英語劇ミュージカル・ESL Theatre Project

芝居で学ぶ日本文化 No.2 酒呑童子

芝居で学ぶ日本文化 No.2 酒呑童子

芝居で学ぶ日本文化No.2は、酒呑童子。

芝居で学ぶ日本文化は、体験型学習。だから身につく覚える興味が湧く!学校の歴史の授業も楽しくなります。

さて。

酒呑童子とは?

酒呑童子は平安時代に存在した?と言われている鬼👹です。写真は、歌川国芳の浮世絵の酒呑童子。

丹波国の大江山に住み、鬼の頭領として沢山の鬼たちをまとめ、夜な夜な京の都に出没しては、貴族の家を襲い、金銀財宝を盗み、女子どもをかどわかしていたと言われています。

その悪業に怒りをなした時の帝は、藤原道長に酒呑童子討伐を命じます。

道長は当時最強と謳われた鬼神バスター、源頼光とその四天王に酒呑童子討伐を命じます。

結末は。神便鬼毒酒(じんべんきどくしゅ)とい名の、鬼が妖力を失う酒を飲ませて戦った結果。

源頼光と四天王の勝利❣️酒呑童子は首と四肢を斬られ、成敗されます。

というのがストーリー。

能楽、歌舞伎や長唄、舞踊の演目でも有名な酒呑童子。今回は能楽の「大江山」の謡曲の一部がセリフになっています。

能楽や歌舞伎って難しいそう。と思われるかもしれませんが、実際に自分が演じてみると、そのリズミカルな言い回しはラップみたいで、非常に楽しい。

芝居を通して、難しそうな能楽にも興味が湧き、さらに古典文学アレルギーも発症しない脳みそに!

古典は楽しい、歴史は楽しいと自然に思えてきます。

ちなみに。

酒呑童子はゲームやアニメでもひっぱりだこ。

こんなのやら。

2018年、京都の伊勢丹では、ハロウィン🎃キャラとして登場していた酒呑童子。

色々なゲームを筆頭に、アニメやキャラとして大人気の酒呑童子。

最近は子どもたちの方が、大人よりも歴史や古典に対する苦手意識がないように思われます。

歴史や古典を楽しく学びたい方は、是非2019年の「酒呑童子 茨木童子」舞台を観にきてください→詳細は下。

2019年2月より、2020年度キャスト募集をスタートします。2020年も、酒呑童子、茨木童子、源頼光とその四天王のシリーズ舞台を敢行します。

✨ESL Theatre Project 第14回公演✨

鬼と武将の平安絵巻 第1巻

「Who is the Hero? 茨城童子・酒呑童子」

平成31年1月26日(土)

相模原南市民ホール 18時開演(17:30開場)

*20時終演予定 入場無料

« »