新時代が始まる「令和」

 

 

 

 

 

皆さま、新元号、決まりましたね。

令和

私、勝之玲 (貞苅玲)のれいの字が入っていて、それはそれは驚きました。

「人々が美しく、心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味」と安倍首相

さらに、万葉集からの出展。

さらに、さらに。

悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく

厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい

と、続きました。

まさに。ESL Theatre Projectが目指す価値観と同じ。感動しました。

令和の時代。

点数だけの競争ではなく、芝居に関かわる全ての人が想像力を寄せ集め互いに協力し。良い和劇の作品を作る。

平安時代の酒呑童子ものの話をベースにした和劇 芝居稽古を通し、美しき日本文化を知る、感じる、身につける。

舞台経験を通して自己肯定感を上げ、夢に繋げる。

ESL Theatre Projectを通してやりたい事を後押ししているみたいで、嬉しい会見でした。

敗戦の傷跡を昭和や平成にしまい込み、ようやく日本が自国文化に誇りを持てる時代の到来。

令和の時代。

安倍総理もおっしゃっていましたが、日本には素晴らしい伝統や文化歴史、美しさがあります。

若い世代にはその美しき日本の美意識や哲学を、もっともっと学んでもらいたい。

と。

、代表の勝之玲 (貞苅玲) 元号発表後に伊勢神宮参拝し、決意のほどを話してきました。

長唄に着付け、更なる伝統芸能への探求、頑張ります。

伊勢神宮 内宮の鳥居。

3月より、令和2年(2020年)の芝居「茨木童子」に向けて稽古スタートしています。

来年は難しいコメディにも挑戦しようと、狂言や長唄歌舞伎題材のネタを使い稽古。

笑いが絶えません。

安倍晴明や渡辺綱、姫役ダンサーも募集していますので、是非みなさま、ご連絡下さいませ。

令和の時代に。

和劇で楽しく、日本文化や伝統を学びましょう。

令和2(2020) 舞台キャスト募集

 

ESL Theatre Project卒業生のT先輩、医療工学大学合

昨日は。

卒業生のT先輩。念願の医療工学大学に合格、

稽古場に遊びに来てくれました。

子どもの頃から新体操、チアを学び、ESL Theatre Projectでも常にリーダーとして、演技にダンスに大活躍していたT先輩。

長いこと描いていた、医療系に進む夢。大学入学が決まり、より具体化です。

T先輩、稽古では。

•リーダーシップのお手本披露

擬似グループ面接にて、リーダーシップのお手本を見せてくれました。

流石。大学入試面接を経ての、現場の生のスキル。

上には上がいる現実を垣間見たキャストメンバーは、非常に勉強になりました。

•小中学生に、先輩方からアドバイス。

○じてみたプロジェクトにて、戯曲担当の大学生の八道杏助も見学に来ていまして。

小中学生に、先輩方から直々のアドバイスを頂きました。

•英語(文法) はちゃんと勉強する事

•履歴に書ける活動をしておく事

•コミュニケーション能力を高める事

ESL Theatre Projectでは。

英語→今後の試験は、スピーキングも増えるそうですので、英語劇で実力つけてください。

活動→祭りステージを筆頭に、履歴書に書ける、舞台活動やスクール外のイベントもご用意していますので。活用してください。

舞台→コミュ力育成の宝箱です。

シュークリームとエクレアの差し入れも頂き、キャストメンバーで頂きました。

T先輩、ありがとうございました!

ESL Theatre Projectには、色々な分野で夢叶えている先輩方が沢山います。

是非、彼らからパワーもらってくださいね❣️そして、自分たちの夢も叶えよう!

ESL Theatre Project 代表 貞苅玲

✨新規生徒さん募集✨

“英語劇とシアターゲームで楽しく学ぶ、面接対策とコミュニケーション基礎”

http://esltheatreproject.com/lesson

舞台稽古で、模擬グループ面接

2019年の舞台に向けて。

ESL Theatre Project稽古開始。

今年の英語劇 芝居は。

Who is the Hero?

源頼光と鬼たちの物語

初回の今日は。受験のグループ面接を意識した稽古。試験官は、最年長の高校2年生。

✨読み合わせ✨

難しい古語表現や漢字を確認しながら、台本を読む。まずは、日本語から。国語の勉強。

改めて。台本読みは、国語力が試されるなと感じる。試験するまでもなく、実力が一発でわかる。

今後、面接が試験のメインになれば、「じゃ、読んでみて」は、来るだろうなぁ。

✨キャスティング✨

次に。生徒たちに、キャスティングを任せる。慣れたメンバーなので、自然にリーダー役が産まれ、周りの様子を伺いながら主張も妥協もし、サクサク進行。

配役決めは、大人でもなかなか決まらない事が多い。性格が一発でわかる。

こういうワークの時、昔は駄々捏ねてたメンバーも、今では一緒に仕事しやすい人材へと成長。

✨演出✨

キャストが決まった後は、高校2年の、今日さきら(演出助手)が、簡単な演出をつける。

そこへ、グループのみんなが自由に演技を色付けしてゆく。想像力と表現力が試される時間。

何年もの稽古を経て、言われた内容ではなく、ようやく自分で考えた表現が出せるようになってきた!

でも。まだまだ、表現の出し惜しみをするので、練習が必要。

出来るのに、出さなければ。結果、出来ないのと同じ。

✨気づき✨

今回の芝居を使った模擬グループ面接で面白かったのは。得意分野によって、リーダーがコロコロ変わった事。

さらに、その時々のリーダーに、みんなが従っていた事。

確かに。1人の絶対的リーダーが存在しない事で、進行は少し鈍ってはいたが。

みんながみんな、その都度、得意分野のリーダーになる事で、自由に動けていた。面白い発想も産まれた。

若者たちの協力の仕方、面白い。これからは、そんな時代かも。

信頼出来る仲間だから、上手く立ち回れる。

その経験を踏まえて、知らない誰かとの協力の仕方やまとめ方、たくさん学び、将来に備えたい。

と。

案外協力できないのは、頭の固い大人だったり。気をつけましょうね、大人の私たち。

そうそう。試験官役は、というと。

グループが芝居を作る様子を見ながら、演出のやり方、立ち回り方。指導の仕方。自分で考えて、学んだ様子。

舞台稽古は、学びの宝箱。

この、平安時代劇芝居が、どう英語劇になるか、楽しみ。