英語劇ミュージカル・ESL Theatre Project

コミュニケーション

表現力を高める演劇レッスン

演技練習〜悲しみの表現より。

「感情表現を豊かにして、コミュニケーション力をUP」

最近、感情表現が苦手な子どもが増えてると聞きました。

感情表現が上手くできないと。

・お友達や先生に上手く意思が伝わらない。
・すると、自分も相手もお互いに何を考えているのかわからなく不安になる。
・結果、ごたごたが起こる。

3歳から小学1年生程度の子どもたちのレッスンにて、頻繁に遭遇するパターンは。

A:遊ぼうと思って、よくある「おふざけ行為」をする
B:気に入らないが「嫌だからやめて」という表現が出来ない
A:相手は楽しませようとしているので、おふざけ行為を続ける
B:突然泣き出す。
A:遊んでただけなのに?どうして泣くの?わからない。困惑。

しかも、Aちゃんはよくわからないまま先生に叱られ、Bちゃんのせいで叱られた、と怒り出す。 というケースによく遭遇します。

ここでは、Bちゃんが一言。「嫌だからやめて」もしくは「悲しい表現」などをすれば、問題は回避。

しかし、表現力がない場合は、なかなか言い出せなかったりもするんですね。

すぐにキレる子どもが増えているのも、感情表現が乏しくなっているからだと思います。

ちょっとした表現力。されど、人間社会で生きてゆくには大切な、表現力

昔の子どもは遊びから自然に学んでいた事。しかし、現代の遊びの主流であるゲームやスマホ相手に感情表現は必要ない為。当然、感情表現をする場所や機会も減ってきています。

感情表現はもしかしたら今後は、「学ばないといけない」項目になるのかもしれませんね。

ESL Theatre Projectでは、英語劇や演劇のレッスンを通して、豊かな感情表現を疑似体験します。

そうすることで。

「あ、こういう状況の時は、このように表現すればいいんだ」

と学ぶことができます。 相手の気持ちも理解できるようになる為、思いやりの心も同時に育むことができる。

演劇は、素晴らしい教育ツールです。 感情表現が苦手なお子さんを持つ親御さんは、ぜひ、演劇ワークショップなどに参加してはいかがですか?

舞台経験やレッスンを通して、 将来必要な人間力を学ぶ。
英語劇ミュージカル・スクール
ESL Theatre Project

*表現・コミュニケーション力UPできるアンサンブルクラス(基礎クラス)は、随時生徒さん募集中。

詳しくは、こちらのページで。

かんたん英語劇で表現コミュニケーション講座「桃太郎」

夏休みの3日間(計3時間)「かんたん英語劇で表現コミュニケーション講座〜桃太郎」を開催いたしました。

2020年から始まる受験改革に伴い、面接の導入、英語ではスピーキングが重要視されるなど、ガラッと変わる受験。紙の上での勉強にプラスして、コミュニケーション力と表現力が必要とされます。

ESL Theatre Projectでは、普段から舞台や芝居の稽古を通して、コミュニケーション力を養うレッスンは行なっていますが。今回は、これからの受験に特化したレッスンを行いました。

1:シアターゲームでウォームアップ(見る・聞く・動く・感じる)

・空間把握能力の向上と感情表現→

ゲームやスマホが遊びの主流となった今、広い場所で大人数で遊ぶ機会も少なくなりました。すると視野も狭くなり、人間同士のコミュニケーションも浅くなり、3次元で物を捉える事もしなくなるため、

・なかなか周りを広く見ることができない。
・ぶつかる、車や自転車に気づかない。距離感がわからない
・感情が浅い、感動しない

などの問題が生じてきます。

舞台(スタジオ)スペースを広く使った、ViewPointと呼ばれるアクティビティーやシアターゲームを通し、空間把握能力と、感情表現力(演技)を高める練習をしました。

2:即興劇とディスカッション〜予測不可能な何かに遭遇する

困難があれば、ゲームやスマホではリセットで終わりですが。昔の子供達は、ごっこ遊びをする事で「予測不可能な何か」に遭遇し、問題解決力コミュニケーション力を高めていました。

即興劇(ごっこ遊び)やディスカッションは、相手の言う事をよく聞く。そして考えて動く。問題があればみんなで解決する。と言う、大人からしてみれば当たり前のことですが、勉強やゲームなどソロ活動ばかりしている新世代の子供達にとって、大事な勉強の一つです。

また、話す・聞くを楽しく遊び感覚で行える為、コミュニケーション教育には最適のツール。高学年はリーダーシップも練習しました。

即興劇の例:
・出会った動物たち、実は「きびだんご」があまり好きではなかった。さあ、どうしたら「きびだんご」を貰ってくれるか。どんな「きびだんご」だったら、貰ってくれるか。

