英語劇ミュージカル・ESL Theatre Project

ブログ

ステージ経験は、成功体験への人生勉強。

ESL Theatre Projectダンス部並びにレッスン生&卒業生。祭りのステージに参加しました!

そこで、今日のお題は。

 

舞台やステージでの経験は、発表の結果ではなく、その場の体験がとっても重要。成功も失敗も、実力を伸ばすためのチャンス!

 

・緊張する→その緊張とどう付き合うか自分で学ぶ

・怖い・失敗したらどうしよう→とにかくやってみる!勇気をだす

・そして、やり遂げた!→成功体験へ

・失敗した→それでも褒めてあげると次のチャレンジに繋がる

 

まずは失敗の話から。

練習ではできたのに、本番でいつも失敗する。という声をよく聞きます。本番で実力発揮するには、とにかく「成功体験」に到達するまで、ひたすら経験を積むこと。

そして、まずは失敗を恐れないこと。

人生には「やるか」「やらないか」その2択しかありません。やってみなきゃ、そもそも成功に繋がりませんし、やらない選択は、人生のチャンスを狭めます。そもそもリスクフリーな子供時代に失敗をしない事は、学ばないのと同じ。

その為には、失敗した時も保護者の方は褒めてあげてくださいね。

日本の教師や親御さんは、少々厳しい感じがします。私、貞苅玲がアメリカに演劇留学をしていた時、子供がステージや試合などでどんなに失敗しても、親はグッジョブとかなり褒めていて。褒められたことがあまりなかった私は、本当に驚きました。

また、非常に厳しかった演技クラスの先生方も、少しでも良くなった点があれば、厳しさに反比例してとことん褒めてくれました。

当時は、とても不思議でしたが、いまになってその理由がよくわかります。失敗したのは自分が一番よくわかっていて、相当凹んでいるわけで。でも、親や教師が褒めてくれたら、励みになりますし、次も頑張ろうと勇気が湧いてくるのです。

結果はどうであれ、チャレンジしたこと、体験したことに対して褒めてあげることで、「よしっ!次回はもっと頑張らなくちゃ!」と、相当量のやる気が出ます。これは、成功体験に近づくための、近道。

やることを決め、失敗しても経験を重ねていけば、いずれ成功体験につながります。

成功体験は「次もきっとうまくやれるはず!」という力が湧いてきて、一歩踏み出す勇気につながります。そうすれば、恐れることなく、自分のコンフォートゾーンを抜けて、色々なことにチャレンジ出来る。

失敗してもいいじゃん!勉強だから。って気になれたら、「やらない」という選択をしなくなり、目の前に広がるチャンスは無限に広がってゆく。

それが、成功への道。

このような外部イベント参加は、発表の内容というよりも、人生勉強の一つ。

これからも、イベント参加機会をたくさん作るますので、どんどん参加して、豊かな人生を歩むきっかけにしてもらいたいです。

*部活動について。
ESL Theatre Projectでは、スクールレッスンとは別に部活動も推進しています。学校の部活同様、高校生以上のプロダクションクラス在籍メンバーが部長となり、運営、指導。

学校の部活と仕組みは同じですが、小規模のグループにて、リーダーシップや責任感、仲間とのコミュニケーションを学び、社会に出た時に役立てて欲しいと、始めました。

ちなみに。勉強部(通称・寺子屋)もあり、高校生や先輩たちが、わからないところを教えるという、お金のかからない塾がわりに使ってもらっています。

相模原市立双葉小学校での「演劇教室」

地元の双葉小学校で行われた「演劇教室」にて、演劇指導をしてきました。

ESL Theatre Project代表の貞苅玲です。

今年で2年目の演劇教室、今年は「耳なし芳一」をテーマに朗読劇形式の舞台を2時間で創作しました。

1:ウォームアップ

舞台前にも有効ですが、試合や受験や試験前に、心と体をリラックスさせて集中力を高めるエクササイズ。勉強や仕事前に行っても効果的です。

2:台本の読み合わせ

昔話で知られる耳なし芳一ですが、源平の合戦、壇ノ浦の戦いなど、歴史的な要素も多く含まれます。また、歌舞伎や長唄でも利用されるような古語を用い、歴史や国語(古文)にも興味を持ってもらえるような、10分程度の短い朗読劇に書き起こしました。

芝居や演劇の台本は、良い国語の教科書。朗読劇お芝居の発表では、実際に動きながら読むので、内容も簡単に理解でき、情景も目に浮かびます。国語が苦手なキッズにも、演劇は効果的です。

3:シアターゲームのアクティビティー

壇ノ浦の戦いシーンを音で表現したり、芳一に経文を書くシーンではマネキンチャレンジ、目の不自由な芳一を体験しながら、パートナーとの信頼を気づく目隠しゲームなど。シアターゲームと呼ばれるカラダと脳を使ったアクティビティーを「芳一バージョン」で行い、芝居に繋げます。

