ブログ

ブログ一覧

とある日の小学生稽古 「外郎売」大きな声の力

演劇寺子屋 ESL Theatre Project代表で、講師で、演出家の杵屋勝之玲です。 

今日は、大きな声の力、について。 

子どもたちに身につけて欲しいスキルのNo1は、ズバリ、大きな声。 

成績がどんなに良かろうが。
資格を沢山持っていようが。 
どんなに素晴らしい意見を持っていようが。 

声が小さければ、 

なかなか聞いてくれない、 
興味を持ってくれない、 

そして何より。 

自信がなさそうに見えますよね〜。 

逆に。 

大きな声で。 「はいっ!」と言えるだけで、 

おっ、元気がありそう! 
勉強も仕事もできそう! 
頼れそう! 

と思いますよね〜。 

そこで最近の問題。。。 

「子どもだから当然大きな声は出るでしょう!」
 と思われがちですが。 

昔みたいに外で遊ぶこともなく、 
学校や塾では黙々と静かに勉強し、 
会話すら少なくなってきている最近は。 

大きな声も練習しないと出せない子たちは沢山います。 

せっかく勉強して知識を積んでも、 
大きな声が出せなくて面接や就活で不合格になったり、

社会人になって仕事ができない人と思われたり、
そんな損をするのは嫌ですよね〜。 


「大きな声」の習得も舞台や芝居の稽古の得意分野! 

子どもたちは、楽しく芝居の稽古をしていると、 
自然と大きな声が出せるようになります。 

ウォームアップでは、歌舞伎の「外郎売」を練習しています。 

俳優訓練やアナウンサーの滑舌訓練にも使われる、 
鉄板の訓練方法ですね。 

これが、小学生や幼稚園生に大人気!!! 

スラスラと覚えて、スピード勝負などして楽しんでいます。 

また、 覚えたら面接時などに、早口言葉の一発芸にも使える優れもの! 

芝居の稽古を通して大きな声!!!習得して、 
自信持って社会に出て夢を叶えて欲しいです!!! 


ちなみに。私、杵屋勝之玲、 声の大きさだけは誰にも負けません。 

おかげさまで。 
話は聞いてもらいやすく、 
元気をもらった!
と よく褒められます!!!(笑) 

大きな声、万歳!!!

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project  

<小学生クラス> 
毎週水曜日 18:00-19:30 
*未就学児は要相談 

<中高生&大人クラス> 
毎週水曜日 19:30-21:00

 (金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋) 

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。 
詳しくはホームページにて 

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
 




 




 




 

とある日のリハーサル風景〜色々な年齢層から互いに学ぶ芝居

演劇寺子屋ESL Theatre Project 代表で講師で演出家の杵屋勝之玲です。

写真は。とある日のリハーサル風景。

令和2年1月25日の相模原南市民ホールでの舞台に向けて、稽古を重ねています。

 

ESL Theatre Projectの特徴は。

ズバリ。

3歳から大人まで、いろいろな年齢層が在籍している事!

 

そもそも社会には、赤ちゃんからおじいちゃままで、いろんな年齢層の人々が暮らしています。

が。

しか〜し!

学校教育を受ける12年ほどは、なかなか縦割りの授業も無く、地域コミュニティーの交流もなく。

同年代の学生さんだけとともに過ごすことが多くなりがち。

一昔前でしたら、

本当に10年くらい前までは、

六年生が小さい子を束ねて外で鬼ごっこしている姿も見られましたが。

今では遊んでいる子すら見かけません。

 

いろいろな年齢層の人々と交流することで、子どもも大人も多くを学びます。

幼い子の面倒を見ることで、弱いものを守ってあげようとか。

子どもたちの方が、断然声が大きい!

どうしたらそんな大きな声が出るの?と思う大人とか。

中高生のお姉さんやお兄さんから学ぶ人生勉強は、リアルで為になる。

とか。

普段は見えない重要な考え方や生き方に、気づくことが沢山あるのですね〜。

 

3歳から大人まで同じ芝居を作ってゆく過程では、チームワークも学び、お互いを支え合い、褒めあって良い環境が生まれています。

しかも。

サッカーやダンスとは違って、レベルも年齢も関係なく一緒に一つの作品を作ることができるのが醍醐味。

子どもは子どもの役。

大人は大人の役。

自分ができる範囲内で共有できるので、年齢がバラバラでも、みんな思う存分演じることができます。

 

演劇は、人生力を養う素晴らしいツール。

と、代表の杵屋勝之玲の母校、玉川学園の創立者、小原國芳先生もおっしゃっています。

また、欧米ではコミュニティーシアターというものが盛んで、地域のいろいろな年齢層の人々が芝居を作って楽しんでいます。

もっと気楽に楽しく、年齢関係なしに芝居ができる環境を作り、豊かな人生の糧になったらと。

稽古をしています!

 

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project 

<小学生クラス>
毎週水曜日 18:00-19:30 

<中高生&大人クラス>
毎週水曜日 19:30-21:00
(金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋)

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。

詳しくはホームページにて

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

 

金曜日の寺子屋で〜面接オーディション対策

演劇寺子屋ESL Theatre Project の代表で講師で演出家の杵屋勝之玲です。

毎週水曜日の稽古の補助、個人指導時間として。

金曜日(第3週除く)に寺子屋時間を設けています。

そうです。

昔ながらの寺子屋スタイルです。

みんなで一緒に何かを学ぶのではなく、テーマに沿った内容で、自分の学びたいことを学ぶ。

寺子屋です。

この寺子屋、一般の方にも公開していますので、記事を読んで是非参加したいな!と思ったら、ご連絡くださいね!