・出会った動物たち。鬼退治には行きたくないと言う。さあ、そうやって説得するか。など。

ディスカッションの例:(例題も子供達が決めました)
・日本のスゴイところ。
・桃太郎はどうして桃の中に入っていたのか?
・桃太郎は、何歳まで生きることができたのか?など。

3:英語劇の練習と芝居を作る〜話す力と表現力

シアターゲームでのウォームアップ、即興劇やディスカッションを行い、最後は英語劇。まずは、英語劇のセリフを暗記して、練習。

その後、桃太郎がどうやって鬼を退治したのか。一緒に連れて行く動物たち(人間)も自分たちで決めて、芝居の後半部分の演出を考えて全員で披露しました。

なんでもありな舞台空間は、子供達の想像力を惜しみなく開花できる魔法の場所。答えの決まった問題ばかり解いていても、これからの社会ではやっていけません。

自分たちでゼロから作り上げる想像力、そしてそれを表現する表現力の練習をしました。

桃太郎はどうなったのか。

英語劇・桃太郎 を見て、確認してくださいね!

まとめ。

勉強だけではなく、より人間らしく豊かな人生を送るために、演劇やドラマ教育は子供たちの救世主になると信じてレッスンを行なっています。

今後も、このような講座を定期的に行う予定です。学校の成績は良いし、テストでも点数は取れるけれども。友達付き合いが苦手。クラスでの発言も苦手。そんなお子さんをお持ちの皆様。

練習すればコミュニケーション力はつくものです。演劇教室としてレッスン行いますので、是非、楽しみにしていてくださいね!

ESL Theatre Project代表〜貞苅玲

年収も上がる?英語劇で鍛えるスマイル力

みなさん。笑顔を作る事で、年収が上がると聞いたら。

今日から笑顔。

作りますか?

ESL Theatre Project代表、演出家・講師の貞苅玲です。

みなさん、知ってました?スマイル笑顔力があるかないかで。人生ガラッと変わるそう。。。もちろん年収も。。。

たかが笑顔。されど笑顔!!!
笑顔は大切な生きる力!

今日は、英語劇レッスンで学べるスキルの一つ。笑顔のお話をしたいと思います。

詳しく説明しますと。

ハーバードビジネススクールの研究によると。コミュ力の差で、年収が2倍も上がったり下がったりするそうです。コミュ力のなさで、年収が下がるなんて、嫌ですよね。でも、人間はみんなで助け合いながら生きていく種族。どんな個人業務でも、他との関わり合いあいは、生きていく上で大事なスキル。

また、女性や外国人が社会に進出するようになったから、AIの発展、とも言われていますが、一昔前と違って。現代人の能力で評価されるのは、単縦な暗記知識ではなく。コミュニケーション能力!

そして、そのコミュ力に一番必要なのは。
・見た目  55%
・声の質大きさ 38%
・言葉 7%
(心理学のアルバート・メラビアン博士)

見た目(仕草、身だしなみ、表情)が占める割合が半分以上。
ということは。

実は、スマイル笑顔力があるかないか。お仕事をする上でも、とっても大事な問題だったのです!

普通に考えて、ムスッとしている店員さんよりも、スマイルの店員さんから買いたいですよね。また、最近では、最近は市役所や免許の更新でお世話になる警察署でも、職員の皆さんはみんな笑顔ですね。

・顔の作りは整形しないと変えられないけど、スマイルは誰でもできる、今から無料でできるコミュ力アップ法。

・そして。次に大切な声。これは、ある程度訓練が必要ですが、子供の頃から舞台に向けての稽古をしていたら、よく通る、大きな声が身につきます。

・最後に。言葉が占める割合は。
たったの7%なんですね〜驚き。

私、貞苅玲、高校生や大学生の生徒さん向けに、単発の個人面接トレーニングも行っています。一流大学に在籍しているのに、バイトに落ちまくる大学生。面接の質問に対する答えは論理的で賢く鋭いのに、顔がこわばる高校生など。ほとんどの生徒さんに足りていなかったのは、「面接で話す内容」ではなく、スマイルの欠如。ということで、面接対策は、いつでも笑顔トレーニングが主な課題になっています。

ちなみに。シアターゲームなどで少し練習すると、みなさん笑顔が作れるようになり、面接にも合格しています。

同じように、中学や高校の受験面接を控えたお子さんでしたら、スマイルは合格のカギになりますね。どんなに成績が良くても、グループ面接時に「ぶすうう〜」っとした顔をしていたら。結果は。。。言わなくてもわかりますね。

