ブログ

ブログ一覧

芝居で学ぶ日本文化vol.7〜まずは、体験学習から

伝統芸能や日本文化を学ばせたいけど、、、
敷居が高い。。。

と思われている親御さん向けに、
「芝居で学ぶ日本文化」ブログを発信しています。

演劇寺子屋では、
「和劇」の芝居稽古をしています。

和劇とは?

能狂言や、歌舞伎や日本舞踊の演目をベースに、
ところどころ伝統芸能の台詞や演出を織り交ぜながら、

子どもや中高生さんたちにもわかりやすいように、
現代風にアレンジして面白くしたお芝居です。

私、杵屋勝之玲が作った造語なのですが、
伝統芸能に興味を持つきっかけには、ぴったりの演目。

いきなり能楽の舞台に行っても、
知識がないと。。。
多分。。。
つまらない。。。

ワークショップとかも色々あるけど、、、
興味が湧くか心配。。。

そんな方へ。

和劇の稽古を通して、
ストーリーを知っていたり、
自分で有名な役柄を体験してみると、
グッとその面白さに引き込まれるのです。

令和2年1月25日(土)の舞台では、
能楽の「羅生門」
狂言の「靭猿」が登場します。

650年前から続く日本の伝統が、
実際に自分が演じることにより、
とっても身近な存在に。

一度興味を持った子供達は、
ネット検索でどんどん自ら学んでゆきます。

歴史や古典文学が好きになってゆく子も多いです。

演劇寺子屋で学んだあとは、
是非、
子ども向けの本格古典芸能舞台やワークショップに参加してもらいたい!

そこへ繋がるための、
通過地点になれば、と思っています。

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵屋勝之玲でした。


演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

芝居で学ぶ日本文化 vol.6〜礼儀作法

本日より、芝居で学ぶ、日本文化シリーズを書いてゆきます!

子ども向けの伝統芸能公演やワークショップも増えていますが、
「やっぱり。。。敷居が高い。。。」

と諦めている方に、オススメです。

今日の話題は。
「礼儀作法について」

みなさん。
礼儀作法って、何のためにあるか、ご存知ですか?

よく、ちゃんとしなさい、とか、
姿勢を正しくとか、
お箸はちゃんと持って、こぼさないで、、、
とかお子さんのしつけの時に言いますよね。

それは、何のためですか?
将来、人に馬鹿にされないため?
格式高い場所で、必要だから?
???

答えは。
とっても簡単。

礼儀作法とは。
「相手を思いやる気持ち」

ヨーロッパのテーブルマナーも、
エスコートのお作法も、
日本の礼儀作法も、

全ては、

みんなが気持ちよく快適に過ごせるための
相手を思いやる気持ちです。

相手のことを最優先に考えて行動していれば、
さほど難しいことでもありません。

うるさくしたら、迷惑がかかるだろうなあ。
姿勢が悪くこぼしながら食べたら、汚くなって、不快だろうな。

など。
思いやりの心がちゃんとあれば、自然とそうなるものなのです。

でも。
子どもにとっては、なかなか、これが難しい。
だからこそ、型から学ぶのが、日本の礼儀作法。

例えば、座礼。
稽古の最初と最後には、
綺麗に正座して、お辞儀をする。

お辞儀の型があるので、
気持ちがついてこなくても、
何となく礼儀正しく見えます。

そして、稽古を繰り返しているうちに、
自然と美しい座礼が身につき、

それができるようになると、
自然とココロが伴ってくるのです。

更に、お芝居を通して、たくさんの型を学んでゆきます。
例えば。
「正座をして、プレゼントを渡す。」

この型をなんども繰り返していると、
自然とスマイルで、相手に喜んでもらえるような演技ができるようになり、
それが、実生活でもできるようになります。

礼儀作法は、人を思いやる気持ち。
芝居を通して学べる、日本の伝統文化です。


演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 
是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.10〜まとめ

