で大きな声で「ありがとう!」

と言われるのと

どちらが嬉しいですか?
ちなみに、心の中ではどちらも同じ嬉しい気持ちです。

相手の心の中がどうであれ、それは見えないのですから、
それはもちろん、
笑顔で大きな声でありがとうですよね。
これが、表現力の差。

豊かな表現力があれば、
大抵のことはうまく行きます。

現代社会では、表現することが苦手な子どもはたくさんいます。
嬉しいと思っても顔に出せない、
悲しいと思っても人に伝わらない、
そんなチグハグな状態だと、
色々な勘違いをされて、生きづらくなります。

そんな時に役に立つのが、演技の力。

見えない心を、表現の力を借りて外に出せるようになります。

教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.4〜コミュ力UP

芝居の力で、コミュ力Up!教育演劇で学べること

コミュニケーション力の低下が話題になる昨今。
コミュ力がないと、就活面接も受からない、
社会に出て仕事もできず苦労する。。。

じゃあ、どうしたら良いの?

そもそも、ネットや社会環境の変化で、
子供時代にコミュニケーションを取る機会が減っています。

核家族化でお節介な親戚も少なくなり、
地域イベントも減少し、
近所のおばちゃんも消滅状態、
SNSで会話したら寂しくもないし、
学校では黙っていてもテストの点だけ良ければ、まあOK

要するに、
コミュニケーションを経験する場所がないのです。
 
そんな時に役に立つのが、芝居や演技の稽古。

芝居は一人では出来ません。
現実ではない虚構の世界にて、
セリフのキャッチボールを繰り返すと、
傷つくこともなく、
失敗することもなく、
安全に、コミュニケーションの訓練ができます。

そんな芝居稽古を繰り返していれば、
日常生活のコミュニケーションに自信が持てるようになります。

教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.3〜なんとかなるを学べる

大丈夫、なんとかなるを学べる、教育演劇

「なんとかなる!」
は世界一すごい魔法の言葉、
と、
納税日本一で有名な斎藤ひとりさんのお弟子さん、
宮本真由美さんが世界に広めています。

まさに。
人生、壁につまづいても、なんとかなるものです。
ならなかったら、とっくに世界は滅びています。

でも、いつも心配。。。
なんとかならなかったら。。。どうしよう。

そんな事ばかり考えている時に役に立つのが、
舞台経験。

一度舞台に上がってしまえば、
セリフを忘れようが、どんな奇怪な事件が起ころうが、
なんとかしなくちゃいけない。

だから、トラブルはつきものの舞台では、
舞台に関わるチーム一丸となって、
なんとか切り抜けようとします。

そして。いつでもなんとかなります。
舞台の緊張感と集中力があれば、
いつでも大丈夫、切り抜けられるのです。

すると、日常生活でも、
大丈夫、なんとかなる!が普通になります。

ベテラン稽古生はいつも言ってます。
まあ、大丈夫でしょ、なんとかなるでしょ。
 
教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.2〜大きな声

大きな声で、成功をつかむ! 
教育演劇で学べること

成功している人は、声が大きい!
らしいです。

稽古生の小学生に「なんでだろう?」と聞くと。
「大きな声には説得力がある」
「信頼できる、自信がありそう」
「リーダーは大きな声じゃなきゃ、ダメでしょ」

などなど。
ごもっともな答え。

そうです。
大きな声が出せるだけで、
イジメられにくくなったり、
信頼度が増したり、
友達も増えるかも!
 
そんな時に役に立つのが、 発声練習と芝居の稽古。

大きな声は稽古を重ねれば、誰でも出来ます。
何故なら、赤ちゃんの時に私たちは、
既に巨大な鳴き声でママを困らせていたからです!(笑)

更に。最近あまり見かけませんが、
公園で楽しそうに遊んでいる子供達の声は、
凄まじく大きいです!!!

なかなか大声を出す場所はないかもしれませんが。

基礎稽古では、
みんなで一緒に楽しく発声練習しています。

有名な「あえいうえおあお」だけじゃ、ないですよお。

また、客席のお客さんに聞こえるように、
と目標もあれば、
自然に大きな声になります。
教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.1〜人間関係を学ぶ

「役になりきり疑似体験」で、人間関係の謎を解く
教育演劇で学べること

悩みのネタで一番か二番目に多いのは。
大人も子供も、
人間関係ではないでしょうか?