 

「笑顔作るのは、意外と難しい」

 

スマホやゲームがお友達、外でもあまり遊ばなくなった子供たち。

実際にスマイルしなくても、絵文字やスマイルスタンプで感情の交換ができる今。笑顔がなくても、テストの成績が良ければ評価される今。子供の成長も早く、幼少期から大人のように笑わなくなった、笑えなくなった子供たち。

そんな感情を表に出さなくても生きていける現代の環境で、子供達にとって、笑顔を作るのは、そしてキープするのは、意外と難しい課題。

そこで。英語劇レッスンが、彼らの救世主になります。

*顔の筋肉を鍛える→英語発音にも効果的。
英語劇ミュージカルのレッスンでは、まず、顔の筋肉を鍛えます。口を閉じていてもある程度発声できる日本語と違い、英語は顔全体を使って発音する為、普段は使わない、頬のあたりの筋肉が必要。英語の発声練習をしていると、自然に筋肉が付いてきます。それは、スマイルするときにも役立つ筋肉です。

英語の発音がうまくいかない、と言うお子さんは、ぜひ、頬の筋肉を鍛えてみてください。(最後に、顔筋トレの方法を書いていますので、そちらを参照してください)

*舞台稽古を通して、心から何かを楽しむ事を体験する
次に、スマイルをキープした状態で、歌って踊ってセリフを徹底的に練習。舞台稽古に熱心に取り組んでいると、辛いことや悔しいことはありますが、それを乗り越えた先には、普段の生活では得られない、ココロとカラダが一体化した、「最高の楽しさ」を体験することができます。そんな風に、心から楽しめるようになったら、もうこっちのもの。舞台では、偽りのない本当の笑顔を披露できるようになります。

*演技スマイルで、いつでも笑顔が作れるようになれば、悲しみも吹き飛ばす
また、演技も同時に学ぶので、とっさに笑顔を作ることもできるようになります。よくレッスンで言っているのは、「辛い時こそ笑顔を作れば、辛さもどこかへ飛んでゆく!」偽りのスマイルでも、笑いでも、演技で笑っているうちに、悲しさもバカらしくなってくるのが、人間のよさ。

現代人や現代に生きる子供達にとって。笑顔も、練習や訓練で得るもの、なのかもしれません。ESL Theatre Projectでは、日頃のレッスンでの英語・演技訓練を通して、スマイルの練習も行い。将来、素敵にスマイルができる大人への練習をします。

豊かな人生のために、大人も子供も。今日から、スマイルを心がけて、素敵な毎日を送ってくださいね!

最後に。自宅でできる、笑顔トレーニング。

笑顔筋トレ!!!
「ウイウイウイウイ」できるだけ長く、繰り返します。
英語の発音矯正にもオススメです。

*舞台経験やレッスンを通して、
キッズの将来必要な人間力スキル「スマイル」も学ぶ。

相模大野・オダサガエリア
英語劇ミュージカル・スクール
ESL Theatre Project

2017年の目標。

新年ということで。

2017年。
今年の英語劇ミュージカル・ESL Theatre Projectの目標!

1:舞台稽古で人生力の基礎づくり

・体力づくり
歌って踊るミュージカル公演、
2018年も息切れ激しいナンバーが繰り広げられる予定。

お家でできる体力づくりを日課に。
体、鍛えていきましょう!

・コミュ力UP(特に)笑顔

ミュージカル舞台に必要な笑顔!
歌って踊りながらだと、意外と難しい。

コミュニケーション能力で一番必要な、笑顔!
受験面接にも、社会に出ても使える笑顔!

普通の状態でも、笑顔作りは結構難しい。

今から練習!

・美的感覚と感性力のUP

美しさを知ることは、豊かな人生への第一歩!
舞台芸術を通して、美的感覚、そして感性を学ぼう!

今年は、みんなでミュージカル観劇など企画中!

2:情熱パッションを持つ!

夢中になれることが見つかれば、
それが夢につながり、
世界が広がる!

でも。どうやって見つけよう?

簡単。
それは、
レッスンや稽古に情熱を持って取り組むこと!!!

舞台や芸能関係のお仕事につかなくとも、
舞台稽古は、この先の人生に役立つスキルが詰まった宝箱。

面接で。就活で。お仕事で。家庭で。
豊かな人生の基盤となる宝スキル。
2017年、たくさんの宝をミュージカルレッスンの中で見つけてね!

*舞台経験やレッスンを通して、勉強だけでは学べない
キッズの将来必要な、人間力スキルを学ぶ。

相模大野・オダサガエリアの
英語劇ミュージカル・スクール
ESL Theatre Project