チームワークやコミュニケーション力を高めるには、もってこいのシアターゲーム。遊びながら楽しくお勉強。

4:演技〜感情表現

武士、僧侶、もののけの簡単なセリフを使い、いろいろな感情表現を試します。怒りながら、怖がって、笑いながら、強そうに、心配して。同じセリフでも、感情が異なると、言い方、顔の表情も変わります。

ITの普及で感情表現が苦手になった、と言われている現代っ子ですが、様々な感情表現を見せてくれました。

5:簡単な小道具作りと楽器での音出し

用意した材料で簡単な小道具作りと、楽器での雰囲気作り。セリフが苦手でも、動きが苦手でも、クリエイティブな作業を通して、芝居に参加することができます。

最後にグループ分けをして、芝居の創作から発表

台本に沿ってお話を進めながら、シアター・ゲームのアクティビティーで行なった内容は自由に変化させ。さらに、小道具や楽器の音で、芝居を膨らませていきます。

答えのない、正解もない、お芝居や舞台の空間では、すべて自分たちで決めなければいけません。まとめ役のリーダーを決め、ディスカッションしながら様々な内容を決めていきます。決めること。仲間の話を聞くこと。まとめること。まさに、小さな会社の社会人体験。

芸術性も高められ、実際に社会に出てからの訓練にもなる演劇や芝居は、楽しく学べる最高のツール。

2時間という短い時間でしたが、無事に10分間の芝居を作り発表し、子供達も満足げ。成功体験もできる、演劇は素敵です。

朗読劇「耳なし芳一」の台本は、一人でも演じることができるので、夏休みに是非、お家の人の前で、友達の前で、演じてみてね!と。幕を閉じました。

 

地域のイベント参加は、絶好のコミュニケーション力UPのチャンス!

関東地方は梅雨明け、夏到来!ということで、来週は、ESL Theatre Projectメンバーとダンス部による、地元の夏祭りステージ出演があります。

地域のイベント参加は、絶好のコミュニケーション力UPのチャンス!

今日は、塾や学校では学べない、地域イベント参加で中高生が学べることについて、お話しします。

塾や勉強優先。という流れが定着して、中高生が地域のイベントにお手伝いとして参加することは少なくなってきました。

塾や勉強も大事ですが、そればかりでは頭の硬い、偏った人間になってしまいます。核家族で、さらにネットが普及した今、子供達の人との関わりも減り、会話も少なくなってきています。特に、注意してくれるオバちゃんもいないこの時代、年齢や世代を超えたコミュニケーションは、待っていてもやってこない時代です。

そこでオススメなのが、地域イベント。参加やお手伝いを通して学べる事は沢山。

・面接や就活に役立つ、自己紹介を通した自己表現が身につく。

・お手伝いを通し、社会で生かせる想像力と即興力を身につく。

地域の知らない方々と交流することで、まず最初に必要なことは。自己紹介。学校の成績が良くても、面接の自己アピール、バイトのプロフィールが書けない、という学生さんは少なくありません。

理由を聞いてみると、テストや受験では、「自分についての設問はない」との答え。なるほど納得。

勉強ばかりで人との交流がない学生さんは、まず人と交わることで自己紹介をたくさんすること。自分が誰なのか、何をしているのか、を話す機会が多くなれば、自然と自己アピールもできるようになります。

次に。お手伝い。正解が決まっている設問に向き合っているだけでは、想像力や即興力は働きません。ですが、社会でもっとも必要なのは、この二つ。色々なクライアントさんや上司と、柔軟な対応ができなければ、仕事もできません。

イベントのお手伝いを通して、リスクフリーな環境でプチ社会人体験をすることができます。また、お祭りなどでは、接客や社会人マナーなど、大人の方々に色々と教えてもらうこともできます。

学校や塾では学べない、生きる力がたくさん詰まった地域のイベント。是非、皆様も参加して、将来に備えてくださいね!

*昨年、お祭りステージ&お手伝いに参加した生徒さんの声

・中学生の佐々木くる美
お祭りステージでのMC体験を通して、子供からおじいちゃんまで、どうしたらわかりやすく伝えることができるか、考えることができました。

・高校生の今日さきら(ダンス部部長として)
大学生のよさこいチームと交流することで、大人のリーダーシップを学ぶことができました。また、ブースでの質疑応答では、わからないこともたくさんありましたが、試行錯誤して自分で解決できました。

1.01の法則「努力は身になる」計算式。

ちょっとした努力で大きな力を得たいですか? もしくは、 ちょっとしたサボりで、力を無くしたいですか?