教育演劇は凄い!シリーズ。
〜まとめ〜

幼少期に、劇団いろはや玉川学園の演劇教育で学んだ事を、
演劇寺子屋に生かしている杵家勝之玲です。

正直、学校や塾で学んだいわゆる「お勉強」は、
あまり記憶にありません。

大人になって、社会に出て、
本当に役に立ったことは、

芝居の稽古や、子役としてのお仕事の現場にて、
学んだことでした。

本当に簡単なことなのですよ。
・自分を信じる。
・誰にでも優しくする(いつもスマイル!)
・協力する。
などなど。

壁にぶち当たった時にふと考えるのは。
人生の基本的な事が、本当に大切。

でも、この基本的な事が、
えらく難しいのです。。。

最近。

知識だけはたくさんあるのに、
頭ではわかっているのに、
どうしたらよいかわからない、

そんな子どもたち(大人たち)が沢山。

相談する場所もなくて孤独だったり、
楽しい事をしちゃいけない、
そんな風潮もまだ残っていたりと。

ネットやAIで知識はいくらでもあるのに、
困っている方が沢山いるこの社会。

だからこそ。
芝居を通して楽しく笑いながら、

自分の得意を活かしてあげられる居場所を作って、

なおかつ社会に出てから役立つ基本を、
一緒に学んで行ける寺子屋を目指しています。

基本の習得には時間がかかります。
アタマでわかっていても、
カラダとココロに浸透するまでに
時間がかかります。

稽古を通して、
日々精進!

教育演劇の力は凄い! 

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表 
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.9~みんな天才→自己肯定感を学ぶ

みんな、天才!自己肯定感を学ぶ
教育演劇で学べること。

芝居の世界には、
競争がありません!!!

主役が偉いとか、
誰が一番とか、
そんなものは、存在しません。

役者さんや、裏方さん、
舞台監督さんや、美術さん、
プロデューサーさんや広報さん。

それぞれのプロが集まって、
自分の得意技を生かして、
みんなが一つの芝居成功の為に、

尽力します。

まさに、ラグビーのポジションに似ています。
そして、ワンチーム!!!

演劇寺子屋では。
ダンスが得意な子はダンスをメインに。
セリフが得意な子はセリフをメインに。

人前に出るのはあまり得意ではないけど、
クリエイティブな意見を出したり、
裏方手伝ったりが好き!

という子も、ちゃんと役割があって、活躍しています。

人はみんな、天才。
絶対に何か、得意なことがあります。

そんな、天才を生かせるのが、教育演劇や芝居の世界。

自分の好きを任されるから、
自分が得意な分野で活躍できるから、
自己肯定感がUPします。

自己肯定感がUPすると、
自分に自信がついてきます。

そして、学校でも社会でも、前進してゆけます。

勉強ができても、自己肯定感が低ければ、
「ふ〜む、私には無理。。。」
「出来ない。。。」
「怒られたらどうしよう。。。」

なんて感情に押しつぶされて、
生きづらくなりますよね。

誰でも天才を生かせる、それが教育演劇!

教育演劇の力は凄い! 

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表 
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!

教育演劇の効果vol.8〜人と違っていいんだ!

人と違っていいんだ!と思える
教育演劇で学べること

芝居の世界では、
決まって主役は一風変わったおかしな人です。
当たり前ですが、
人と違うおかしな人だから、主役なんです。

ある程度、個性が認められてきた現代日本ですが、
まだまだ人と違う事をしていると、

みんなと違う、
どうして同じじゃないんだ!
と、非難されることが大半です。
そんな事で、悩んでいる子どももたくさんいます。

芝居の世界では、主役の座を狙って、
みんなが「人と違ったおかしな人」になりたがるのにね。

芝居の世界で色々な役柄を演じていると、
人と違う事は、素晴らしい事だと気づきます。

なぜなら、色々なキャラクターの役柄がいて、
人と違う事こそ、その人の個性や強みだと気づくからです。

小説などの本を読んでも同じような感覚にはなりますが、
実際にその役柄を体験すると、
よりリアルに、違うことが素晴らしいと感じることができます。

ちなみに。
成功している人は、人と違っているから成功したのですよ。
みんなと同じ事をしていても、
その他大勢になってしまいますからね。

人間はそれぞれ、違っていいと体感できるのが教育演劇。

教育演劇の力は凄い!

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表
杵家勝之玲

演劇寺子屋ESL Theatre Project  
第15回記念公演 
鬼と武将の平安絵巻vol.2 
和劇「茨木童子」 
2020年1月25日(土) 
相模原南市民ホールにて 18:00開演 
入場無料! 是非、見に来てくださいね!