芝居で学ぶ日本文化vol.7〜まずは、体験学習から

伝統芸能や日本文化を学ばせたいけど、、、
敷居が高い。。。

と思われている親御さん向けに、
「芝居で学ぶ日本文化」ブログを発信しています。

演劇寺子屋では、
「和劇」の芝居稽古をしています。

和劇とは?

能狂言や、歌舞伎や日本舞踊の演目をベースに、
ところどころ伝統芸能の台詞や演出を織り交ぜながら、

子どもや中高生さんたちにもわかりやすいように、
現代風にアレンジして面白くしたお芝居です。

私、杵屋勝之玲が作った造語なのですが、
伝統芸能に興味を持つきっかけには、ぴったりの演目。

いきなり能楽の舞台に行っても、
知識がないと。。。
多分。。。
つまらない。。。

ワークショップとかも色々あるけど、、、
興味が湧くか心配。。。

そんな方へ。

和劇の稽古を通して、
ストーリーを知っていたり、
自分で有名な役柄を体験してみると、
グッとその面白さに引き込まれるのです。

令和2年1月25日(土)の舞台では、
能楽の「羅生門」
狂言の「靭猿」が登場します。

650年前から続く日本の伝統が、
実際に自分が演じることにより、
とっても身近な存在に。

一度興味を持った子供達は、
ネット検索でどんどん自ら学んでゆきます。

歴史や古典文学が好きになってゆく子も多いです。

演劇寺子屋で学んだあとは、
是非、
子ども向けの本格古典芸能舞台やワークショップに参加してもらいたい!

そこへ繋がるための、
通過地点になれば、と思っています。

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵屋勝之玲でした。


演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!