ESL Theatre Project代表の演出家・講師の貞苅玲です。今日は、私が毎月、舞台演劇と講師向け演出レッスンを行う、とある沖縄の学校で見つけた、1.01の法則について、お話ししたいと思います。

毎日のコツコツした努力は、やがて身を結ぶ。

という内容はよくあるパターン。みんな「わかってるよ〜」と言いたくなる内容なのですが。幼稚園生でもなるほど納得わかりやすい、そして、伝えた後の効果が高い、明快な計算式で示されたもの。

・1.01の法則 1.01×365=37.8 コツコツ努力すれば、やがて大きな力となります。 ・0.99の法則 0.99×365=0.03 逆に少しづつサボれば、やがて力がなくなります。

努力は目に見えないが。 計算式で示されると、 非常に分かりやすい。 しかも、この計算式によると、大きな力を得るか、堕落するか。その違いはたったの0.02%にすぎない。

たったこれだけで変われるなら、1.01の法則をしてみよう!という気に誰でもなりますね。

さて。ここで問題が。 この計算式通りに大いなる力を得るには、1より0.1多い、少しの努力。でも、毎日続けることが大前提。

これが、なかなか難しい。 私は大人の生徒さんにもヨガや筋トレをメインにした健康体操クラスも教えているのですが、毎日ちょっとの運動習慣を定着させるほど、難しいことはありません。

ですが。

特に、年末の12月リハ開始してから、 「日課」と称して、キャストメンバーには、滑舌発声、スマイルの宿題を出してきましたが、 練習してるメンバーは、すぐにわかる。

勉強でも芸事でも仕事でも、なんでもそうですが。 がっついて3時間!よりも。 毎日必ず1分から。 でも、毎日必ず!

日課や習慣にしたいことは、まず2週間だけ集中してやってみる。そうすると、定着率が高いです。

特に。 英会話や、芝居などの芸事は、毎日の練習の積み重ね。 特に2020年の受験改革後、 面接やグループワーク、自己表現力が重視され始めたら。 スマイル・声出しは、必要不可欠な課題。

短時間で習得できない事だから、コツコツ練習が大きな力になる分野。 それこそ、毎日の生き方に左右される。 1.01の法則。 たかが0.1。 されど0.1。 肝に命じて。

年収も上がる?英語劇で鍛えるスマイル力

みなさん。笑顔を作る事で、年収が上がると聞いたら。

今日から笑顔。

作りますか?

ESL Theatre Project代表、演出家・講師の貞苅玲です。

みなさん、知ってました?スマイル笑顔力があるかないかで。人生ガラッと変わるそう。。。もちろん年収も。。。

たかが笑顔。されど笑顔!!!
笑顔は大切な生きる力!

今日は、英語劇レッスンで学べるスキルの一つ。笑顔のお話をしたいと思います。

詳しく説明しますと。

ハーバードビジネススクールの研究によると。コミュ力の差で、年収が2倍も上がったり下がったりするそうです。コミュ力のなさで、年収が下がるなんて、嫌ですよね。でも、人間はみんなで助け合いながら生きていく種族。どんな個人業務でも、他との関わり合いあいは、生きていく上で大事なスキル。

また、女性や外国人が社会に進出するようになったから、AIの発展、とも言われていますが、一昔前と違って。現代人の能力で評価されるのは、単縦な暗記知識ではなく。コミュニケーション能力!

そして、そのコミュ力に一番必要なのは。
・見た目  55%
・声の質大きさ 38%
・言葉 7%
(心理学のアルバート・メラビアン博士)

見た目(仕草、身だしなみ、表情)が占める割合が半分以上。
ということは。

実は、スマイル笑顔力があるかないか。お仕事をする上でも、とっても大事な問題だったのです!

普通に考えて、ムスッとしている店員さんよりも、スマイルの店員さんから買いたいですよね。また、最近では、最近は市役所や免許の更新でお世話になる警察署でも、職員の皆さんはみんな笑顔ですね。

・顔の作りは整形しないと変えられないけど、スマイルは誰でもできる、今から無料でできるコミュ力アップ法。

・そして。次に大切な声。これは、ある程度訓練が必要ですが、子供の頃から舞台に向けての稽古をしていたら、よく通る、大きな声が身につきます。

・最後に。言葉が占める割合は。
たったの7%なんですね〜驚き。

私、貞苅玲、高校生や大学生の生徒さん向けに、単発の個人面接トレーニングも行っています。一流大学に在籍しているのに、バイトに落ちまくる大学生。面接の質問に対する答えは論理的で賢く鋭いのに、顔がこわばる高校生など。ほとんどの生徒さんに足りていなかったのは、「面接で話す内容」ではなく、スマイルの欠如。ということで、面接対策は、いつでも笑顔トレーニングが主な課題になっています。

