芝居で学ぶ日本文化 vol.6〜礼儀作法

本日より、芝居で学ぶ、日本文化シリーズを書いてゆきます!

子ども向けの伝統芸能公演やワークショップも増えていますが、
「やっぱり。。。敷居が高い。。。」

と諦めている方に、オススメです。

今日の話題は。
「礼儀作法について」

みなさん。
礼儀作法って、何のためにあるか、ご存知ですか?

よく、ちゃんとしなさい、とか、
姿勢を正しくとか、
お箸はちゃんと持って、こぼさないで、、、
とかお子さんのしつけの時に言いますよね。

それは、何のためですか?
将来、人に馬鹿にされないため?
格式高い場所で、必要だから?
???

答えは。
とっても簡単。

礼儀作法とは。
「相手を思いやる気持ち」

ヨーロッパのテーブルマナーも、
エスコートのお作法も、
日本の礼儀作法も、

全ては、

みんなが気持ちよく快適に過ごせるための
相手を思いやる気持ちです。

相手のことを最優先に考えて行動していれば、
さほど難しいことでもありません。

うるさくしたら、迷惑がかかるだろうなあ。
姿勢が悪くこぼしながら食べたら、汚くなって、不快だろうな。

など。
思いやりの心がちゃんとあれば、自然とそうなるものなのです。

でも。
子どもにとっては、なかなか、これが難しい。
だからこそ、型から学ぶのが、日本の礼儀作法。

例えば、座礼。
稽古の最初と最後には、
綺麗に正座して、お辞儀をする。

お辞儀の型があるので、
気持ちがついてこなくても、
何となく礼儀正しく見えます。

そして、稽古を繰り返しているうちに、
自然と美しい座礼が身につき、

それができるようになると、
自然とココロが伴ってくるのです。

更に、お芝居を通して、たくさんの型を学んでゆきます。
例えば。
「正座をして、プレゼントを渡す。」

この型をなんども繰り返していると、
自然とスマイルで、相手に喜んでもらえるような演技ができるようになり、
それが、実生活でもできるようになります。

礼儀作法は、人を思いやる気持ち。
芝居を通して学べる、日本の伝統文化です。


演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 
是非、見に来てくださいね!