英語劇ミュージカル・ESL Theatre Project

芝居で意識→日本人の姿勢

芝居で意識→日本人の姿勢

いよいよ4月。英語劇・和・ミュージカルESL Theatre Projectとして、心機一転稽古スタート。

和もの芝居「茨木童子」「酒呑童子」に挑んでおります。

4月。

和の演目上演に際し、セリフ演技以外の目標は。

姿勢。

一口に姿勢と言っても、カラダの使い方を理解して、更に筋肉が必要。習得には、何十年もの歳月がかかると、言われています。

姿勢を意識して、立つ。正座する。簡単なようでいて、なかなか難しい。どんなダンスレッスンや、伝統芸の稽古、ヨガでも、やっぱり1番難しいのは、

基本の姿勢。

毎日の生活で意識して、少しずつ丁寧に指導するとして。

面白かったのは。平安時代の貴族・サムライ というキーワードで、みんなの姿勢がしゃんとする❣️日本語って面白い。

子どもの頃「正しい姿勢」って家庭でも学校でも習い事でも厳しく指導されましたが。当時は意味も分からず。

でも、芝居を通して、源頼光などの武将や、平安貴族になりきったら、楽しく姿勢、意識出来る!

美しい姿勢は。

脳にもココロにもカラダにも。大切。体幹トレでひーひーしながら、セリフ練でインナーマッスルがっつり鍛えて、芝居しながら。姿勢トレ。

✨パフォーマンスクラスは、来年2月まで募集ありませんが。基礎クラスは年間通して入学できます。

« »