ちなみに。シアターゲームなどで少し練習すると、みなさん笑顔が作れるようになり、面接にも合格しています。

同じように、中学や高校の受験面接を控えたお子さんでしたら、スマイルは合格のカギになりますね。どんなに成績が良くても、グループ面接時に「ぶすうう〜」っとした顔をしていたら。結果は。。。言わなくてもわかりますね。

 

「笑顔作るのは、意外と難しい」

 

スマホやゲームがお友達、外でもあまり遊ばなくなった子供たち。

実際にスマイルしなくても、絵文字やスマイルスタンプで感情の交換ができる今。笑顔がなくても、テストの成績が良ければ評価される今。子供の成長も早く、幼少期から大人のように笑わなくなった、笑えなくなった子供たち。

そんな感情を表に出さなくても生きていける現代の環境で、子供達にとって、笑顔を作るのは、そしてキープするのは、意外と難しい課題。

そこで。英語劇レッスンが、彼らの救世主になります。

*顔の筋肉を鍛える→英語発音にも効果的。
英語劇ミュージカルのレッスンでは、まず、顔の筋肉を鍛えます。口を閉じていてもある程度発声できる日本語と違い、英語は顔全体を使って発音する為、普段は使わない、頬のあたりの筋肉が必要。英語の発声練習をしていると、自然に筋肉が付いてきます。それは、スマイルするときにも役立つ筋肉です。

英語の発音がうまくいかない、と言うお子さんは、ぜひ、頬の筋肉を鍛えてみてください。(最後に、顔筋トレの方法を書いていますので、そちらを参照してください)

*舞台稽古を通して、心から何かを楽しむ事を体験する
次に、スマイルをキープした状態で、歌って踊ってセリフを徹底的に練習。舞台稽古に熱心に取り組んでいると、辛いことや悔しいことはありますが、それを乗り越えた先には、普段の生活では得られない、ココロとカラダが一体化した、「最高の楽しさ」を体験することができます。そんな風に、心から楽しめるようになったら、もうこっちのもの。舞台では、偽りのない本当の笑顔を披露できるようになります。

*演技スマイルで、いつでも笑顔が作れるようになれば、悲しみも吹き飛ばす
また、演技も同時に学ぶので、とっさに笑顔を作ることもできるようになります。よくレッスンで言っているのは、「辛い時こそ笑顔を作れば、辛さもどこかへ飛んでゆく!」偽りのスマイルでも、笑いでも、演技で笑っているうちに、悲しさもバカらしくなってくるのが、人間のよさ。

現代人や現代に生きる子供達にとって。笑顔も、練習や訓練で得るもの、なのかもしれません。ESL Theatre Projectでは、日頃のレッスンでの英語・演技訓練を通して、スマイルの練習も行い。将来、素敵にスマイルができる大人への練習をします。

豊かな人生のために、大人も子供も。今日から、スマイルを心がけて、素敵な毎日を送ってくださいね!

最後に。自宅でできる、笑顔トレーニング。

笑顔筋トレ!!!
「ウイウイウイウイ」できるだけ長く、繰り返します。
英語の発音矯正にもオススメです。

*舞台経験やレッスンを通して、
キッズの将来必要な人間力スキル「スマイル」も学ぶ。

相模大野・オダサガエリア
英語劇ミュージカル・スクール
ESL Theatre Project

2017年の目標。

新年ということで。

2017年。
今年の英語劇ミュージカル・ESL Theatre Projectの目標!

1:舞台稽古で人生力の基礎づくり

・体力づくり
歌って踊るミュージカル公演、
2018年も息切れ激しいナンバーが繰り広げられる予定。

お家でできる体力づくりを日課に。
体、鍛えていきましょう!

・コミュ力UP(特に)笑顔

ミュージカル舞台に必要な笑顔!
歌って踊りながらだと、意外と難しい。

コミュニケーション能力で一番必要な、笑顔!
受験面接にも、社会に出ても使える笑顔!

普通の状態でも、笑顔作りは結構難しい。

今から練習!

・美的感覚と感性力のUP

美しさを知ることは、豊かな人生への第一歩!
舞台芸術を通して、美的感覚、そして感性を学ぼう!

今年は、みんなでミュージカル観劇など企画中!

2:情熱パッションを持つ!

夢中になれることが見つかれば、
それが夢につながり、
世界が広がる!

でも。どうやって見つけよう?

簡単。
それは、
レッスンや稽古に情熱を持って取り組むこと!!!

舞台や芸能関係のお仕事につかなくとも、
舞台稽古は、この先の人生に役立つスキルが詰まった宝箱。

面接で。就活で。お仕事で。家庭で。
豊かな人生の基盤となる宝スキル。
2017年、たくさんの宝をミュージカルレッスンの中で見つけてね!

*舞台経験やレッスンを通して、勉強だけでは学べない
キッズの将来必要な、人間力スキルを学ぶ。

相模大野・オダサガエリアの
英語劇ミュージカル・スクール
ESL Theatre Project