思っていることが伝わらない。
相手の気持ちがよくわからない。

などなど。
更に、受け身の学校教育や塾では、
お勉強は教えてくれても、
人間関係の解決法までは、教えてくれません。

好きとか嫌とか、伝えることが下手だったり、
お友達の考えていることがわからなかったりしたら、
学校でもなかなか辛いもの
そんな時に役に立つのが、
芝居の疑似体験。

例えば、普段はどちらかというとイジメるタイプの子が、
イジメられる体験をすることで、
相手の気持ちがよくわかる。

さらに、お芝居はニセモノなので、
心が傷つくことなく、
安全に人の気持ちを知ることができる。

なんども稽古を繰り返すことで、
「なるほど〜」と自分で理解できるから、
ココロとカラダで理解するから、
実際の人間関係に活かせる!!!

教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

サマーリハ2日目〜視覚・聴覚・体感覚、どれが優位?

毎年恒例のサマーリハーサル2日目。

今日の目標は。
「セリフと動線の暗記」

そこで、今日のお題は。
「視覚・聴覚・体感覚のバランスが取れた教育がもうすぐ始まる!」
〜教育演劇やドラマ教育は、3つのバランスを上手に育むツール〜

誰でも視覚・聴覚・体感覚は持っていますが、個人差により、優位な項目が違うそうです。例えば。見て覚えることが得意な子は視覚優位な子。

偏差値教育も終焉に向かい、2020年以降、いよいよ本気の教育改革が行われます。机に座り答案用紙の紙に向き合い、ガリガリ鉛筆で書いていく→視覚型。

この行為にプラスして、面接では、話す聞くコミュニケーションに、動くという行為→聴覚型・体感型も重要になってきます。

・従来の勉強、塾、受験→視覚、聴覚重視
聞き、黒板を書き写し、ノートに書き、テストも書くことで点数が得られるので、聴覚・視覚重視型(聞く・見ることで頭に入ってくる)の勉強と言えます。

テストは完全に視覚重視なので、視覚優位型の子供達は、比較的受験勉強に向いていると、私は考えます。

逆に、体感覚が優位な子供達には、かなり辛いのが受験。頑張ってもなかなか点数が取れない、などの障害も多いかと思われます。

・これからの勉強、アクティブラーニング・面接など→聴覚、体感覚重視
話す・聞くがメインのグループディスカッションは、聴覚型。また机を捨て、自由に動き回る形の教育は体感覚重視と言えます(動きや体の感覚で学ぶ)。

ということで、これからは、聴覚や体感覚が優位な子供にも、チャンス到来!
逆に、今まで成績が良かった視覚優位型の子供達にも、新しく「面接」という
聴覚・体感覚を判断されるチャレンジ課題が課されます。

そこで、教育演劇やドラマ教育が、最近ホットな教育法。3つの分野、バランスよく身につける方法を学ぶことができます。実際、子供達とお芝居や舞台を作っていると、子供達の得意分野が手に取るようにわかります。

・視覚優位型→台本があれば、すぐに台本暗記ができる。逆に、台本がないと覚えられない。

・聴覚優位型→台本がなくても、聞けばセリフを覚える事ができる。逆に、台本を渡しただけでは、なかなか覚えられない。

・体感覚優位型→ダンスの振り付け、歌、演出の立ち位置動線はすぐに覚える。逆に、セリフは苦手だったりする。

スポーツはできるけど、読み書きが苦手。逆に、テストの点数はいいのだけれども、発言ができない。など。みなさんのお子さんにも当てはまる項目があるかとは思います。優位なカテゴリーはあまり変化しないそうですが、バランスを取ることは可能だそうです。

演劇の練習では、3つのすべてのカテゴリーを満遍なく網羅した力が必要になる為、稽古を重ねていると、バランスがよくなるのがわかります。優位を生かし、苦手を克服する良い機会です。

また、この3つの感覚のバランスがよくなると、頭でっかちから、能とカラダが統一して、動けるようになってきます。

ということで。2日目のリハーサルは。台本片手に、動きながらセリフ練習、視覚・聴覚・体感覚をフル活動しての稽古でした。

明日は3日目。最終日。舞台に向けて、稽古に励みます。

追記。みなさんも是非、どの項目が優位か、試して見てください!

あなたはどのタイプ?

 

舞台経験やレッスンを通して、
キッズの将来必要な人間力スキルを学ぶ。
相模大野・オダサガエリア

英語劇ミュージカル・スクール
ESL Theatre Project