今回は。

毎月第4金曜日に開催されている、面接オーディション対策の寺子屋時間を、覗いて見ましょう。

面接。

オーディション。

聞いただけで「怖〜い」感じがする人も多いかと思いますが。

実は。面接やオーディションは、見方を変えたら。こんなにも楽しい時間です!

見ず知らずの知らない人が。

・自分の事を真剣に見てくれる、聞いてくれる時間
・新しい自分を発見できる時間
・最高に気の合う場所を見つけられるかもしれない時間

そう考えたら。

わくわくしませんか?


私、杵屋勝之玲、子役の時代から現在に至るまで、オーディションは散々受験してきました。

オーディション対策講座も沢山受講し、対策講座も沢山教えてきました。

最近は、自分で受験することはなくなりましたが、

私にとってオーディションは、自分を120%見て聞いてもらえる場所なので、受かっても落ちても大好きな時間です。

そんな風に考えて練習をしていると、みんなすごく素敵な顔になるのです。

落ちたらどうしよう、
受からなかったら。。。

ではなく、

自分を自由に表現できる、
特別な場所。

そう考えたら、

面接やオーディションは、本当に楽しい時間へと変化します。


寺子屋時間では。

面接やオーディションの基礎
→メンタル、話し方や声、姿勢、見た目、自己PR方法
などを、
個人的に指導しています。

また、受験する側が試験監督役をやってみると、非常に効果が上がります。

試験監督の方も緊張しているんだな〜
とか。

あ〜こんなちょっとした手の動きや姿勢がが気になるのだな〜
とか。


また。

面接やオーディションは日頃の生活が丸見えになってしまうので、日頃からの訓練が効果的です。

実際、何年も何年も稽古に通っている生徒さんは、面接やオーディション、得意分野です。

受験でも面接が重要視されてきた今日この頃。
面接やオーディション苦手な方の為に、寺子屋の公開講座開催しています!

⭐️寺子屋 面接オーディション講座🌟
6月28日
7月26日




⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project 

<小学生クラス>
毎週水曜日 18:00-19:30 

<中高生&大人クラス>
毎週水曜日 19:00-21:00
✨金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋時間

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。

詳しくはホームページにて

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

とある日の小学生稽古→姿勢を良くする。

演劇寺子屋ESL Theatre Projectの代表で講師で演出家の杵屋勝之玲です。

和劇の稽古では、姿勢や礼儀作法を大切にしています。
ただいま絶賛稽古中です。

最近の子供たち、姿勢が悪いのが目立ちます。

学校の勉強でず〜っと座り、昔と違ってカラダを動かす機会も少なくなった今、それは姿勢悪くなるのは当たり前なのですが、それでは将来損をしてしまいます。

そして。

お家や学校にて
「姿勢を良くしなさい」
といわれても、なかなか難しいのが現状。

更に。

「どーして姿勢を良くしなきゃいけないの???」
「何でなんで?」
との質問に答えられない大人も沢山いるのではないでしょうか。

こんな風に、子どもたち視点からすれば、姿勢を良くする意味が良くわかっていない場合もあります。

そんな時に役に立つのが。

演技の稽古。

例えば分かりやすい例で言えば。

貴族やかっこいい武将、お殿様みたいに歩いて、
というとみんな姿勢をピシッとして歩きます。

次に、夜中、忍び寄る泥棒や大悪党になって歩いて、
というとみんな姿勢を丸めて歩き出します。

基本的なイメージは、ヒーローは姿勢良く、悪は姿勢が悪い。
これは、人間社会でも同じですね。

姿勢を得しただけで、自信ありそうで、楽しそうで、生き生きして素敵な人に見えますよね。

逆に。

姿勢が悪いだけで、本人はそうは思っていなくても、なんか暗そう。。元気がなさそうに見えますよね。

そんなイメージを使って、芝居の稽古をしながら、
素敵な姿勢を訓練しています。

人生、姿勢が良い方が豊かで幸せになれるのですから!!!

写真は、お殿様に西洋より参りし菓子を献上するシーン。

お殿様の前だったら。
何か特別なものを献上する場合だったら。
自分が貴族の子供だったら。

と、演技を入れることにより、自然に姿勢はぐっと良くなります。

また、衣装で着ている浴衣効果も抜群です。
帯があるので、姿勢を良くする感覚がわかりやすい。

姿勢が悪いと
集中力が低下したり。
カラダに負担がかかったり。
良いことはありません。

子供たちは健康に為、と言われてもピンとこないものですが、
演技を入れた練習で、美しい姿勢へと導いてあげられたら!

と。

話劇の稽古に取り組んでいます!

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

演劇寺子屋ESL Theatre Project 

<小学生クラス>
毎週水曜日 18:00-19:30 
(金曜日 18:00-21:00の間は個人指導の寺子屋)

*令和2年1月25日の話劇「茨木童子」に出演できる稽古生、募集中です。

詳しくはホームページにて

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

平成最後の稽古❣️



 

 

 

ESL Theatre Projectメンバーより。ありがとう平成❣️

和劇「茨木童子」は令和2年1月25日 18:00より相模原南市民ホールにて上演。

観に来てね❣️新しいキャストメンバーも募集してまーす!

❤️平成最後の稽古にて

🎥動画バージョンはこちら


キャストメンバー募集中❣️

演劇寺子屋 ESL Theatre Projectでは。令和2年(2020年)の15周年記念舞台公演に向けて8月までキャストメンバー募集しています。

✨和文化や礼儀作法を楽しく芝居で学びたい

✨着物👘好き、着たい

✨芝居やダンス好き❣️舞台に立ちたい

初心者大歓迎。ご連絡、お待ちしてまーす。
小学生から大人まで、募集してます(幼稚園生は要相談)