とある日の稽古風景~寺子屋編

ESL Theatre Projectでは、毎週水曜日の稽古以外に、金曜日夜に「寺子屋時間」を設けています。

芝居稽古を通して、人生を豊かに生きる為の基盤を作って欲しい。この願いを叶えるにも、稽古生さんと向き合っての、個人的なトークは必要不可欠。そんな思いから生まれたのが、寺子屋時間です。

寺子屋時間では。

✨小学生の場合

稽古のサプリメントとして、足りない解らないしっくり来ない部分を補う。

礼儀や姿勢、挨拶やしつけなど、生きるベースを教える時間。

沢山の幼稚園生や小学生見ていますが、学校機関以外での挨拶が出来ない子どもは多い。

勉強の前に、まずはきちんとした挨拶から。ちなみに稽古では、座礼をしています。

また。

「どうして姿勢が良くなきゃいけないの?」「大きな声での“はい”は何で大切なの?」など、生活の基本は教える事が難しい。子育ての基盤作りのお手伝い。

簡単な生活の基盤こそ、子どもたちの未来につながります。

また、保護者の方の相談も大歓迎です。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうの大切さを教える、ありがとうアート。次は、何回ありがとうと言われるか、競争。

✨中高生の場合

学校や親には言えない悩みも沢山な中高生には、ひたすら話を聞いてあげます。そして、スッキリした時点で、質問をたくさん投げかけます。

将来どうなりたいか。何がしたいのか。悩む理由は?

人間、大抵の答えは自分の中に既にあります。聞いてもらい確信したいのです。

昔は話を聞いてくれた人が沢山いました。近所のおばちゃんなんて最高。いつのまにやら、代表である私、杵屋勝之玲がおばちゃん役に。笑。

 

 

 

 

 

 

 

相談ついでに、着付けのお手伝いしながら自分も。初回でまだまだぐちゃぐちゃですが、着付け稽古しながら、世間話も沢山話せて。

そんな、たわいもない話が、将来生きてくるのです。

✨大人の場合

夢に向かっての実験時間として自由にスタジオを使っています。

スタジオで気兼ねなく大声出しながら演技稽古したり。

ダンス練習したり。ダンスをhaz先生から習ったり。

haz先生は、ACVOG というオリジナルダンスを踊るダンサー。更に、ESL Theatre Project創立から15年通う古株。私のアシスタントであり、若手講師でもあります。

その他、オーディション対策として。メイク講座や宣材写真の取られ方講座、擬似オーディション体験も。

 

 

 

 

 

 

 

この日は保護者の方への着付け教室。稽古生は衣装の着物の着付けはマストです。

 

 

 

 

 

 

 

更に。ファッションショーのウォーキング練習もしていました。何事も、行動する、まずはやってみるから始めると。

世界が開けてきます。

稽古の復習の場として。興味がある分野を自分で学ぶ場として。話も聞いてくれる安心な場として。そんな居場所作りとして、金曜日に寺子屋時間を設けています。

2019年3月6日 | カテゴリー : 稽古 | 投稿者 : Lei